思いやりの瞑想トレーニングを2週間以上行うと身に付く能力

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

思いやりの瞑想トレーニングを2週間以上行うと身に付く能力

思いやりの瞑想トレーニングは、非常にシンプルです。個人的にストレスの多かったと感じるイベントを再解釈しながら否定的な感情を減らしていく、という方法をとります。ウィスコンシン大学は、この瞑想トレーニングを繰り返し行うことによる研究の結果を発表しました。

It can be distressing to witness the pain of family, friends or even strangers going through a hard time. But what if, just like strengthening a muscle or learning a new hobby, we could train ourselves to be more compassionate and calm in the face of others’ suffering?

参照元:https://news.wisc.edu/training-compassion-muscle-may-boost-brains-resilience-to-others-suffering/
– ウィスコンシン大学 University of Wisconsin-Madison May 22, 2018 –

ウィスコンシン大学マディソン校の研究によると、わずか2週間の思いやりの瞑想トレーニング(他人の苦しみを理解して軽減したいという前向きな願いを意図的に育てる)は、他人の苦しみを目撃したときに感じる苦痛を軽減する可能性があります。

医師、法執行官、最初の対応者など、苦しんでいる他の人々と日常的に仕事をしている職業に影響を与える可能性があります。

家族、友人、さらには見知らぬ人が苦労しているのを目撃するのは苦痛かもしれません。

しかし、筋肉を強化したり、新しい趣味を学んだりするのと同じように、他の人の苦しみに直面しても、より思いやりと落ち着きを保つように自分自身を訓練できるとしたらどうでしょうか。

リフォルニア大学サンフランシスコ校の統合医学オッシャーセンターの精神医学の助教授であるヘレンウェング氏は話します。

「思いやりの瞑想は、他人の痛みに遭遇したときに過度に苦しむ習慣を変える可能性があります。人々は、誰かが苦しんでいるのを見ると、たとえ彼らがもっと苦しみに注意を向けているときでさえ、より穏やかでよりバランスの取れた反応を学ぶことができます。」

この研究では、24人の参加者がランダムに割り当てられ、30分間の思いやり瞑想または再評価トレーニング(個人的にストレスの多いイベントを再解釈して否定的な感情を減らす)を2週間毎日行うようにトレーニングされました。

思いやりの瞑想グループは、人々が苦しんでいるときにそれを視覚化し、穏やかで判断力のない方法で自分の個人的な反応に気付く練習をするように訓練されました。

彼らはまた、愛する人、自分自身、見知らぬ人、そして彼らが対立した人に焦点を合わせ、他の人の世話をし、助けたいと願う練習をしました。

このように、思いやりの瞑想を実践することは、考えられる各人との関係の「重み」を徐々に増やして筋肉を鍛えるようなものでした。

両方のグループは、訓練を受ける前と2週間の練習の後、思いやりの瞑想によって訓練を受けた人が実際に苦しんでいる人を見るのが簡単になるかどうかを確認するために脳スキャンを受けました。

ウェング氏によると、人間は種として視覚的に注意を払っており、誰かを見ることが、彼らが必要かどうかを判断するための重要な最初のステップです。

ウェング氏は話します。

「あなたの目はあなたが気にかけていることへの窓です。私たちは知りたかったのです。心の目で苦しみをもっと見ることは、現実の世界で苦しみをもっと見ることを意味しますか?これはより少ない苦痛で行うことができますか?」

脳スキャナーにいる間、2週間の練習の前後に、参加者は見知らぬ人のニュートラルな画像と、火傷の犠牲者や泣いている子供のような苦しんでいる人々の感情的に刺激的な画像を見ました。

彼らは、通常どおりに画像に反応し、新しいトレーニングを利用するように指示されました。

たとえば、思いやりのトレーニンググループの人々は、「この人が幸せで苦しみから解放されますように」と考えて、画像内の個人に対して思いやりを実践しました。

再評価グループは状況を再構成しました(注意:この人は俳優であり、実際には苦しんでいません。)

研究者は、視線追跡技術を使用して、人々が各画像を注視するのに最も時間を費やした場所を記録しました。

それは、画像のよりネガティブな領域(苦しんでいる人の顔など)であるか、感情的でない部分であるかを記録しました。

彼らはまた、画像を、各参加者が通りを歩いている人の顔のように、中立的なイメージの社会的に関連する領域を見た時間と比較しました。

研究チームは、思いやりの瞑想を実践した人々は、ニュートラルな写真と比較して、ネガティブなイメージの苦しみをより直接的に見る傾向があることを発見しました。

彼らはまた、扁桃体、島、眼窩前頭皮質(感情的な苦痛を経験したときに通常より活動的であり、離脱反応と視線の回避につながる可能性がある脳の領域)でより少ない活動を示しました。

この発見は再評価グループには存在しませんでした、そして結果は思いやりが人々が苦しみに直面して落ち着くかもしれないメカニズムであるかもしれないことを示唆します。

ウェング氏は話します。

「私たちは私たちの目で多くのことを伝えます。この研究は、思いやりのトレーニングが体に影響を与え、他の人が痛みを感じているのを見ると、視覚的な注意を向ける場所を実際に変えることができることを示唆しています。思いやりの瞑想は物事を遅くするので、人々はより落ち着いて練習し、生じる感情に気づき、反応が鈍くなることを学ぶことができます。これにより、相手に集中し、優しさを願って元気になりたいと思う練習をするための精神的なスペースが増えます。苦しんでいる人に効果的に対応するには、両方の部分が非常に重要だと思います。」

結果はエキサイティングですが、ウェング氏は、より多くのより多様な人々のサンプルが繰り返しの研究に関与するべきであると言います。

この研究はまた、これまで瞑想したことがない人々を対象に実施されたものであり、科学者がすでに広範囲にわたる思いやりの瞑想を実践している人々でより顕著な結果を見つけるかどうかはまだ明らかではありません。

センターフォーヘルシーマインドの創設者であり、研究の上級著者であるリチャードデビッドソンは、思いやりの瞑想は、他の人とのアイコンタクトの快適さに影響を与える状態の人々と協力するための戦略としても使用できます。

ウェング氏はまとめます。

「これらの発見のパターン-否定的な感情に関連する神経回路を同時にダウンレギュレートしながら苦しみを見る増加-は、自閉症や社交不安障害を含む幅広い状態に有益である可能性がある勝利の組み合わせです。嫌悪感と社会的不快感は特徴的な兆候です。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 思いやりの瞑想トレーニングを2週間以上行うと身に付く能力

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -