不安を取り除く「植物由来のサプリメント」の摂取

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

不安を取り除く「植物由来のサプリメント」の摂取

ワイツマン科学研究所の新しい研究によると、天然の食品サプリメントがマウスの不安を軽減することがわかりました。

“One of the major problems with existing antianxiety medications is that they produce side effects, so if beta-sitosterol could help cut down the dosage of such medications, it might potentially also reduce the unwanted side effects,” Panayotis says.

参照元:https://wis-wander.weizmann.ac.il/life-sciences/natural-food-supplement-may-relieve-anxiety
– ワイツマン科学研究所 Weizmann Institute of Science. 18.05.2021 –

この植物由来の物質であるβ-シトステロールは、単独でも、またプロザックという商品名で知られる抗うつ剤との相乗効果でも、この効果をもたらすことがわかりました。

2021年5月、Cell Reports Medicine誌に掲載されたこの研究成果が臨床試験で確認されれば、β-シトステロールをヒトの不安解消のための治療薬として使用する道が開かれることになります。

不安は必ずしも悪いことではありません。

進化論的には、潜在的な脅威に対して不安を感じることは、適切な対応をとるために、生存に不可欠なことなのです。

しかし、だからこそ、抗不安薬の開発は困難を極めるのです。

不安を感じる脳の回路は、記憶や認識など、危険に対処するために必要な機能と密接に関連しているため、科学者たちは、不要な副作用を引き起こすことなく、不安を選択的に抑えることができる化合物を探しています。

今回の研究の出発点となったのは、数年前にワイツマン大学バイオ分子科学部のマイク・フェインジルバー教授の研究室で行われた研究でした。

ニコラス・パナヨティス博士をはじめとする研究室のメンバーは、神経細胞の核にカーゴをシャトルするタンパク質の役割を研究し、ストレスの多い状況では、インポリンα-5と呼ばれるシャトルタンパク質を欠損したマウスは、対照マウスに比べて不安感が少ないことを発見しました。

さらに、この「落ち着いた」マウスが通常のマウスとどのように違うのかを遺伝子発現の面から調べたところ、不安を制御する脳領域の1つである海馬で特徴的な発現パターンを示す約120個の遺伝子が、「落ち着いた」マウスの遺伝子サインであることがわかりました。

今回の研究では、Fainzilber研究室のシニアインターンであるPanayotis氏が同僚とともに、国際的なゲノムデータベースを用いて、同じ遺伝子発現シグネチャーを模倣する可能性のある既存の薬剤やその他の化合物を検索しました。

その結果、5つの候補が見つかり、それらがマウスの行動に及ぼす影響を調べました。

そこで研究者たちは、主にコレステロール値を下げる目的で栄養補助食品として販売されている植物性物質、β-シトステロールに着目しました。

一連の行動実験では、β-シトステロールを投与したマウスは、対照群に比べて不安感が大幅に減少しました。

例えば、照明付きの囲いの中に入れられたマウスは、対照群に比べて恐怖心が少なく、明るい中心部に入っていこうとするのに対し、通常のマウスは明るい光のストレスを避けて暗い周辺部にいるように注意していました。

さらに、β-シトステロールを投与したマウスでは、運動能力が低下したり、新しい刺激を探索しなくなったりするなど、抗不安薬に期待されるような副作用は見られなかったそうです。

次に、プロザックなどの商品名で知られる選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の一種であるフルオキセチンとβ-シトステロールを併用した場合のマウスへの影響を調べました。

その結果、β-シトステロールとフルオキセチンを別々に投与した場合よりも、一緒に投与した場合の方が低用量でマウスの不安感を軽減するという相乗効果が得られた。

Panayotis氏は話します。

「既存の抗不安薬の大きな問題の1つは、副作用が生じることです。もし、β-シトステロールがそのような薬の投与量を減らすのに役立つならば、望ましくない副作用も減らせる可能性があります。」

β-シトステロールの大きな利点は、さまざまな食用植物に自然に含まれており、栄養補助食品として長年にわたって販売されてきたことから、安全性が高いと考えられていることです。

特にアボカドに多く含まれていますが、ピスタチオやアーモンドなどのナッツ類、キャノーラ油、様々な穀物やシリアルなどにも含まれています。

ただし、アボカドにはβ-シトステロールが十分に含まれていないため、アボカドを食べたからといって、心を落ち着かせる効果が得られるわけではありません。

Panayotis氏は話します。

「適切な量を摂取するためには、昼夜を問わずアボカドを食べなければならず、不安を解消するどころか、消化器系の問題を引き起こす可能性が高くなります。」

β-シトステロールの不安に対する効果の正確なメカニズムはまだ解明されていませんが、このサプリメントを投与したマウスでは、ストレス状況下で活性化することが知られているいくつかの遺伝子の発現が減少することがわかりました。

また、不安に関与する脳領域で、特定の代謝物や神経伝達物質の濃度が変化していることも確認されました。

今回の研究では、マウスとヒトの不安の制御に関わる脳領域と神経経路に着目していることから、この研究成果はヒトにも当てはまると考えられます。

ただし、そのためには、さらなる臨床試験が必要です。

Fainzilber氏はしてきます。

「β-シトステロールを用いた不安感の軽減について、ヒトでの臨床試験を行う必要があります。それまでは、この目的のためにサプリメントを摂取する前に、医師に相談することをお勧めします。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 不安を取り除く「植物由来のサプリメント」の摂取

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)