10代の幸福と関連性が高い「ちょうどいい量(ゴルディロックス量)のオンライン」

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

10代の幸福と関連性が高い「ちょうどいい量(ゴルディロックス量)のオンライン」

ちょうどいい量(ゴルディロックス量)をオンラインに費やす10代の幸福度は高い傾向があります。

Additionally, the researchers found that in today’s connected world low engagement with digital media is also associated with poor mental health outcomes for adolescents who spend less time online than their peers.

参照元:https://www.tcd.ie/news_events/articles/a-goldilocks-amount-of-time-spent-online-could-be-good-for-teenagers-wellbeing/
– トリニティ・カレッジ・ダブリン Trinity College Dublin. 31st May 2022 –

トリニティ・カレッジ・ダブリンの社会学部の新しい研究により、10代の若者のオンライン利用が精神的ウェルビーイングと関係があることを示す新たな証拠が発見されました。

この研究は、学術誌「Computers in Human Behaviour」に最近掲載され、デジタルメディアの大量利用の危険性に関する国際的な証拠の積み重ねに貢献するものです。

さらに、研究者は、今日の接続された世界では、デジタルメディアとの低係合は、同世代の若者よりもオンラインに費やす時間が短い青少年の精神衛生上の悪い結果とも関連していることを発見しました。

この発見は、「ゴルディロックス仮説」–適度なレベルのデジタルメディアの利用は本質的に有害ではなく、若者にとって「ちょうどいい」低利用と高利用の間のポイントが存在する–を裏付けるものです。

アイルランドのティーンエイジャー/ヤングアダルトを対象に「ゴルディロックス」説を検証したのは今回が初めてです。

また、デジタルメディアとメンタルウェルビーイングの関連性を検討する際に、時間とオンライン行動の両方を統合することを試みた初めての研究でもあります。

社会学教授で論文の共著者であるリチャード・レイテ教授は、次のように述べています。

レイテ教授:青少年のオンライン利用が精神的幸福に悪影響を及ぼす可能性があるという証拠は国際的に蓄積されていますが、その証拠はまちまちです。我々の研究は、17/18歳のデジタル関与の影響について新鮮な洞察を提供し、その結果は、緊急の行動を必要とする実際の害の憂慮すべき証拠を提供します。
世の中には、多ければ多いほど悪いという単純な物語が存在します。オンライン利用は、今や社会参加の通常のチャネルであり、利用しないことは結果をもたらすということを強調することが重要です。また、この調査結果は、今日のデジタル社会では適度な利用が重要であり、オンラインでの参加が少ないとそれだけでリスクを伴うという可能性を示しています。研究者にとっての問題は、どの程度が多すぎで、どの程度が少なすぎるのか、ということです。

この研究は、Growing Up in Ireland研究の縦断的データを用いて、6,000人以上の若者を対象に、13歳から17/18歳の間に、思春期のオンライン利用の有無と精神的ウェルビーイングとの関連性を調べたものです。

研究者は参加者に、オンラインメッセージ、ビデオや写真の共有、学校や大学での作業、映画鑑賞、音楽鑑賞など、オンラインに費やした時間や活動内容を報告するよう求めました。

精神的な健康状態は、感情、行動、仲間の問題を調査する質問によって評価されました。

この研究では、オンラインに費やした時間の長さと、行ったオンライン行動の種類に基づいて、若者のオンライン行動を特徴づけました。

9歳および13歳における過去の精神疾患や症状を調整した結果、デジタルメディアへの関与が高いほど、少年少女ともにメンタルヘルスの結果が悪化することが強く予測されることが明らかになりました。

さらに、デジタルメディアの利用が少ないことは、少年少女ともにメンタルヘルスの悪化と関連し、少女では仲間内の問題を予測することも分かりました。

本研究の主執筆者で、トリニティーの社会学部の元博士研究員であるロス・ブラニガン博士は、次のように述べています。

ブラニガン博士:本研究は、デジタルメディアとメンタルウェルビーイングの関連性を検討する際に、時間とオンライン行動の両方の重要性を考慮したという点で斬新です。我々は、オンラインで同じような時間を過ごしていても、オンラインでの行動が異なるグループ間で明確な区別があることを発見しました。これは、時間とオンラインでの行動の両方を考慮することの重要性を示しており、また、これらの行動の質、例えば、能動的行動と比較した受動的行動や、社会的、教育的、娯楽的などの行動の種類も考慮しています。
デジタルメディアとオンライン利用は、メンタルヘルスへの影響に関しては議論のあるテーマで、全体的に結果の一貫性がありません。これらの結果は、因果関係や決定論的なものではありませんが、私たちの発見は、なぜこのような関係が存在するのかを明らかにするための重要な第一歩となります。今後は、これらの知見を基に、デジタルメディアへの関与がなぜ精神的ウェルビーイングに関係するのかをさらに調査することが重要です。

本研究は、トリニティ・カレッジ・ダブリンの社会学部とアイルランド王立外科大学人口保健学部公衆衛生・疫学科の共同プロジェクトであるTeenPath Projectの一部です。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 10代の幸福と関連性が高い「ちょうどいい量(ゴルディロックス量)のオンライン」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)