「患者のメンタルヘルスケアを向上させる」患者と心理療法士のマッチング

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「患者のメンタルヘルスケアを向上させる」患者と心理療法士のマッチング

何を治療するかではなく、誰が治療するかに重点を置いたマッチングシステムを使った心理療法は、マッチングシステムを使ってない場合よりも、患者のメンタルヘルスケアを向上させました。

Notably, the good fit in this study came not from changing what the therapists did in their treatment, but rather who they treated.

参照元:https://www.umass.edu/news/article/evidence-based-patient-psychotherapist-matching-improves-mental-health-care
– マサチューセッツ大学アマースト校 University of Massachusetts Amherst. June 28, 2021 –

マサチューセッツ大学アマースト校の心理療法研究者が主導した初めての研究では、患者の主要な関心事に対する治療実績が豊富なセラピストとマッチしたメンタルヘルスケア患者は、マッチしなかった患者に比べて良い結果が得られました。

また、この「マッチ効果」は、より深刻な問題を抱えている患者や、人種的・民族的にマイノリティであることを認識している患者にとって、さらに有益で顕著なものでした。

この研究成果は、JAMA Psychiatry誌およびJournal of Consulting and Clinical Psychology誌に掲載されました。

主著者のMichael Constantino氏は、臨床心理学の教授であり、精神科治療を受けている患者の治療結果のばらつきを理解することを目的とした心理療法研究室の所長です。

Constantino氏は話します。

「私たちは、このいわゆるセラピスト効果に非常に興味を持っています。以前は、誰が治療を行うかではなく、何を治療するかに重点が置かれていました。」

Constantino氏らは、例えば、精神疾患の種類によって、心理療法士の得意・不得意があることを発見しました。

このような「成績表」は、セラピストが得意とする分野に合わせて治療をカスタマイズするのに役立つと考えられます。

研究チームは、オハイオ州クリーブランドにある6つのコミュニティクリニックで、48人のセラピストと218人の外来患者を対象に、無作為化臨床試験を行いました。

この試験では、同じ悩みを持つ患者に対して、そのセラピストが過去にどのような治療を行ってきたかというマッチングシステムを使用しました。

マッチングには、うつ病、生活の質、躁病、パニックや身体的不安、精神病、物質乱用、社会的葛藤、性的機能、睡眠、自殺傾向、暴力、仕事の機能といった12の症状や機能を評価する、TOP(Treatment Outcome Package)と呼ばれる多次元のアウトカムツールを使用しました。

一致したグループは、セラピストの都合やオフィスの場所の都合など、通常通りに症例を割り当てられた患者のグループと比較されました。

「このアウトカムツールは、あるセラピストが治療した十分な数の患者からTOPデータを収集することで、そのセラピストが安定して効果的である(歴史的に見て、平均的に患者の症状が確実に改善している)領域、中立的である(歴史的に見て、平均的に患者の症状が確実に改善も悪化もしていない)領域、効果がない(歴史的に見て、平均的に患者の症状が確実に悪化している)領域を確立することができる」と論文は述べています。

マッチングの対象となるためには、治療者は、治療前と治療後にTOPを完了した患者の症例を最低15例完了している必要がありました。

今回の試験では、患者もセラピストも、マッチングされたのか、それとも通常通り症例を割り当てられたのかを知りませんでした。

Constantino氏は話します。

「もし、患者が、自分が経験的にマッチングされたのか、それとも偶然に割り当てられたのかを知っていれば、さらに強いポジティブな影響があると思います。そのような知識があれば、よりポジティブな期待感が生まれ、それが一般的に治療効果を高めることにつながるのではないでしょうか。」

治療後の患者の報告によると、マッチングされたグループの患者は、ランダムにセラピストが割り当てられたグループの患者に比べて、全般的な障害が有意に軽減されていました。

Constantino氏は話します。

「私たちは、このマッチングシステムによって、改善率が大きく向上することを示しました。」

「また、人種的、民族的にマイノリティであると認識されている人々の間では、マッチさせたグループでの改善率がさらに高かったという結果は、伝統的にサービスが行き届いていない人々の精神医療へのアクセスと質を改善するための方法を提供するものです。」

JAMA Psychiatryの論文は、「注目すべきは、この研究では、セラピストが治療の中で何をしたかではなく、誰を治療したかを変えたことでフィット感が得られたということです。今回のデータは、精神的な問題を抱える患者を治療する際に、セラピストが歴史的に得意としてきたことを利用することで、セラピストも患者もマッチしていることを意識しなくても、私たちのマッチシステムがそのケアの効果を向上させることができることを示しています。」とまとめています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「患者のメンタルヘルスケアを向上させる」患者と心理療法士のマッチング

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)