週に2食以上「アボカドがもつ心血管疾患リスクの低減」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

週に2食以上「アボカドがもつ心血管疾患リスクの低減」

アボカドが持つ健康パワーは知られていますが、また一つリスク低減に関わる論文が出てきました。
科学者たちは週に2食のアボカドを食べる事で、心血管疾患リスクの低減につながることを発見しました。

Avocados contain dietary fiber, unsaturated fats especially monounsaturated fat (healthy fats) and other favorable components that have been associated with good cardiovascular health.

参照元:https://newsroom.heart.org/news/eating-two-servings-of-avocados-a-week-linked-to-lower-risk-of-cardiovascular-disease?preview=c6e4
– 米国心臓協会 American Heart Association. March 30, 2022 –

アボカドを週に2皿以上食べることは、心血管疾患のリスク低下と関連し、バター、チーズ、加工肉などの特定の脂肪含有食品をアボカドに置き換えることは、心血管疾患イベントのリスク低下と関連するという新しい研究結果が、米国心臓協会のオープンアクセス、査読付きジャーナルである Journal of American Heart Association に発表されました。

アボカドには、食物繊維、不飽和脂肪、特に一価不飽和脂肪(ヘルシーファット)など、良好な心血管系の健康状態と関連する好ましい成分が含まれています。

これまでにも臨床試験で、アボカドが高コレステロールなどの心血管危険因子に好影響を与えることが分かっています。

研究者らは、今回の研究が、アボカドの摂取量の多さと冠動脈性心疾患や脳卒中などの心血管イベントの低下との間の正の関係を裏付ける、初の大規模な前向き研究であると考えています。

本研究の筆頭著者であり、ボストンのハーバード大学 T.H. チャン公衆衛生大学院栄養学部の博士研究員である Lorena S. Pacheco氏( Ph.D., M.P.H., R.D.N.)は、話します。

Pacheco氏:我々の研究は、植物由来の不飽和脂肪の摂取が食事の質を改善し、心血管疾患予防の重要な要素になるという証拠をさらに示しています。”米国農務省のデータによると、過去20年間に米国でアボカドの消費量が急増しているので、これらは特に注目すべき発見です。

研究者達は、Nurses’ Health Studyの68,780人以上の女性(30歳から55歳)とHealth Professionals Follow-up Studyの41,700人以上の男性(40歳から75歳)を30年間追跡調査しています。

研究参加者は全員、研究開始時にがん、冠動脈性心臓病、脳卒中の既往がなく、米国に居住していたことが確認されています。

30年以上の追跡期間中に9,185件の冠動脈性心疾患イベントと5,290件の脳卒中が記録されました。

研究者たちは、研究開始時とその後4年ごとに行われる食事頻度調査票を用いて、参加者の食事を評価しました。

彼らは、消費された量と頻度について質問するアンケート項目からアボカドの摂取量を計算しました。

1食分は、アボカド1個の半分、またはアボカド1/2カップに相当します。

解析の結果

  • 広範な心血管危険因子と全体的な食事を考慮した結果、毎週少なくとも2皿のアボカドを食べている研究参加者は、アボカドを全く食べないかほとんど食べない人に比べて、心血管疾患のリスクが16%低く、冠動脈心疾患のリスクは21%低かった。
  • 統計モデリングに基づき、マーガリン、バター、卵、ヨーグルト、チーズ、ベーコンなどの加工肉を毎日半食分、同量のアボカドに置き換えると、心血管疾患のイベントリスクが16%から22%低下することが示されました。
  • 1日半量のアボカドを同量のオリーブオイル、ナッツ、その他の植物油に置き換えた場合、さらなる有益性は認められませんでした。
  • 脳卒中リスクとアボカドを食べる量に関連する有意な関連は認められなかった。

Pacheco氏:この研究結果は、医療従事者が共有すべき追加のガイダンスを提供するものです。チーズや加工肉など、特定のスプレッドや飽和脂肪を含む食品をアボカドに置き換えるという提案は、特にアボカドはよく知られた食品なので、医師や登録栄養士などの医療従事者が患者と会うときにできることです。

この研究は、地中海食(果物、野菜、穀物、豆、魚などの健康食品と、オリーブ、カノーラ、ごま、その他の非熱帯性油などの植物性脂肪に焦点を当てた食事パターン)に従うという米国心臓協会の指針に沿ったものです。

米国心臓協会の疫学・予防評議会の議長であるCheryl Anderson氏( Ph.D., M.P.H., FAHA)は話します。

Anderson氏:健康的な食事パターンは心臓血管の健康の基礎であるため、これらの知見は重要です。しかし、多くのアメリカ人にとって健康な食事パターンを達成し遵守することは難しい場合があります。

カリフォルニア大学サンディエゴ校のハーバート・ヴェルトハイム公衆衛生・長寿科学大学院の教授兼学長であるAnderson氏は続けます。

Anderson氏:地中海食のような、野菜と果物が豊富な、AHAが推奨する健康的な食事の摂取量を改善する戦略がどうしても必要です。
健康的な食生活を日常的に送るための解決策となる食品はありませんが、この研究は、アボカドに健康上の利点がある可能性を示す証拠となるものです。これは、多くのアメリカ人が家庭やレストランで食べる食事に、人気があり、身近で、好ましく、簡単に取り入れられる食品であることから、有望視されています。

この研究は観察研究であるため、直接的な因果関係は証明できません。

この研究の他の2つの限界は、データ収集と研究対象者の構成に関わるものです。

食事摂取量は自己申告であるため、研究分析は測定誤差の影響を受ける可能性があります。

参加者はほとんどが白人の看護師と医療専門家であったため、これらの結果は他のグループには当てはまらないかもしれません。

この研究は、国立衛生研究所、国立糖尿病・消化器・腎臓病研究所、ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生大学院のハーバード・チャン・ヤビー・フェローシップから資金提供を受けて実施されました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 週に2食以上「アボカドがもつ心血管疾患リスクの低減」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)