無礼な態度を経験すると「最初に聞いた提案に固執する」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

無礼な態度を経験すると「最初に聞いた提案に固執する」

無礼な態度を経験すると、人は最初に聞いた提案に固執する可能性が高くなります。アンカリング・バイアスとは、意思決定をする際に、(たとえその情報が無関係であっても)1つの情報に固執してしまう傾向のことです。

While these interventions can help make rudeness less likely to anchor people, Foulk says these should be a last resort.

参照元:https://www.rhsmith.umd.edu/research/when-rudeness-becomes-matter-life-or-death
– メリーランド大学 University of Maryland. APRIL 15, 2021 –

あなたは、交通渋滞の中で他のドライバーに割り込まれ、何マイルも後になっても腹立たしい思いをしたことはありませんか?

あるいは、会議中に同僚に話を遮られ、その日の仕事を終えた後でも、その出来事が頭の中で再現されてしまったことはありませんか?

このような些細な出来事は頻繁に起こりますが、それが私たちの意思決定や機能に与える影響の大きさには驚くかもしれません。

実際、メリーランド大学ロバート・H・スミス・スクール・オブ・ビジネスの経営学教授であるTrevor Foulk氏が共著した最新の研究によると、特定の状況下では、このような偶発的な無礼が命取りになることが示唆されています。

Journal of Applied Psychology誌に掲載される予定の「Trapped by A First Hypothesis: How Rudeness Leads to Anchoring」では、Foulk教授と共著者であるカーネギーメロン大学のBinyamin Cooper氏、フロリダ大学のChristopher R. Giordano氏とAmir Erez氏、Envision Physician Services社のHeather Reed氏、Thomas Jefferson University Hospital社のKent B. Berg氏が、無礼な態度を経験すると「アンカリングバイアス」が増幅されることを調べました。

アンカリング・バイアスとは、意思決定をする際に、(たとえその情報が無関係であっても)1つの情報に固執してしまう傾向のことです。

例えば、「ミシシッピ川は500マイルより短いと思いますか、それとも長いと思いますか」と聞かれた場合、500マイルという数字がアンカーとなって、ミシシッピ川の長さに影響を与えてしまうことがあります。

そうなると、最初に提案された内容から大きく外れることは難しいとFoulk氏は言います。

アンカーリング・バイアスは、さまざまな場面で起こりますが、医療診断や交渉の場では非常によく見られます。

Foulk氏は話します。

「もしあなたが医者に行って『心臓発作だと思います』と言ったら、それがアンカーになってしまい、たとえあなたがただの消化不良であっても、医者はその診断に固執してしまうかもしれません。医師がアンカーから十分に離れないと、間違った治療を始めることになります。」

アンカリングはさまざまな場面で起こりうるため、Foulk氏と共著者たちは、この現象について、どのような要因がアンカリングを悪化させたり軽減させたりするのかをもっと研究したいと考えました。

彼らは長年、職場での無礼さについて研究しており、過去の研究から、人が無礼さを経験すると、心理的リソースが多く消費され、考え方が狭くなることを知っていました。

このことがアンカリング効果に関与しているのではないかと考えたのです。

この仮説を検証するために、研究者らは麻酔科の研修医を対象に医療シミュレーションを行いました。

研修医は患者の診断と治療を行わなければならないが、シミュレーション開始直前に、患者の状態に関する(誤った)暗示が参加者に与えられた。

この提案がアンカーの役割を果たしていましたが、演習中にシミュレータは、患者の病状が提案された診断ではなく、別のものであることをフィードバックしました。

また、シミュレーションを開始する前に、ある医師が部屋に入ってきて、住民の目の前で別の医師に失礼な態度をとるという演出も行いました。

Foulk氏は話します。

「シミュレーション開始前に無礼な態度を経験すると、実際には別の病気であるという一貫した情報があっても、間違った治療を続けてしまうことがわかりました。患者が苦しんでいるのはアンカーの診断結果ではないということを理解する十分な理由があったにもかかわらず、アンカーを治療し続けたのです。」

この効果は、交渉や一般知識のタスクなど、他のさまざまなタスクでも再現されました。

無礼な態度を経験すると、人は最初に聞いた提案に固執する可能性が高くなるという点で、異なる研究でも結果は同じでした。

Foulk氏は話します。

「4つの研究では、目撃した無礼も直接体験した無礼も、同じような効果があることがわかりました。基本的に、私たちが観察しているのは、視野狭窄効果です。失礼さはあなたの視野を狭め、その狭められた視野はアンカリングの可能性を高めます。」

一般的には、アンカリングの傾向は大したことではないとFoulk氏は言います。

Foulk氏は続けます。

「しかし、医療診断や大きな交渉など、重要な意思決定の場にいるときは、対人関係が非常に重要になります。些細なことでも、自分では気づかないうちに気になってしまうものなのです。」

さらに、この現象を解明するために、研究者たちはこの現象に対抗する方法も検討しました。

失礼な態度をとると、視野が狭くなり、アンカリングを起こしやすくなります。

そこで研究者たちは、視野を広げることがわかっている2つの作業、すなわち「perspective-taking(視野の拡大)」と「information elaboration(情報の精緻化)」を検討しました。

視野の拡大とは、他人の視点から世界を見ることで視野を広げることであり、情報の精緻化とは、状況をより広く考えることで視野を広げることです。

今回の研究では、この2つの行動が、アンカリングに対する無礼な態度の影響を打ち消すことができることがわかりました。

これらの介入は、無礼が人をアンカリングする可能性を低くするのに役立ちますが、Foulk氏は、これらは最後の手段であるべきだと言います。

無作法問題の最善の解決策はなんでしょうか?Foulk氏は話します。

「重要な領域で、人々が重要な決定を下す場合には、人々への接し方を見直す必要があります。私たちは職場での攻撃的な行動を決して許しませんでした。しかし、私たちは無礼を良しとしてきました。そして今、小さな侮辱が人のパフォーマンスに同じように影響を与えることがわかってきました。」

そして、それはやめるべきだとFoulk氏は言います。

「私たちは、対人関係における扱いがパフォーマンスに与える影響を過小評価する傾向があります。暑さに耐えられないなら、キッチンから出て行け』という言葉を耳にします。人の扱いに耐えられることが、まるで名誉の象徴のように思えます。しかし、現実には、このようなひどい扱いが、医療のような私たちが気にかけている領域でのパフォーマンスに非常に悪い影響を与えているのです。これは重要なことなのです。」

この論文は、無礼が医療のパフォーマンスに悪影響を与えることを示したFoulk氏の一連の研究の4つ目の論文であり、その影響は侮辱よりもはるかに大きく、悲惨なものになる可能性があるとFoulk氏は言います。

Foulk氏は続けます。

「シミュレーションでは、無礼な態度によって死亡率が上昇することがわかっています。手術を始める前に誰かが外科医を侮辱したために、人々が死んでしまうかもしれないのです」。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 無礼な態度を経験すると「最初に聞いた提案に固執する」