創造的な人はここが違う!「非創造的なハブを回避し非典型的なアプローチをする」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

創造的な人はここが違う!「非創造的なハブを回避し非典型的なアプローチをする」

人々が驚くような発想をする人は、どのような脳の経路を辿って思考しているのでしょうか。
科学者たちは、創造的な人は非創造的な人と比べて特別なハブを経由していることがわかりました。

A new study led by UCLA Health scientists shows highly creative people’s brains appear to work differently from others’, with an atypical approach that makes distant connections more quickly by bypassing the “hubs” seen in non-creative brains.

参照元:https://www.uclahealth.org/news/CreativeBrain2022
– カリフォルニア大学ロサンゼルス校健康科学部 University of California – Los Angeles Health Sciences. March 28, 2022 –

UCLA Healthの科学者が率いる新しい研究によると、創造性の高い人々の脳は他の人々とは異なる働きをするようで、非創造的な脳に見られる「ハブ」を迂回することで、より迅速に遠くのつながりを作る非典型的なアプローチをとっていることが明らかになりました。

精神医学、行動科学、心理学の研究者たちは、創造的思考を試すようなタスクを実行するよう求められたときに、脳の領域がどのようにつながり、相互作用するかを調べるために、「ビッグC」創造型と呼ばれる並外れた創造的なビジュアルアーティストや科学者がボランティアで脳機能MRIを受けました。

UCLAのセメル神経科学と人間行動研究所の教授と統計学者、美学、創造性、芸術の心理学の主執筆者であるアリアナ-アンダーソン氏は話します。

アンダーソン氏:私たちの結果は、非常に創造的な人々が道を外れて滞在する傾向があるユニークな脳の接続を持っていたことを示しました。非創造的な人々は脳内で同じルートをたどる傾向があったが、創造性の高い人々は自分自身で道を切り開いていました。

セメル研究所のTennenbaum Center for the Biology of Creativityのディレクターであるロバート・ビルダー氏は話します。

ビルダー氏:創造性という概念は何十年も研究されてきたが、その生物学的基盤についてはほとんど知られておらず、特別に創造的な人々の脳のメカニズムについては、さらにほとんど分かっていない。

このユニークな研究は、視覚芸術と科学という2つの異なる創造性の領域を代表する高度に創造的な人々を対象とし、知能だけでなく創造性のマーカーを特定するためにIQをマッチさせた比較群を用いて行われたものです。

研究者たちは、脳の領域間の結合がグローバルに、そして局所的にどのように作られているかを分析しました。

ビルダー氏:このパターンは、あまり “効率的 “ではないが、遠く離れた脳のノードを互いに結びつけるのに役立つように見えるだろう。より局所的な脳領域のパターンは、人々がタスクを行っているかどうかに応じて変化した。驚くべきことに、ビッグCのクリエーターは、安静時にはより効率的な局所処理を行っていましたが、「枠にとらわれない思考」を要求するタスクを実行する際には、局所結合の効率は低くなっていました。

航空会社の路線図を比較に使い、研究者達は、ビッグCのクリエイターの脳活動は、小さな都市に行くために、乗り継ぎハブ空港へのフライトをスキップしているようなものだと言っています。

アンダーソン氏:脳の接続性という点では、他の誰もが主要空港で3時間の待ち時間に拘束されているのに対し、高度なクリエイターは自家用飛行機で直接遠くの目的地に向かうのです。このようなランダムな接続は、多くの場合、効率が悪いかもしれませんが、このアーキテクチャによって、脳の活動は、「あまり通らない道を通る」ことができ、新しい接続を行うことができるのです。

脳と行動の関係を30年以上研究してきたビルダー氏は続けます。

ビルダー氏:ビッグCの人々が、特定の条件下でのみ、より効率的な脳の局所的結合性を持っていたという事実は、彼らの専門性に関係しているのかもしれません。
我々がこれまでに得たいくつかの知見と一致するのですが、彼らは、特定の創造的な作業を行うために、他の賢い人ほど努力する必要がないのかもしれません。

この研究のアーティストと科学者は、専門家のパネルによって推薦された後、客観的な指標に基づいて、例外的な存在であることが検証されました。

比較対象となる「賢い」グループは、UCLAが以前に行った研究の参加者で、今後の研究に参加する可能性があるため連絡を受けることに同意した人、および大学院卒の人を募集するコミュニティでの広告から募集されました。

研究者たちは、年齢、性別、人種、民族がBig Cグループの参加者と同等であることを確認するよう努めました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 創造的な人はここが違う!「非創造的なハブを回避し非典型的なアプローチをする」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)