アボカドの摂取は胆汁酸を減らし、短鎖脂肪酸を増やす

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

アボカドの摂取は胆汁酸を減らし、短鎖脂肪酸を増やす

イリノイ大学が、アボカドが胃腸内の微生物についてどう影響するかの世界初の内容を調査しました。

もともと栄養の宝庫であるアボカドに新たな効果が発見され、手軽に入手できる簡便さからますます健康に寄与する事が期待されます。

URBANA, Ill. – Eating avocado as part of your daily diet can help improve gut health, a new study from University of Illinois shows. Avocados are a healthy food that is high in dietary fiber and monounsaturated fat. However, it was not clear how avocados impact the microbes in the gastrointestinal system or “gut.”

参照元:https://aces.illinois.edu/news/avocado-day-keeps-your-gut-microbes-happy
– イリノイ大学農学・消費者・環境科学部 University of Illinois College of Agricultural, Consumer and Environmental Sciences. December 15, 2020 –

イリノイ大学の研究によると、毎日の食事の一部としてアボカドを食べると、腸の健康を改善するのに役立ちます。

アボカドは、食物繊維と一不飽和脂肪を多く含む健康食品です。

しかし、アボカドが胃腸系または「腸」内の微生物にどのように影響するかは明らかではありませんでした。

U of Journal ofNutritionに掲載された論文の筆頭著者は話します。

「アボカドを食べると満腹感が増し、血中コレステロール濃度が低下することはわかっていますが、それが腸内微生物や微生物が生成する代謝物にどのように影響するかはわかりませんでした」

研究者たちは、食事の一部として毎日アボカドを食べた人々は、繊維を分解して腸の健康をサポートする代謝物を生成する腸内微生物がより豊富にあることを発見しました。

彼らはまた、研究でアボカドの食事を受け取らなかった人々と比較して、より大きな微生物の多様性を持っていました。

トンプソン氏は話します。

「微生物の代謝物は、健康に影響を与える微生物が生成する化合物です。アボカドの摂取は胆汁酸を減らし、短鎖脂肪酸を増やしました。これらの変化は有益な健康上の結果と相関しています。」

この研究には、太りすぎまたは肥満(少なくとも25 kg / m2のBMIとして定義される)を伴うがそれ以外は健康な25〜45歳の成人163人が含まれていました。

彼らは、朝食、昼食、または夕食の代わりとして消費するために、1日1回の食事を受け取りました。

1つのグループは食事ごとにアボカドを消費しましたが、対照グループは同様の食事を消費しましたが、アボカドはありませんでした。

参加者は、12週間の研究を通じて、血液、尿、および糞便のサンプルを提供しました。

彼らはまた、提供された食事のどれだけを消費したかを報告し、4週間ごとに彼らが食べたすべてのものを記録しました。

アボカドの消費に関する他の研究は減量に焦点を合わせていますが、この研究の参加者は、彼らが食べるものを制限または変更するようにアドバイスされていませんでした。

代わりに、彼らは、研究者が提供した食事で1日1回の食事を置き換えることを除いて、通常の食事を消費しました。

この研究の目的は、アボカドの摂取が胃腸内細菌叢に及ぼす影響を調査することでした、とU ofIの食品科学および人間栄養学部の栄養学助教授で研究の上級著者であるHannahHolscher氏は話します。

「私たちの目標は、アボカドの脂肪と繊維が腸内細菌叢にプラスの影響を与えるという仮説を検証することでした。また、腸内細菌と健康上の結果との関係を調査したかったのです。」

アボカドは脂肪が豊富です。

しかし、研究者らは、アボカド群が対照群よりもわずかに多くのカロリーを消費した一方で、わずかに多くの脂肪が彼らの便に排泄されたことを発見しました。

とホルシャー氏は説明します。

「脂肪の排泄量が多いということは、研究参加者が食べている食品から吸収するエネルギーが少ないことを意味します。これは、消化器系が分泌して脂肪を吸収できる分子である胆汁酸が減少したためと考えられます。アボカド群では、便中の胆汁酸が低く、便中の脂肪量が多かったです。」

脂肪の種類が異なれば、マイクロバイオームに異なる影響を及ぼします。

アボカドの脂肪は一価不飽和脂肪酸であり、心臓に健康的な脂肪です。

可溶性繊維の含有量も非常に重要であるとホルシャーは述べています。

中程度のアボカドは約12グラムの繊維を提供します。

これは、1日あたり28〜34グラムの繊維の推奨量を満たすのに大いに役立ちます。

ホルシャー氏は話します。

「アメリカ人の5%未満が十分な繊維を食べています。ほとんどの人は1日あたり約12〜16グラムの繊維を消費します。したがって、食事にアボカドを組み込むと、繊維の推奨事項に近づくことができます。」

食物繊維を食べることは私たちにとって良いだけではありません。

それはマイクロバイオームにとっても重要である、とホルシャー氏は話します。

「食物繊維を分解することはできませんが、特定の腸内微生物は分解できます。食物繊維を摂取すると、腸内微生物と私たちにとって双方にメリットがあります。」

ホルシャーの研究所は、マイクロバイオームの食事による調節とその健康との関係を専門としています。

ホルシャー氏は話します。

「私たちが心臓の健康的な食事について考えるのと同じように、腸の健康的な食事と微生物叢に栄養を与える方法についても考える必要があります。」

アボカドはエネルギー密度の高い食品ですが、栄養素も豊富で、カリウムや繊維など、アメリカ人が十分に食べていない重要な微量栄養素が含まれています。

ホルシャー氏は話します。

「それは健康に重要な栄養素を含む本当にうまくパッケージされた果物です。私たちの仕事は私たちがそのリストに腸の健康に利益を加えることができることを示しています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » アボカドの摂取は胆汁酸を減らし、短鎖脂肪酸を増やす

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -