ブロッコリーやカリフラワー嫌いは「口腔内のマイクロバイオーム」のせい?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ブロッコリーやカリフラワー嫌いは「口腔内のマイクロバイオーム」のせい?

ブロッコリーやカリフラワーなど、アブラナ科の野菜を嫌う子供は多いようです。
口腔内のマイクロバイオームがアブラナ科の化合物と混ざり合う事で、強力な亜硫酸臭を発生させ、それが苦手を呼び起こしているようです。

hey also found that high levels cause children to dislike the vegetables.

参照元:https://www.acs.org/content/acs/en/pressroom/presspacs/2021/acs-presspac-september-22-2021/childrens-dislike-of-cauliflower-broccoli-could-be-written-in-their-microbiome.html
– 米国化学会 American Chemical Society.

子どものカリフラワーやブロッコリー嫌いは、マイクロバイオームに書かれているかもしれない

ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、芽キャベツなどのアブラナ科の野菜を嫌う子どもは、大人と同様に多いです。

口の中では、これらの野菜に含まれる酵素や唾液中の細菌によって、硫黄のような不快な臭いが発生します。

このたび、ACSのJournal of Agricultural and Food Chemistry誌に掲載された研究者らの報告によると、これらの揮発性化合物のレベルが親子間で類似していることから、口腔内のマイクロバイオームが共有されていることが示唆されました。

また、このレベルが高いと、子どもたちは野菜を嫌いになることもわかりました。

アブラナ科の野菜には、S-メチル-ʟ-システイン スルホキシドという化合物が含まれています。

この化合物は、植物の組織に含まれる酵素と、一部の人の口腔内マイクロバイオームに含まれるバクテリアが産生する同じ酵素によって作用されると、強力な亜硫酸臭を発生します。

これまでの研究では、大人の唾液中のこの酵素の濃度が異なることが明らかになっていますが、子どもの唾液中の濃度が異なるかどうか、またそのことが食べ物の好みに影響するかどうかは不明です。

オーストラリアの国立科学機関であるCSIROで本研究を行ったDamian Frank氏らは、子どもと大人の唾液中の硫黄揮発生成量の違いを調べ、それがアブラナ科植物の受容にどのような影響を与えるかを分析したいと考えました。

研究者たちは、ガスクロマトグラフィー-オルファクトメトリー-質量分析法を用いて、生と蒸したカリフラワーとブロッコリーに含まれる主な臭気活性化合物を特定しました。

そして、6歳から8歳の子供を持つ98組の子供と親に、主要な臭気化合物の評価を依頼しました。

腐ったような、硫黄のような、腐敗したようなにおいのするジメチルトリスルフィドが、子どもにも大人にも最も嫌われるにおいでした。

そこで研究チームは、唾液サンプルとカリフラワーの生粉末を混ぜ合わせ、時間の経過とともに発生する揮発性化合物を分析しました。

硫黄系の揮発性物質の生成には個人間で大きな差が見られ、子どもはたいてい親と同じようなレベルだったが、これはマイクロバイオームが似ていることで説明できそうです。

唾液中の硫黄系揮発性物質の生成量が多い子供は、生のアブラナ科野菜を最も嫌ったが、この関係は大人には見られず、大人は時間の経過とともに味に耐性を持つようになるのかもしれません。

これらの結果は、アブラナ科の野菜が好きな人とそうでない人(特に子ども)がいることを説明する新たな可能性を示していると、研究者らは述べています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » ブロッコリーやカリフラワー嫌いは「口腔内のマイクロバイオーム」のせい?