スピリチュアリティや宗教性受容時に活発になる「虹彩周囲灰白(PAG)」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

スピリチュアリティや宗教性受容時に活発になる「虹彩周囲灰白(PAG)」

恐怖条件付け、痛みの調節、利他的行動、無条件の愛など、多くの機能に関与している脳幹領域である「虹彩周囲灰白(PAG)」を中心とした部位が、スピリチュアリティや宗教性を受容したときに活発になるそうです。

“We were astonished to find that this brain circuit for spirituality is centered in one of the most evolutionarily preserved structures in the brain.”

参照元:https://www.brighamandwomens.org/about-bwh/newsroom/research-briefs-detail?id=3935
– Brigham and Women’s Hospital. July 01, 2021 –

世界中の80%以上の人が、自分は宗教的またはスピリチュアルであると考えています。

しかし、スピリチュアリティや宗教心の神経科学に関する研究は、ほとんど行われていません。

これまでの研究では、機能的神経画像法を用いて、ある作業をしながら脳をスキャンし、脳のどの部分が光っているかを確認していました。

しかし、このような相関研究では、スピリチュアリティについてのイメージが希薄で、一貫性に欠けることが多かった。

Brigham and Women’s Hospitalの研究者を中心とした新しい研究では、スピリチュアリティと宗教性をマッピングする新しいアプローチを採用し、スピリチュアルな受容が特定の脳回路に限局されることを発見しました。

この脳回路は、恐怖条件付け、痛みの調節、利他的行動、無条件の愛など、多くの機能に関与している脳幹領域である「虹彩周囲灰白(PAG)」を中心としたものです。

本研究成果は、Biological Psychiatry誌に掲載されました。

ブリガム大学脳回路治療センターの主任研究員であるマイケル・ファーガソン博士は話します。

「今回の結果は、スピリチュアリティや宗教性が、基本的な神経生物学的動態に根ざしており、私たちの神経回路に深く織り込まれていることを示唆しています。私たちは、このスピリチュアルな脳回路が、脳内で最も進化的に保存されている構造の1つに集中していることを発見し、驚愕しました。」

ファーガソン教授らは、病変ネットワークマッピングと呼ばれる手法を用いて研究を行いました。

この手法では、患者の脳病変の位置に基づいて、人間の複雑な行動を特定の脳回路にマッピングすることができます。

研究チームは、脳腫瘍の摘出手術を受けた88人の脳神経外科患者を含む既発表のデータセットを活用しました。

病変の位置は、脳全体に分布していました。

患者は、手術前と手術後に、精神的な受容についての質問を含むアンケートに答えました。

研究チームは、ベトナム戦争での戦闘による頭部貫通外傷が原因で病変が生じた100人以上の患者からなる第2のデータセットを用いて、その結果を検証しました。

これらの患者は、宗教性に関する質問(「あなたは自分を宗教的な人間だと思いますか? はい、いいえ」など)を含むアンケートに回答していた。

88人の脳神経外科患者のうち、30人は脳神経外科手術による脳腫瘍の切除の前後で、自己申告による精神的な信念が減少し、29人は増加し、29人は変化がなかったという。

研究チームは、病巣ネットワークマッピングを用いて、自己申告のスピリチュアリティがPAGを中心とする特定の脳回路にマッピングされることを発見しました。

この回路にはポジティブなノードとネガティブなノードがあり、これらのノードを破壊した病変では、自己申告のスピリチュアルな信念が減少または増加しました。

2番目のデータセットの宗教性に関する結果は、これらの知見と一致しました。

さらに、文献を調べたところ、回路の負のノードに影響を与えるような脳の病変を経験した後に、宗教心が強くなった患者の事例がいくつか報告されていることもわかりました。

また、他の神経症状や精神症状に関連する病変の位置も、霊性回路と交差していました。

具体的には、パーキンソン病を引き起こす病変は、精神性の低下に関連する病変と同様に、回路の正の領域と交差していました。

一方、妄想やエイリアンリム症候群の病変は、精神性や宗教性の向上と関連する負の領域と交差していました。

ファーガソン教授は話します。

「これらの重なりは、共通の特徴や関連性を理解するのに役立つかもしれませんが、これらの結果を過大に解釈してはいけないことに注意する必要があります。例えば、私たちの結果は、宗教が妄想であること、歴史上の宗教家が異邦人の手足症候群に悩まされていたこと、パーキンソン病が信仰心の欠如によって生じることなどを示唆するものではありません。むしろ、今回の結果は、多くの重要な機能に関与している脳の一部に、精神的な信念が深く根付いていることを示しています。」

著者らは、今回使用したデータセットでは、スピリチュアルな信念に影響を与える可能性のある患者の生い立ちに関する豊富な情報が提供されていないこと、および両データセットの患者は主にキリスト教文化圏の人々であることを指摘しています。

今回の結果の一般化を理解するためには、多くの背景を持つ人々を対象に研究を再現する必要があるという。

また、研究チームは、宗教性とスピリチュアリティの違いを解明し、その違いをもたらす脳回路を理解することにも興味を持っています。

さらに、ファーガソン教授は、今回の研究成果を臨床的、トランスレーショナルに応用することを考えており、そのためには、スピリチュアリティや思いやりが臨床治療においてどのような役割を果たすかを理解する必要があるという。

ファーガソン教授は話します。

「医学とスピリチュアリティが切り離されたのはごく最近のことです。癒しとスピリチュアリティは、文化や文明の違いを超えて永遠に結びついているように思えます。私は、脳回路の理解が、癒しとスピリチュアリティがどのように相互に影響し合うかについて、科学的根拠に基づいて臨床的に翻訳可能な質問を作成する上で、どの程度役立つかに興味があります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » スピリチュアリティや宗教性受容時に活発になる「虹彩周囲灰白(PAG)」

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -