休暇を「非生産的で無駄」と感じる事で生じる不幸と病気

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

休暇を「非生産的で無駄」と感じる事で生じる不幸と病気

休暇を「非生産的で無駄なもの」と感じることは、幸福度を低下させ、ストレスやうつ病のレベルを高める可能性があります。研究者は、「レジャーの価値に関する人々の信念を変えるのは簡単ではない」と述べています。

Feeling like leisure is wasteful and unproductive may lead to less happiness and higher levels of stress and depression, new research suggests.

参照元:https://news.osu.edu/think-leisure-is-a-waste-that-may-not-bode-well-for-your-mental-health/
– オハイオ州立大学 Ohio State University. Aug 23, 2021 –

レジャーは無駄だと思っていませんか?それはあなたの精神的な健康には良くないかもしれません

余暇が無駄で非生産的であると感じることは、幸福度を低下させ、ストレスやうつ病のレベルを高める可能性があることが、新たな研究で示唆されました。

一連の研究で、研究者たちは、現代社会に共通する信念、すなわち「生産性が究極の目標であり、楽しんでいるだけでは時間の無駄である」という信念の影響を調べました。

この研究の共著者であり、オハイオ州立大学フィッシャービジネスカレッジのマーケティング准教授であるSelin Malkoc氏は話します。

「この信念に最も強く同意している人は、余暇をあまり楽しめないだけでなく、精神的な健康状態も悪いと報告しています。余暇には精神衛生上のメリットがあり、生産性を高めたり、ストレスを軽減したりする効果があることを示唆する研究は数多くあります。」

「しかし、私たちは、人々が余暇は無駄であると考えるようになると、より落ち込み、よりストレスを感じるようになる可能性があることを発見しました。しかし、明るい面もあります。懐疑的な人でも、余暇が目的ではなく、より大きな目標の一部であれば、楽しい活動ができるかもしれません。」

elin Malkoc氏

研究の共著者であるオハイオ州立大学マーケティング学部のRebecca Reczek教授は話します。

「レジャーに何らかの生産的な目的を持たせることができれば、レジャーが無駄だと思っている人でも同じようなメリットを得ることができます。」

この研究は、2021年8月21日、Journal of Experimental Social Psychology誌のオンライン版に掲載されました。

ある研究では、199人の大学生が、さまざまなレジャー活動をどれだけ楽しんだかを評価し、幸福度、抑うつ度、不安度、ストレス度を測る評価を行いました。

また、「余暇活動に費やす時間は、多くの場合、無駄な時間である」など、余暇が無駄であると考える度合いを評価する5つの文に、どの程度同意するかを尋ねました。

その結果、「余暇は無駄である」と考える人ほど、余暇活動を楽しめないことがわかりました。

これは、余暇活動が能動的なもの(運動)でも受動的なもの(テレビ鑑賞)でも、社会的なもの(友人との付き合い)でも、孤独なもの(瞑想)でも同じでした。

さらに、余暇が無駄だと思えば思うほど、幸福度は低くなり、鬱や不安、ストレスのレベルも高くなりました。

ある研究では、302人のオンライン参加者に、2019年のハロウィーンの数日後に、ハロウィーンを祝うために何をしたかを尋ねました。

彼らが選択できた活動の中には、パーティーに行くなど、それ自体が楽しいものもありました。

また、子供をトリック・オア・トリートに連れて行くなど、より大きな目的のために行うものもありました。

参加者には、ハロウィーンの経験をどれだけ楽しんだかを評価してもらいました。

その結果、レジャーは無駄が多いと考えている人は、パーティーのような楽しみだけを目的とした活動の楽しみが少ないと報告しました。

研究の共同執筆者であるラトガース・ビジネススクールのガブリエラ・トニエット助教授(マーケティング)は話します。

「しかし、子供と一緒にトリック・オア・トリートをするなど、責任を果たすための楽しい活動に参加した人は、ハロウィーンの楽しみ方がそれほど減らなかったのです。」

レジャーに対する否定的な見方は、アメリカだけの問題ではありません。

ある研究では、米国、インド、フランスの人々を比較したところ、フランス人は米国やインドの人々よりも、文化的なステレオタイプと同様に、レジャーが無駄であると考える傾向が低いことがわかりました。

しかし、フランス人がレジャーを軽視した場合、その悪い影響は同じでした。

Reczek氏は話します。

「私たちはグローバル社会に生きており、忙しく生産的であることがいかに重要であるかという同じメッセージを聞く人々がどこにでもいます。一度、そのようなことを信じ、余暇は無駄であるというメッセージを心に刻んでしまうと、どこに住んでいようとも憂鬱になり、幸福感が薄れてしまうという結果が出ました。」

研究者たちは、余暇に対する否定的な見方が、状況や余暇活動の長さにかかわらず、楽しいことを楽しむことに影響を与えていることに驚かされました。

ある研究では、大学生の参加者に、他の実験の途中で短い猫の動画を見てもらいました。

それでも、同じ効果が得られました。

Malkoc氏は話します。

「研究室に来てアンケートに答えている学生は、退屈なものです。その途中で、面白いビデオを見てもらうと、いい息抜きになると思うのですが、それでも一部の参加者はあまり楽しめませんでした。」

「彼らにはその時間をより生産的に使う方法がありませんでした。私たちは、彼らに他のもっと退屈な活動からの休息を与えていたのです。また、余暇が無駄だと考える人は、他の人ほどビデオを見ることを楽しいとは思っていませんでした。」

この研究は、レジャーの価値に関する人々の信念を変えるのは簡単ではないことを示しています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 休暇を「非生産的で無駄」と感じる事で生じる不幸と病気