視覚情報の処理も遅い「失読症が脳のプロセスに与える影響」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

視覚情報の処理も遅い「失読症が脳のプロセスに与える影響」

失読症の子供は読書以外にも、視覚情報の処理が遅い事が判明しました。
失読症が脳のプロセスに与える影響を明らかにするものです。

Children with dyslexia are slower to process visual information, according to new research that sheds new light on which brain processes are affected by dyslexia beyond just reading ability.

参照元:https://www.reading.ac.uk/news-and-events/releases/PR861500.aspx
– レディング大学 University of Reading. 15 November 2021 –

失読症の子どもは、視覚情報を処理するのが遅いことが、新しい研究で明らかになりました。

この研究は、単に読む能力だけではなく、失読症によってどのような脳のプロセスが影響を受けるのかを明らかにするものです。

JNeurosci誌に掲載されたこの研究は、ディスレクシアの視覚処理と脳活動を理解するための新しい手法を組み合わせた初めての研究で、6歳から14歳の子どもたちを対象に、脳活動を測定しながら、動くドットの塊の平均的な動きの方向を特定するという課題を与えました。

その結果、ディスレクシアの子どもたちは、健常者の子どもたちに比べて、視覚的証拠を集めるのに時間がかかり、正確さに欠けることがわかりました。

そして、その行動の違いは、脳活動の違いに反映されていました。

読み書きの能力がディスレクシアの影響を受けることは知られていますが、どのような脳のプロセスがディスレクシアの影響を受けるのかについては、まだはっきりしていません。

この点についての理解が深まれば、より効果的な支援が可能になるかもしれません。

レディング大学の自閉症センターの主任研究員であるキャシー・マニング博士は話します。

「今回の研究結果は、ディスレクシアの子どもたちが直面している困難は、読み書きに限らないことを示しています。むしろ、ディスレクシアの子どもたちは、グループとして、視覚情報の処理方法や判断の仕方にも違いが見られます。」

「このような視覚処理や意思決定の違いを訓練することで、患児の読解力を向上させたり、失読症の原因を解明したりすることができるかどうかについては、今後の研究が必要です。」

今回の研究では、脳波を用いて脳活動をモニタリングしたところ、意思決定に関わる脳の中心-頭頂領域の同期活動が、課題中にすべての子どもで、意思決定をするまで着実に増加していました。

しかし、ディスレクシアの子どもたちでは、この現象がより緩やかに起こっていました。

今回の研究は、運動処理と失読症の関連性を裏付けるものであるが、その原因はまだ解明されていない。

ディスレクシアが視覚処理の障害であるかどうかは、研究者の間でもよく議論されています。

ディスレクシアの子どもたちにとって、「読む」「書く」ことは重要な課題であり、その脳への影響を理解することは、既存の治療法を改善する上で役立つかもしれません。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 視覚情報の処理も遅い「失読症が脳のプロセスに与える影響」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)