自由時間が多すると幸福度が低下する「自由が少なすぎる幸福度と同等」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

自由時間が多すると幸福度が低下する「自由が少なすぎる幸福度と同等」

自由時間が多すぎると、少なすぎるのと同じくらい悪い事なのかもしれません。
幸福感を高めるには、時間を生産的活動に使うのが良いようです。

As an individual’s free time increases, so does that person’s sense of well-being — but only up to a point. Too much free time can be also be a bad thing,

参照元;https://www.apa.org/news/press/releases/2021/09/too-much-free-time
– 米国心理学会 American Psychological Association. September 9, 2021 –

自由な時間が増えると、その人の幸福感も高まる–ただし、ある程度までです。

アメリカ心理学会が発表した研究によると、自由な時間が多すぎることは悪いことでもあるそうです。

本論文の主執筆者であるウォートンスクールのマーケティング学科助教授、Marissa Sharif博士は話します。

「人はよく、忙しすぎることに不満を持ち、もっと時間が欲しいと言います。しかし、時間を増やすことは、実際に幸福度を高めることにつながるのでしょうか?、1日の裁量時間が少ないと、ストレスが大きくなり、主観的幸福度が低下することがわかりました。しかし、時間が少なすぎるのは良くないが、時間が多いことが必ずしも良いとは限りません。」

この研究は、Journal of Personality and Social Psychologyに掲載されました。

研究者たちは、2012年から2013年にかけてアメリカ時間使用調査に参加した21,736人のアメリカ人のデータを分析しました。

参加者は、24時間前に何をしていたかを詳細に記録し、それぞれの活動の時間帯と持続時間を示し、幸福感を報告しました。

その結果、自由時間が長くなると幸福感も高くなるが、2時間程度で横ばいになり、5時間を過ぎると低下し始めることがわかりました。

両者の相関関係は統計的に有意でした。

また、研究者らは、1992年から2008年にかけて「National Study of the Changing Workforce(変化する労働力に関する全米調査)」に参加した13,639人の働くアメリカ人のデータを分析しました。

この調査では、自由な時間の使い方を質問しています。

「仕事をしている日は、平均して何時間(分)、自分の自由な時間のために時間を使いますか?」

  • 1=非常に満足
  • 2=やや満足
  • 3=やや不満
  • 4=非常に不満

今回も、自由時間の多さが幸福度の高さと有意に関連していることがわかりましたが、それはある時点までのこと。それ以降は、自由時間の多さと幸福度の高さは関連しませんでした。

この現象をさらに詳しく調べるため、研究者らは6,000人以上の参加者を対象に2つのオンライン実験を行いました。

1つ目の実験では、参加者に、少なくとも6カ月間、毎日一定量の自由な時間を持つことを想像してもらいました。

参加者は、自由裁量の時間が少ない(1日15分)、中程度(1日3.5時間)、多い(1日7時間)に無作為に割り当てられました。

参加者には、どの程度の楽しさ、幸せ、満足感を感じるかを報告してもらいました。

裁量時間が少ないグループと多いグループの参加者は、裁量時間が中程度のグループに比べて、幸福度が低いと回答しました。

研究者らは、自由時間が少ない人は、適度な量の人よりもストレスを感じ、幸福度の低下につながりましたが、自由時間が多い人は、適度な量の人よりも生産性が低いと感じ、同じく幸福度の低下につながったことを明らかにしました。

2つ目の実験では、生産性がどのような役割を果たすかを調べました。

参加者には、1日の自由時間が中程度(3.5時間)か多い(7時間)かを想像してもらい、その時間を生産的な活動(例:トレーニング、趣味、ランニング)か非生産的な活動(例:テレビを見る、コンピューターを使う)のいずれかに費やすことを想像してもらいました。

その結果、自由時間の多い参加者は、非生産的な活動をしているときの幸福感が低いことがわかりました。

しかし、生産的な活動をしているときには、自由時間の多い被験者は、適度な自由時間のある被験者と同じように感じていました。

Sharif博士は話します。

「今回の調査では、自由時間の長さと主観的幸福度の関係を中心に検討しましたが、自由時間をどのように使うかについても検討した結果、明らかになりました。今回の調査結果は、一日中、自由に使える時間があると、人は同じように不幸になる可能性があることを示唆しています。」

「むしろ、自分の好きなように使える適度な自由時間を確保することが大切です。また、定年退職や離職などで自由な時間を持て余している人は、新たに得た時間を目的を持って過ごすことが有効であることが示唆されました。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 思考・瞑想 » 自由時間が多すると幸福度が低下する「自由が少なすぎる幸福度と同等」