「子供の偏食を減らす」7つの食の教育方法のヒント

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「子供の偏食を減らす」7つの食の教育方法のヒント

10歳未満の偏食がちな子供に対して、賞罰を与え食べさせる事、厳格に教育して食べさせる事は子供に悪影響を与えるかもしれません。
逆に、リラックスした環境において食べさせることは、子供の偏食減らすようです。

Whether it’s an exclusive appetite for ‘white’ foods or an all-out refusal on veggies, when you have a fussy eater on your hands, mealtime can be more than a challenge.

参照元:https://www.unisa.edu.au/media-centre/Releases/2021/is-your-child-a-fussy-eater/
– 南オーストラリア大学 University of South Australia. 16 September 2021 –

白いものばかり食べたり、野菜を全く食べなかったりと、うるさい子供がいると、食事の時間は大変なものになります。

育ち盛りの幼児にとって偏食は当たり前のことですが、それが学校生活にまで及ぶと、子どもも親も同じようにダメージを受けてしまいます。

このたび、USC、南オーストラリア大学、クイーンズランド大学の研究チームは、10歳未満の子どもの偏食に影響を与える要因や、偏食を抑制する要因について、より深く理解することができました。

今回の研究では、80件の医療業界の研究を調査し、子供がうるさい食事をするようになるには、さまざまな要因があることがわかりました。

この研究では、子供に食べるようにプレッシャーをかけること、食べたらご褒美を与えること、非常に厳格な子育てなどが、うるさい子供に悪影響を与えることがわかりました。

逆に、よりリラックスした育児スタイル、家族で一緒に食事をすること、食事の準備に子どもを参加させることは、うるさい食事の可能性を減少させることがわかりました。

主任研究者でUSCの博士課程に在籍するLaine Chilman氏は、今回の研究が、親や介護者が子どものうるさい食事について理解を深める助けになることを期待していると述べています。

Chilman氏は話します。

「食いしん坊な子供を持つ親にとって、食事の時間は特にストレスの多いものです。家族の食事と食いしん坊な子供を両立させるのは容易なことではありません。」

「家族の食事と偏食を両立させるのは並大抵のことではありません。また、特定の食感や色を嫌う子供を抱えている家庭もあります。」

「このような嗜好は、子供の特性や性格に関連するものもありますが、それらは変えようにも変えられません。しかし、その他の要因は、子供のうるさい食事を減らすのに役立つ外的要因です。」

「家族で一緒に食事をする、兄弟で一緒に食事をする、決まった時間に1回の食事をする、これらすべてが食事の騒がしさを減らすのに役立ちました。また、騒ぐ子供を食事に参加させることも有効で、メニュー選びを手伝ったり、食事の準備を手伝ったりします。」

「しかし、うるさい子供にテレビの前で食事をさせたり、特定の食べ物を食べたらご褒美を与えたりすると、これらの行動は偏食の子供に悪影響を与えます。」

オーストラリア栄養・身体活動調査によると、ほとんどの子供が推奨される食事と栄養のガイドラインを満たしていません。

UniSAの研究者であるAnn Kennedy-Behr博士は、ストレスが偏食の原因になると言います。

Behr博士は続けます。

「偏食の子供がいる場合、親や介護者にとっては非常にストレスが溜まります。しかし、あからさまな不安や心配が、かえって偏食を助長していることを理解することが大切です。食事の時には、不安にならないようにして、ネガティブな気持ちを抑えることが、みんなのためになります。積極的な子育ては、たとえそれが困難な状況であっても、うるさい子供たちにとって最良の前進となるでしょう。」

食事にうるさい子供を助けるためのヒント

  • 模範を示す:家族で一緒に食事をすることで、より良い食習慣を身につけることができます。
  • 食事の時間を決める:食事の時間が決まっていると、ストレスが軽減されます。
  • 子供を食事の準備に参加させる:慣れ親しんで、自分でコントロールできるという感覚を持つことが助けになります。
  • 食事の時間を1つにする:子供たちが別の席に座っていると、食事の内容がうるさくなります。
  • テレビを消す:画面ではなく、食事に集中する。
  • 食事の時間を穏やかでストレスのないものにする:すべての人にとってより良い経験となるでしょう。
  • うるさい子にはご褒美や賄賂、罰則を与えない。
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 「子供の偏食を減らす」7つの食の教育方法のヒント

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)