テクノロジーは労働者の幸福度にどのような影響を及ぼすか

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

テクノロジーは労働者の幸福度にどのような影響を及ぼすか

テクノロジーは労働者の幸福度にどのような影響を与えるのでしょうか。
研究者らは、職場での自動化やAIの導入が、労働者の仕事の満足度、ストレス、健康、不安など、労働者の幸福を形成する要素に与える影響を調査しました。

Their results reveal that workers facing automation risk may generally have less stress on the job, but also suffer from worse health, and experience minimal or negative impacts on job satisfaction.

参照元:https://research.gatech.edu/technologys-impact-worker-well-being
– ジョージア工科大学 Georgia Institute of Technology. OCT 21, 2021  –

進化する21世紀の職場に関する伝統的な物語では、技術的に人間の従業員を代替することは深刻な問題として扱われています。

しかし、技術的補完性(自動化や人工知能を利用して、労働者を代替するのではなく補完すること)は、雇用を維持する人々の生産性や賃金を向上させる、良いことだと楽観的に捉えられています。

ジョージア工科大学とジョージア州立大学の2人の大学院生は、テクノロジーが職場に与える影響について独自の研究を始めたとき、政策立案者や他の学者から、このような話を聞き続けていました。

しかし、彼らの研究に最終的に影響を与えたのは、より微妙な別の話でした。

ジョージア工科大学公共政策学部の博士課程に在籍するダニエル・シフ氏は話します。

「インターネット上で、世界中のさまざまな都市で起きている労働者のストライキの画像を見て、このテーマをめぐる通常の楽観的な言説を超えた何かが起きていることに気づきました。」

ジョージア工科大学公共政策学部の博士課程に在籍するダニエル・シフ氏は、技術的に強化された現代の職場で働く人々の状況に抗議する不幸な労働者の写真や話を見て、もう少し詳しく調べてみることにしました。

その結果が、「The impact of automation and artificial intelligence on work work well-being(自動化と人工知能が労働者の幸福に与える影響)」という新しい研究結果が、雑誌『Technology in Society』に掲載されました。

この論文では、職場における自動化とAIの最近の歴史と将来の可能性について、より驚くべき、ダイナミックで複雑な姿を提示しています。

シフ氏とナザレノ氏は、複数の分野–経済学、社会学、心理学、政策、さらには倫理学–を取り入れて、職場での自動化とAIをめぐる会話を再構築し、おそらく意思決定者や研究者が人間の要素についてもう少し深く、広く考える手助けをしています。

ナザレノ氏は話します。

「労働者の幸福は、社会全体、家族、さらには生産性にまで影響を及ぼします。生産性に本当に関心があるのなら、労働者の幸福は考慮に入れなければなりません。」

言説の変更

技術的代替が労働者の代替という形で悪い知らせをもたらす一方で、相補性は一般的に普遍的な善であると考えられています。

自動化やAIを伴う仕事に対応できるスキルの高い労働力を育成し、相補性のある労働者がより高い生産性、創造性、自由の恩恵を受ける未来を目指します。

しかし、研究者たちは、そんな単純な話ではないことを発見しました。

シフ氏とナザレノ氏は、これらの写真や労働者の不満の話を検討しながら、自動化とAIの統合は本当に労働者の幸福に一様に良い影響を与えるのかと考えました。

そうではなく、”幸福のいくつかの次元に負の影響を与える説得力のある証拠 “があることを挙げて報告しています。

研究者たちは、過去の研究や文献、職場における自動化とAIをめぐる一般的な議論に基づいて、自動化が労働者の幸福に影響を与える可能性のある5つの仮説的な経路を検討しました。

それは、労働者の自由、意味の感覚、認知的負荷、外部からの監視、仕事の不安などです。

1972年にシカゴ大学で作成され、全米科学財団から資金提供を受けている全国規模の社会学的調査であるGSS(General Social Survey)から精選された2002年から2018年のデータセットに深く入り込み、データを収集しました。

ナザレノ氏は話します。

「我々は、データの中に労働者の幸福度を表すモジュールがあることを発見しました。」

そこで、オックスフォード大学の研究で確立された自動化リスク測定法を402の職種に適用し、職場での自動化やAIの導入が、労働者の仕事の満足度、ストレス、健康、不安など、労働者の幸福を形成する重要な要素に与える影響を予測できるかどうかを評価しました。

その結果、自動化のリスクに直面している労働者は、一般的に仕事上のストレスは少ないものの、健康状態は悪化し、仕事の満足度への影響は最小限またはマイナスであることが明らかになりました。

これらの影響は、受付、税務申告、キャッシャー、クレジットアナリスト、食品科学技術者など、自動化リスクが最も高い職種や、輸送、物流、事務、管理サポートなどの仕事に集中しています。

シフ氏は話します。

「いくつかの異なる仮説を検討したところ、興味深い矛盾がありました。仕事の自由度が増すという楽観的な見通しもありますが、意味を失うという概念もあります。例えば、あなたはトラックの運転手ですが、今はただ助手席に座っているだけです。仕事は楽になりましたが、必ずしも良いものではありません。ストレスは減ったかもしれませんが、やりがいや意味のある仕事をしているわけではありません。」

ダイナミックなプロセス

研究者たちは、最近の逆説的なシナリオについても考察しました。

例えば、技術的に強化された倉庫や配送センターでは、世界中の何千人もの労働者が抗議行動を起こしています。

シフ氏は話します。

「自動化によって仕事が楽になったかと思えば、今度は最適化されています。毎秒、監視され、測定されているのです。パンデミックが起きても、仕事の安心感や安全性はありません。これらの要素が重なっているのかもしれませんが、ストレスの軽減に関連した利点は、今では一掃されています。」

ナザレノ氏は補足します。

「興味深い結論の一つは、これはダイナミックなプロセスだということです。さまざまなことが起こっています。私たちは、ストレスを悪いものと考えがちで、その可能性はあります。しかし、すべてのストレスが悪いものでもなければ、すべてのストレスが良いものでもありません。もしかしたら、良い仕事はストレスになり、歓迎すべき挑戦を生み出すかもしれません。その反対は退屈なことです。」

一般的に、職場での高度なテクノロジーの急増が避けられない状況で、労働者が自分でコントロールできないと感じれば感じるほど、満足度は低くなります。

ナザレノ氏は続けます。

「自律性はワーカーの幸福度を高める要因です。政策立案者や企業が悪影響に対処する一つの方法は、従業員に何が起こっているかを知らせ、権限を与え、プロセスに参加させることです。企業が従業員をどのようにプロセスに参加させるかが重要なのです。」

シフ氏とナザレノ氏は、今回の研究で、政策立案者や企業、その他の研究者が自動化や人工知能が労働者に与える影響を検討する際のレンズを修正したいと考えています。

技術的な補完関係の結果、労働者にさまざまな影響があることを明らかにした今回の研究結果は、新たな研究の方向性を示すものだと考えています。

シフ氏は話します。

「私たちがここで期待しているのは、政策決定者が将来的な影響にもっと注意を払い、労働者のトレーニングや健康、制限、自動化を単に卸売的なイノベーションだけでなく、さまざまな方法で利用する方法などについて考える手助けをすることです。」

研究者たちは、議論を賃金や解雇にとどまらず、シフが「技術的補完性の社会学や心理学」と呼ぶものにも注目しました。

シフ氏は話します。

「私たちは、これまで十分に質問されたり、答えられたりしなかった問題に取り組もうとしているのです。この研究は、新しい会話を始め、議論を変えるための予備的な方法なのです。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » テクノロジーは労働者の幸福度にどのような影響を及ぼすか

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)