間違っている?「骨格の特徴で人々のグループを定義する法医人類学」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

間違っている?「骨格の特徴で人々のグループを定義する法医人類学」

法医人類学の文脈では、人々のグループを骨格の特徴によって決定しています。
しかし、全く異なる歴史的文脈を辿ってきた隣国などのように、アプローチが異なっている場合があるようです。

For example, a missing person may have been listed as Black on their driver’s license because of their skin color.

参照元:https://news.ncsu.edu/2021/07/forensics-and-population-affinity/
– ノースカロライナ州立大学 North Carolina State University. July 14, 2021  –

法医学の研究者は、祖先や人種に関する用語を一貫性のない方法で使用していることが、新しい研究で明らかになりました。

そして、集団の流動性と、歴史的な出来事が私たちの骨格の特徴をどのように形成してきたかの両方をよりよく説明するために、新しいアプローチを採用することを求めています。

本研究の責任著者であり、ノースカロライナ州立大学の生物科学教授であるAnn Ross氏は話します。

「法人類学は科学であり、用語を一貫して使用する必要があります。今回の研究は、祖先の出自の問題を一貫して議論する上での我々の学問の課題を浮き彫りにすると同時に、集団の親和性に焦点を当てることが前進する方法であることを示唆しています。」

人種は社会的構成要素であり、科学的根拠はありません。

法医人類学の文脈では、人口の親和性は、人々のグループに関連する骨格の特徴によって決定されます。

これらの特徴は、歴史的な出来事や遺伝子の流れ、移住などの力によって形成されます。

さらに、これらの人口集団は非常に流動的である可能性があります。

現実的には、人種は法医学の文脈では大きな誤解を招く可能性があるということです。

例えば、ある行方不明者の運転免許証には、肌の色から黒人と記載されているかもしれません。

しかし、彼らの骨格はアフリカ系であることを示していないかもしれません。

ロス氏は話します。

「多くの学問分野と同様に、法人類学も人種に関する問題に取り組んでいます。この分野の人たちの中には、個人の出身地を評価することを完全にやめようとする人もいます。また、従来の方法でも、遺体の識別には十分な価値があるという意見もあります。」

「この論文では、第3の道を提案しています。この研究では、法医学や人類学の文脈で貴重な情報を提供しつつ、人種のような時代遅れの既定値の使用に固執しない、人間のバリエーションを評価する方法を見つけることに焦点を当てています。」

研究の一端として、研究者たちは、2009年から2019年の間にJournal of Forensic Sciencesに掲載された論文のうち、祖先や人種、あるいは関連する用語に言及しているものをすべて調べました。

この内容分析の目的は、これらの用語が分野内で一貫して使用されているかどうかを判断することでした。

そして、そうではありませんでした。

ロス氏は話します。

「Journal of Forensic Sciencesは、米国の法医学分野の代表的な学術誌ですが、そこでも、私たちの分野がこれらの用語をどのように使用しているかについて、一貫性がないことがわかりました。一貫性のない用語は、分野内での混乱、誤解、誤用の原因となります。」

研究の後半では、幾何学的形態データと空間分析の手法を用いて、「ヨーロッパ人」や「アフリカ人」など、人骨の祖先の起源を表す用語の妥当性を評価しました。

評価対象となったのは9つのデータセットで、397人分のデータが含まれています。

これらのデータセットは、チリ、コロンビア、キューバ、グアテマラ、パナマ、プエルトリコ、ペルー、スペインで収集された人骨と、キューバに埋葬されていた奴隷となっていたアフリカ人の集団のデータです。

奴隷にされていたアフリカ人を除くすべての遺骨は、20世紀または21世紀のものでした。

ロス氏は話します。

「奴隷にされていたアフリカ人の遺骨に関するデータについては、そのようなサンプルから収集されたデータが人類の多様性の議論に貢献できるという価値を認めたいと思いますが、一方で、一般的に人骨収集の歴史と倫理は疑わしいものであることも指摘しておきます。このような人体採取は、科学的な人種差別の下で、故人や近親者の許可を得ずに行われることが多く、社会から疎外された人々が対象となることが多いのです。」

最近の論文を調べてみると、法医学の専門家は、遺体をアフリカ系、アジア系、ヨーロッパ系と呼ぶことが多いことがわかりました。

ロス氏は話します。

「しかし、これらの9つのデータセットを分析した結果、このアプローチが間違っていることがわかりました。」

「パナマを例に挙げましょう。植民地化以前の先住民、ヨーロッパからの植民者、アフリカからの奴隷、アジアからの移民など、過去500年の間に世界中から人々が大量に移動してきたのです。パナマで見られる現代の遺跡には、それらの影響がすべて反映されているのです。」

ロス氏はパナマ出身です。

ロス氏はまた、9つのデータセットを分析したことで、現代の “clines “という考え方の欠陥も浮き彫りになったと指摘します。

クリンという考え方は、基本的には、ある集団から別の集団への変化はあるものの、地理的に近い集団は、地理的に遠い集団よりも似ているというものです。

しかし、研究者たちは、この仮定が誤解を招く可能性があることを発見しました。

例えば、パナマとコロンビアは国境を接していますが、最近の数世紀の間にパナマとコロンビアには全く異なる歴史的要因が作用したため、これら2つの国の遺骨の特徴は予想よりもずっと似ていないのです。

ロス氏は話します。

「私たちの分野における人種差別をなくすために有意義な手段を講じることや、分野内でお互いに明確なコミュニケーションをとることなど、さまざまな理由でこれらのことは重要です。また、遺体の身元が確認されないのは、社会から疎外された人々であることが多いため、これも重要です。」

「彼らに『ヒスパニック』や『黒人』というレッテルを貼るのは誤解を招く恐れがあります。私たち法人類学者は、出自についての考え方を変える必要があります。身元不明の遺体を扱う際に、誰を見ているのかを明確に伝え、理解するために、集団の親和性という文脈で身体的特徴を考え始める必要があります。私たちは、構造的な不公平や人種差別を、たとえ不注意であっても助長していないことを確認する必要があります。」

「このことは、私たちが幅広い新しい研究課題に直面していることを意味します。この分野では、これまで歴史上の人々の遺体から得られたデータに焦点を当てて研究を行ってきました。私たちは、歴史上の出来事が現代の人々の骨格の特徴を形成するのに役立った方法をよりよく理解するために、もっと多くの研究を始める必要があると思います。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 間違っている?「骨格の特徴で人々のグループを定義する法医人類学」