アボカド含有化合物が「白血病治療の改善」につながる可能性がある

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

アボカド含有化合物が「白血病治療の改善」につながる可能性がある

アボカドに含まれる化合物が、最終的には白血病治療の改善につながる可能性があると、ゲルフ大学の研究で発表されました。

Spagnuolo co-authored the study with U of G PhD students Matthew Tcheng and Alessia Roma, former PhD student Nawaz Ahmed and technician Preethi Jayanth. Other co-authors are researchers at the University of Waterloo, Western University, McMaster University, the University of Colorado and the University of Pittsburgh.

参照元:https://news.uoguelph.ca/2021/04/avocado-discovery-may-point-to-leukemia-treatment-u-of-g-researcher/
– ゲルフ大学 University of Guelph. April 29, 2021 –

この化合物は、がん細胞の成長に重要な役割を果たす酵素を標的としていると、食品科学科のPaul Spagnuolo博士は述べています。

この研究は、白血病の中でも最も深刻な症状を呈する急性骨髄性白血病(AML)に焦点を当て、学術誌「Blood」に掲載されました。ほとんどの症例は65歳以上で発症し、診断から5年後に生存している患者は10%にも満たないと言われています。

白血病細胞は、その代謝に関与するVLCADと呼ばれる酵素の量が多いとSpagnuolo氏は言います。

Spagnuolo氏は続けます。

「細胞は生き延びるためにその経路に依存しています。この化合物が薬物療法の候補となる可能性が高いと説明しています。VLCADがあらゆるがんの標的として同定されたのは、今回が初めてです。」

彼のチームは、数ある化合物の中から栄養補助食品の化合物をスクリーニングし、この酵素を阻害する可能性のある物質を探しました。

Spagnuolo氏は話します。

「驚いたことに、最も優れていたのはアボカド由来のものでした。」

以前、彼の研究室では、アボカドにしか含まれていない脂肪分子であるアボカチンBを、糖尿病の予防や肥満の管理に使える可能性があると考えていました。今回は、白血病患者への応用を目指しています。

Spagnuolo氏は話します。

「VLCADは、この種の治療に適した患者を特定する良いマーカーになります。VLCADは、この種の治療に適した患者を特定するための良いマーカーになります。また、薬剤の活性を測定するためのマーカーにもなります。これは、最終的にこの分子をヒトの臨床試験に使用するための段階を示すものです。」

現在、AMLと診断された65歳以上の患者の約半数が緩和ケアに入っています。

その他の患者は化学療法を受けますが、薬物療法は毒性が強く、患者を死に至らしめる可能性があります。

より毒性の低い薬剤を探すことが求められています。

Spagnuolo氏は、糖尿病の治療にアボカチンBを使用した以前の研究に言及します。

「我々は、このアボカチンBを経口サプリメントとして使用したヒトの研究を完了し、かなりの量がかなり良好な忍容性を持つことを示すことができました。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » アボカド含有化合物が「白血病治療の改善」につながる可能性がある

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)