過度の使用は危険「ソーシャルメディアの使用と身体的健康の悪化が関連」

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

過度の使用は危険「ソーシャルメディアの使用と身体的健康の悪化が関連」

ソーシャルメディアの過度の使用が心的障害を引き起こす事は、よく知られています。
大学生の身体的健康の悪化と、ソーシャルメディアの使用が関連付けられています。

Social media use has been linked to biological and psychological indicators associated with poor physical health among college students,

参照元:https://www.buffalo.edu/news/releases/2022/01/022.html
– バッファロー大学 University at Buffalo.  January 21, 2022 –

バッファロー大学の研究者による新しい研究結果によると、ソーシャルメディアの使用は、大学生の身体的健康の悪化に関連する生物学的および心理学的指標と関連していることが明らかになりました。

ソーシャルメディアを過度に利用する研究参加者は、糖尿病、特定のがん、心血管疾患などの深刻な病気を予測する慢性炎症の生物学的マーカーであるCRP(C-reactive protein)のレベルが高いことが明らかになりました。

CRP値の上昇に加え、ソーシャルメディアの利用度が高いほど、頭痛、胸痛、背中の痛みなどの身体症状や、病気の治療のために医師や保健所に行く頻度が高くなることも示唆されています。

論文の筆頭著者でUB芸術科学大学コミュニケーション学科助教授のデビッド・リー博士(David Lee, PhD)は話します。

「ソーシャルメディアの利用は、多くの若年層の日常生活に欠かせないものとなっています。それは、これらのプラットフォームを介しての関与が身体の健康にどのように貢献するかを理解することが重要です。」

この研究結果は、Cyberpsychology, Behavior, and Social Networkingという雑誌に掲載されています。

何十年もの間、研究者はソーシャルメディアの利用がユーザーの精神的健康にどのように関係しているかに注目してきましたが、身体的健康への影響については十分に調査されてきませんでした。

最近の調査では、10代後半から20代前半の人々のソーシャルメディア利用率が特に高く、1日に約6時間をメールやオンライン、ソーシャルメディアの利用で費やしていることが示されています。

また、ソーシャルメディアの利用と身体の健康との関連性を発見した研究はいくつかありますが、その多くは自己申告によるものであったり、1つのプラットフォームのみでの利用の影響であったりすることが分かっています。

リー博士は話します。

「私たちの目標は、複数のプラットフォームにまたがるソーシャルメディアの利用が、生物学的、行動学的、自己報告式の測定による身体的健康結果とどのように関連するかを調べることによって、先行研究を拡張することでした。」

研究者たちは、18歳から24歳の学部生251人を対象に、多様なサンプルを募集しました。

血液サンプルを指刺しで採取し、参加者は身体の健康状態や、2017年のデータ収集時点で最も人気のあるプラットフォームであるFacebook、Twitter、Snapchat、Instagramのソーシャルメディア利用状況に関するアンケートも実施しました。

それらの回答は、参加者が研究での自分の役割をどの程度真剣に受け止めているかを判断し、妥当性を測定する別のアンケートと照合されました。

リー博士は話します。

「我々は、ソーシャルメディアの使用量とこれらの身体的健康指標との間に相関関係を確立することができました。ソーシャルメディアの利用が多いほど、身体症状や受診回数が多いことが分かりました。彼らはまた、より高いレベルの慢性炎症も示しました。」

リー博士は、この研究は、ソーシャルメディアと身体の健康との関係を理解するためのほんの始まりに過ぎないと言っています。

「血中の生物学的マーカーを見ることで、ソーシャルメディアの使用と身体の健康との間に比較的客観的な関連を見出すことができましたが、この相関的な発見は、健康状態の悪さがソーシャルメディアの使用に影響を与える可能性を排除することはできません。」

リー博士は、ソーシャルメディアの利用と身体の健康には、格言が当てはまる可能性があると言います。

金持ちはより金持ちになり、貧乏人はより貧乏になります。

「私たちの以前の研究では、自尊心の高い人はソーシャルメディアの使用で恩恵を受けましたが、自尊心の低い人は恩恵を受けませんでした。ですから、その効果はもっと微妙なものかもしれません。まだやるべきことがあります。しかし、今、私は、ソーシャルメディアの使用が、重要な身体的健康上の成果と関連性があるかもしれないということを、世間に知らせたかったのです。」

リーの今回の研究チームには、オハイオ州立大学の同僚が含まれています。

大学院生のTao Jiang、社会心理学教授のJennifer Crocker, PhD、心理学准教授のBaldwin Way, PhDが参加しました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 過度の使用は危険「ソーシャルメディアの使用と身体的健康の悪化が関連」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)