「感情的異質性」がチームの創造性を高める

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「感情的異質性」がチームの創造性を高める

チームにポジティブ思考な性格の人がいると、チームは様々な恩恵が得られることが知られています。では、ネガティブ思考な性格の人がチームにいると不利益なかというと、実はそうではないようです。

But a new management study indicates your team might also benefit from people who are exactly the opposite

参照元:https://news.rice.edu/2021/08/17/rice-u-study-use-your-teams-emotions-to-boost-creativity/
– ライス大学 Rice University.  AUGUST 17, 2021 –

もしあなたがプロジェクトのためにチームを編成するならば、あなたは陽気で楽観的な性格と柔軟な思考を持つ人を選びたいと思うかもしれません。

しかし、ライス大学、西オーストラリア大学、ボンド大学、クイーンズランド大学の専門家によると、新しいマネジメント研究では、あなたのチームは正反対の人からも恩恵を受けられるかもしれないという。

ライス大学ジョーンズ経営大学院のメアリー・ギブス・ジョーンズ教授(経営学・心理学)が共著で発表したこの研究は、「チームの感情の多様性」がチームの創造性に与える影響を調査したものです。

Journal of Organizational Behavior誌に掲載されたこの論文は、チームの「感情の多様性」がチームの創造性をどのように、なぜ、どのような条件で促進するのかを明らかにした初めての研究です。

「負の感情」を持つチームメンバーは、解決すべき問題を特定したり、関連する情報を探し出して批判的に評価したりするなど、批判的で持続的な思考を示します。

一方、”ポジティブな感情 “を持つチームメンバーは、情報の範囲を広げ、通常とは異なる創造的なつながりを見出すことができる、広く柔軟な思考をするそうです。

Zhou氏は話します。

「喜びやひらめきなどのポジティブな感情を持つメンバーもいれば、不満や心配などのネガティブな感情を持つメンバーもいます。チームメンバーの感情を均質化しようとするのではなく、チームは感情の異質性を受け入れるべきです。」

この「感情の異質性」が高いレベルで維持されているチームは、「デュアルチューニング」と呼ばれる創造性の向上につながります。

研究チームは、香港の大学の学部経営コースで、1学期のプロジェクトに取り組む59チームを対象に、仮説を検証しました。

各チームは、新製品を設計し、市場の潜在的な競争相手との差別化を図るというビジネスプランを作成しました。

Zhou氏は、チームの「感情的異質性」がチームの創造性を高める資源になると強調しています。

このユニークなタイプの多様性は、チームがいわゆる “トランザクティブ・メモリー・システム “を強く持っている場合に、チームの創造性を促進します。

Zhou氏は話します。

「今回の研究では、チームメンバーが一緒に時間を過ごし、目標を共有し、メンバーの専門性に関する情報を受け取り、一緒にタスクのトレーニングを行うことで促進される、チームのトランザクティブメモリーシステムを構築することに焦点を当てた介入によって、チームが感情の異質性を利用することを支援できる可能性を示唆しています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「感情的異質性」がチームの創造性を高める

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -