移動によるエネルギーが激減「環境に優しく誰でも参加できるオンライン会議」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

移動によるエネルギーが激減「環境に優しく誰でも参加できるオンライン会議」

オンライン会議は環境に優しい上、多くの人が参加できます。
オンライン会議が普及した事で移動によるエネルギー消費が大幅に減ったようです。

The study found that virtual events lower costs and reduce time and travel commitments that have previously held some conferences back from attracting diverse groups of attendees.

参照元:https://news.utexas.edu/2021/12/09/virtual-conferences-are-better-for-the-environment-and-more-inclusive/
– テキサス大学オースティン校 University of Texas at Austin. Dec 09, 2021 –

COVID-19のパンデミックにより、仕事での出張や対面式の会議は停止しましたが、この変化により、以前はこれらのイベントに参加できなかったより多くの人々が参加しやすくなり、環境フットプリントも低下したことが新しい研究で明らかになりました。

テキサス大学オースティン校のエンジニアが率いる研究チームは、パンデミックの初期に初めてバーチャル化されたいくつかの科学会議を分析しました。

Nature Sustainability誌に掲載された論文では、バーチャル会議の環境・社会・経済的コストを対面式の会議と比較して検証し、オンライン化によって、女性や若手研究者、社会的地位の低い機関や国の科学者の参加率がどのように変化したかを分析しています。

その結果、バーチャルイベントはコストが低く、時間や移動の負担が軽減されるため、これまで多様な参加者を集めることができなかった会議もあることがわかりました。

また、何百人、何千人もの人々が会議に参加するために世界中から飛行機で移動することによる環境コストもなくなります。

コックレル工学部土木・建築・環境工学科のケイシー・ファウスト助教授は話します。

「バーチャル会議を導入したことで、費用や時間などの理由で直接参加できなかった多くの人々が参加できるようになりました。」

最近開催されたいくつかの会議にアフリカから参加した科学者が直接参加した場合の費用は、その国の一人当たりの年間国内総生産の平均80%から250%であったのに対し、米国の参加者は一人当たりの国内総生産の約3%でした。

コストだけでなく、対面式のイベントには膨大な時間を費やす必要があります。

これらのイベントには移動が必要で、多くの場合、複数日に及び、参加者はその間、すべての時間を費やすことになります。

これは、特に女性にとっては大きな課題となります。多くの若い社員にとって、この時期は子供を産む時期と重なる傾向があります。

2人の子供を持つファウスト助教授は話します。

「女性にとって、カンファレンスに参加するのは難しいです。」

この調査によると、バーチャル会議への女性の参加率は、以前の対面式の会議に比べて253%も増加しています。また、学術界に目を向けると、学生やポスドクの参加は344%も増加しています。

気候への影響の大きさも驚異的です。研究者らは、2019年に開催された対面式カンファレンスのたった1人の参加者が、分析したカンファレンスを平均すると、7,000人のバーチャルカンファレンスの参加者と同じ環境フットプリントを持つと推定しています。

研究者らは、バーチャルイベントは、コストや旅券によって制限されている国際的な参加者を増やす機会を提供すると述べています。

例えば、小さな子供を持つある女性は、海外旅行に必要な渡航書類を持っていないため、世界中のカンファレンスに参加できないと話していました。

土木・建築・環境工学科のマニッシュ・クマール准教授は話します。

「彼女はこの1年間で、これまでにないほどのネットワークを築くことができましたが、これは対面式のカンファレンスでは実現しなかったことです。」

チームには、UTオースティン、オタワ大学、アリゾナ州立大学、コーネル大学、ノートルダム大学、南カリフォルニア大学の研究者が参加しています。

この研究は当初、バーチャル化した最初の工学会議の一つである2020年5月の北米膜学会(NAMS)年次総会が予想外の成功を収めたことを評価するために開始されました。

その後、NAMSをはじめとするいくつかの工学系学会の参加者を対象に、実際に参加する場合とバーチャルで参加する場合の比較を行いました。

その結果、バーチャル会議には多くのメリットがあることがわかりましたが、課題も残されていました。

その中には、参加者が集まらないことや、直接会ってのネットワーキングができないことなどがあります。

ある学会では約75%、別の学会では約96%の参加者が、実際に会ってネットワーキングをする方が好きだと答えており、バーチャルセッションは不自然で作為的に感じられるとしています。

対面式の会議が復活し始めていますが、研究者たちは、多くのイベントがハイブリッドなサービスを提供し、より低価格になる可能性があると予想しています。

クマール准教授は話します。

「技術系の企業は、すでにこのようなイベントを行っています。賢明な人々は、少なくともある程度はイベントをハイブリッド化するでしょう。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 移動によるエネルギーが激減「環境に優しく誰でも参加できるオンライン会議」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)