男女で異なる?「ソーシャルメディアの悪影響を受ける男女の年齢差」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

男女で異なる?「ソーシャルメディアの悪影響を受ける男女の年齢差」

ソーシャルメディアが幸福に与える影響は、いくつも研究成果が上がっています。
科学者チームは、少年と少女では思春期の異なる時期にソーシャルメディアの使用による悪影響を受ける可能性がある事を指摘しました。

Girls and boys might be more vulnerable to the negative effects of social media use at different times during their adolescence, say an international team of scientists.

参照元:https://www.cam.ac.uk/research/news/scientists-find-that-the-impact-of-social-media-on-wellbeing-varies-across-adolescence
– ケンブリッジ大学 University of Cambridge. 28 Mar 2022 –

少女と少年は、思春期の異なる時期にソーシャルメディアの使用による悪影響を受けやすくなる可能性があると、国際科学者チームが述べています。

Nature Communicationsに掲載された研究において、英国のデータでは、女子は11~13歳のときに、男子は14~15歳のときに、ソーシャルメディアの利用と生活満足度の間に負の連鎖が生じることが示されています。

ソーシャルメディアの利用が増えると、19歳の時点で再び生活満足度が低くなることが予測されます。

他の時期には、この関連性は統計的に有意ではありませんでした。

わずか10年余りの間に、ソーシャルメディアは、私たちの時間の使い方、自分についての情報の共有、他人との会話の仕方を根本的に変えてしまいました。

このため、個人と社会の両方に悪影響を及ぼす可能性があるとして、懸念が広がっています。

しかし、長年にわたる研究の後でも、ソーシャルメディアの利用がウェルビーイングとどのように関連しているかについては、まだかなりの不確実性があります。

心理学者、神経科学者、モデラーを含む科学者チームは、10歳から80歳までの約84,000人の個人から成る英国の2つのデータセットを分析しました。

これには、10〜21歳の若者17,400人の縦断的データ(ある期間にわたって個人を追跡するデータ)も含まれています。

研究者は、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学、ドンダース脳・認知・行動研究所の研究者です。

研究チームは、ソーシャルメディアの推定使用量と報告された生活満足度との関連を調べ、ソーシャルメディアの使用が12カ月後の生活満足度の低下と関連する思春期の主要な時期を発見しました。

また、反対に、生活満足度が平均より低い10代は、1年後にソーシャルメディアをより多く利用することも判明しました。

女子では、11歳から13歳の間のソーシャルメディアの利用が1年後の生活満足度の低下と関連していたのに対し、男子では14歳から15歳の間に発生しました。

この違いは、ソーシャルメディア利用に対する感受性が、発達上の変化、おそらく脳の構造の変化、あるいは女子よりも男子で遅く起こる思春期と関連している可能性を示唆しています。

これについては、さらなる研究が必要です。

女性、男性ともに、19歳時点でのソーシャルメディアの利用は、1年後の生活満足度の低下と再び関連していました。

この年齢では、家を出たり仕事を始めたりといった社会的な変化によって、特に脆弱になる可能性があると研究者は述べています。

この点についても、さらなる研究が必要です。

それ以外の時期では、ソーシャルメディアの利用と1年後の生活満足度との関連は、統計的に有意ではありませんでした。

生活満足度の低下は、1年後のソーシャルメディア利用の増加も予測したが、これは年齢や男女の差によらず変化しませんでした。

この研究を主導したケンブリッジ大学MRC認知・脳科学ユニットのグループリーダーであるエイミー・オーベン博士は、次のように述べています。

オーベン博士:ソーシャルメディアの使用とメンタルウェルビーイングの関連性は、明らかに非常に複雑です。脳の発達や思春期などの体内の変化や、社会的環境の変化が、人生の特定の時期に私たちを脆弱にするようです。

ケンブリッジ大学心理学・認知神経科学教授で、この研究の共著者であるサラ・ジェイン・ブレイクモア教授は話します。

ブレイクモア教授:この脆弱性の根底にある正確なプロセスを特定することは不可能です。思春期は、認知的、生物学的、社会的な変化の時期であり、これらすべてが絡み合っているため、ある因子と別の因子を切り離すことは困難なのです。例えば、ホルモンや脳の発達的な変化によるものと、仲間との関わり方によるものが、まだ明確になっていません。

オーベン博士は:今回の発見により、関連性があるかどうかを議論するのではなく、私たちが最もリスクを負う可能性があると分かっている思春期の時期に焦点を当て、これを足掛かりに本当に興味深い問題を探ることができるようになりました。

ソーシャルメディアの利用は、ウェルビーイングに悪影響を与えるだけでなく、その逆もまた真なりで、生活満足度の低下がソーシャルメディアの利用を増加させるという事実が、この関係をさらに複雑にしています(以前報告され、今日の研究結果で確認されました)。

研究者たちは、今回の研究結果が、ソーシャルメディアの使用とウェルビーイングの低下との間に関連性があることを集団レベルで示しているものの、どの個人が最もリスクが高いかを予測することはまだ不可能であることを強く指摘しています。

Donders Institute for Brain, Cognition, and Behaviourの発達神経科学教授であるRogier Kievit教授は話します。

Kievit教授:私たちの統計モデリングは、平均値を調べるものです。つまり、すべての若者がソーシャルメディアの使用によってウェルビーイングにマイナスの影響を受けるわけではありません。中には、ポジティブな影響を与える人もいます。友人とつながるため、あるいは特定の問題に対処するため、あるいは特定の問題や自分の気持ちについて話せる人がいないために、ソーシャルメディアを利用する人もいるかもしれません。こうした人たちにとって、ソーシャルメディアは貴重なサポートを提供することができます。

オックスフォード大学のオックスフォード・インターネット研究所の研究部長であるAndrew Przybylski教授は話します。

Przybylski教授:どのような人がソーシャルメディアの影響を受けているのかを特定するためには、客観的な行動データと生物学的および認知的な発達の測定値を組み合わせた、より多くの研究が必要です。したがって、我々は、ソーシャルメディア企業や他のオンラインプラットフォームが独立した科学者とデータを共有するためにもっと努力することを求め、もし彼らが望まないなら、政府がこれらの企業にもっとオープンにすることを強制する法律を導入して、オンライン害に真剣に取り組んでいることを示すことを求めます。

この研究は、エマニュエルカレッジ、英国経済社会研究評議会、フオファミリー財団、ウェルカム、ジェイコブス財団、ウェルスプリング財団、ラドバウドUMC、医学研究評議会の支援を受けて行われたものです。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 男女で異なる?「ソーシャルメディアの悪影響を受ける男女の年齢差」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)