「尊厳神経科学」という、脳科学に基づいた人権

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「尊厳神経科学」という、脳科学に基づいた人権

科学者は「尊厳神経科学」という新しい概念を紹介しています。これは、普遍的な権利は人間の脳科学に根ざしているという考え方です。主体性、自己決定、欠乏や恐怖からの解放、表現の自由などの権利の享受が、人は成長させるというものです。

And they say science also supports the idea that when societies fail to offer their citizens such rights, allowing them to fall into poverty, privation, violence and war, there can be lasting neurological and psychological consequences.

参照元:https://www.brown.edu/news/2021-08-05/dignity
– ブラウン大学 Brown University. August 5, 2021 –

ハンムラビ法典、The Magna Carta(マグナカルタ)、独立宣言書、人類の歴史の中で、これらの文書は、人々が自由、安全、尊厳に値することを宣言してきました。

しかし、大陸によって文化が大きく異なり、世紀を超えて社会が大きく変化したにもかかわらず、これらの権利宣言の基本的な概念がほとんど変わらないのはなぜでしょうか。

ブラウン大学の2人の科学者によると、それはすべての人間が同じ神経系を共有しているからだという。

この学者たちは、新しい科学論文の中で、「尊厳神経科学」という新しい概念を紹介しています。

これは、普遍的な権利は人間の脳科学に根ざしているという考え方です。

著者らは、発達心理学や神経科学などの分野における数多くの研究が、主体性、自己決定、欠乏や恐怖からの解放、表現の自由などの基本的な権利を享受することで、人は成長するという長年の概念を裏付けていると主張しています。

また、社会がそのような権利を国民に提供できず、貧困や生活苦、暴力や戦争に陥った場合、神経学的・心理学的に永続的な影響を及ぼす可能性があるという考えも科学的に裏付けられていると言います。

この論文は、2021年8月4日(水)発行のAnnals of the New York Academy of Sciencesに掲載されました。

この論文の主執筆者であり、ブラウン大学の行動・社会科学の助教授(研究担当)であるタラ・ホワイト氏は、普遍的な人権を科学的に根拠づけることで、人々が1948年の世界人権宣言の広範な声明の中に自分自身を見出すことができると考えていると述べています。

ホワイト氏は話します。

「一般の人々は、普遍的人権を、個人の生活よりも貿易に関係する国際法の概念として捉えていると思います。しかし、このようなことは絵空事ではありませんし、私たち全員に影響を与えます。普遍的な人権を確保することは、社会的、物理的だけでなく、心理的、神経的にも健全な社会のための重要な基盤であることを人々に伝えたいのです。」

ブラウン大学カーニー脳科学研究所に所属するホワイト氏と、共著者であるブラウン大学神経科学博士候補のメーガン・ゴンザルベス氏は、ほとんどの普遍的権利宣言の根底にある5つの中核概念を概説しました。

それは、「主体性、自律性、自己決定」、「欠乏からの自由」、「恐怖からの自由」、「独自性」、「無条件性」です。

この5つの概念は、人間の脳の構造、機能、発達の基本的な特徴を反映していると彼らは主張しています。

例えば、学習と感情に関する複数の研究によると、脳の複数の領域にある灰白質は、目標を達成する価値があるかどうか、あるいはリスクを取る価値があるかどうかを判断する際に、自分の記憶を利用するのに役立つことがわかっています。

これらの研究は、エージェンシー(自分で選択し、行動する能力)が脳に内在していることを示しています。

さらに、戦争の観察者、被害者、戦闘員は、暴力の脅威が去った後も、ストレスレベルの上昇、ネガティブな感情、身体的危険への恐怖といった形で、長期的な脳のトラウマを経験することが研究で示されています。

Gonsalves氏は話します。

「この論文では、健全な社会の基盤となる普遍的な人権という考えが、単なる社会現象ではなく、深く実証的で科学的なものであることを示すことができました。科学的研究と確固たる証拠を普遍的人権に適用することで、なぜこれらの権利が世界中で守られ、尊重されなければならないのかを示すことができます。」

ホワイト氏は3年前、ブリティッシュ・アカデミーとケンブリッジ大学の客員国際研究員を務めていたときに、ロンドンで開催された人権会議に招待され、「品格のある神経科学」というアイデアが初めて浮上しました。

国連職員や国際法の専門家が集まる会場で、行動神経科学者はホワイトだけでした。

最初は、自分は参加者ではなく、外部の観察者だと思っていたそうです。

その場にいた多くの人が、世界的に普遍的な権利への忠誠心が失われつつあることを嘆いていました。

彼らは、報道の自由を制裁し、投票権を奪い、民主主義の法律を平気で変更する指導者が増えていることを指摘していましたが、ホワイト氏は、自分には何のアドバイスもできないと感じていました。

ホワイト氏は話します。

「その時、稲妻が走ったのです。私が受けてきたトレーニングのすべてが、このアイデアに関連していたのです。彼らが議論していた非常に複雑な国際法はすべて5つのカテゴリーに分類され、そのすべてが心理学と発達神経科学に基づいていたのです。」

「私は会議の最後に立って、基本的にこの論文のアイデアを説明し、『これはあなたの仕事に役立ちますか』と尋ねました。すると講演者たちは、『そうですね、私たちはこのようなアイデアを考えたことがありませんでしたが、役に立つかもしれませんね』と言ってくれました。」

2020年、COVID-19のパンデミックが七大陸を襲い、アメリカでは政治、人種差別、警察による暴力などをめぐって激しい対立が続いていました。

ホワイト氏は、神経科学と普遍的な権利との接点を探ることが、さらに緊急性を増したと感じていた。

Gonsalves氏もそれに同意しました。

Gonsalves氏は続けます。

「選挙にまつわる騒動、その騒動によって悪化した不平等、そして黒人に対する暴力の増加に何とか対応したいと、腹の中である種の炎を感じていました。人助けをして、より良い社会を作りたいと思っていましたが、これらのアイデアはそれを可能にするものだと思います。科学を使って私たちの共通点と相違点を伝えることができれば、思いやりを促すことに成功すると信じています。」

ホワイト氏は、今回の論文が普遍的な権利法と脳科学の関係を包括的に示すものであると同時に、この研究が、全く異なる研究分野の人々の間にさらなるつながりをもたらすことを期待していると述べています。

脳科学者、社会科学者、法律の専門家、それぞれの分野の専門家が、これまでの常識を覆すような研究成果を得ることができるかもしれません。

ホワイト氏は、「尊厳の神経科学」を理解し、考慮することで、議員や有権者が、一人ひとりに同じ基本的権利を与えると同時に、好きなように生きる余地を与えることの重要性を理解することにもつながると述べています。

例えば、他人の肯定には肯定的に反応し、トラウマには否定的に反応するなど、すべての人間の脳は大まかには似たような働きをするのは事実だと彼女は言います。

しかし、脳には可塑性があり、経験したことや観察した環境に応じて発達し、新しい経験や風景の変化に応じて適応していきます。

そのため、2つの脳、ひいては2人の人間は全く同じではありません。

ホワイト氏は説明します。

「私が得たものは、次のようなものでした。人は、自分と同じであり、自分と違うからこそ、尊敬に値するのです。私たちは皆、共通のニーズを持っており、そのニーズが満たされれば、私たちは繁栄することができます。しかし同時に、私たちは皆ユニークな存在であるため、それぞれが主体性を発揮するスペースを確保する必要があります。」

本研究は、英国アカデミー国際客員研究員(BA #VF1-102524)、ケンブリッジ大学クレア・ホール国際客員研究員、ブラウン大学カーニー脳科学研究所のZimmerman Fund for Scientific Innovation Awards in Brain Scienceの支援を受けて行われました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「尊厳神経科学」という、脳科学に基づいた人権

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)