ワインやチーズや羊肉は、後年の認知能力を改善する

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ワインやチーズや羊肉は、後年の認知能力を改善する

アイオワ州立大学の研究チームが、特定の食品を後年の認知力に結び付ける初めての大規模分析を行いました。

研究チームは、チーズとワインの摂取は、高齢者の認知能力の改善に関連している等の分析結果を挙げました。

The foods we eat may have a direct impact on our cognitive acuity in our later years. This is the key finding of an Iowa State University research study spotlighted in an article published in the November 2020 issue of the Journal of Alzheimer’s Disease.

参照元:https://www.research.iastate.edu/news/isu-study-indicates-diet-may-help-reduce-cognitive-decline/
– アイオワ州立大学 Iowa State University. 12.9.2020 –

私たちが食べる食べ物は、晩年の私たちの認知力に直接影響を与える可能性があります。

これは、Journal of Alzheimer’sDiseaseの2020年11月号に掲載された記事で脚光を浴びているアイオワ州立大学の調査研究の重要な発見です。

この研究は、主任研究員である食品科学と人間栄養学の助教授であるAuriel Willette氏と、アイオワ州立大学の食品科学と人間栄養学部で働く神経科学博士課程の候補者であるBrandonKlinedinst氏によって主導されました。

この研究は、特定の食品を後年の認知力に結び付ける、この種では初めての大規模分析です。

Willette氏、Klinedinst氏とそのチームは、大規模な生物医学データベースであり、以下を含む研究リソースであるUK Biobankを通じて、英国の1,787人の高齢者(調査の完了時に46歳から77歳)から収集されたデータを分析しました。

50万人の英国の参加者からの詳細な遺伝および健康情報です。

このデータベースは、世界で最も一般的で生命を脅かす病気の重要な研究を行う承認された研究者がグローバルにアクセスできます。

参加者は、ベースライン(2006年から2010年の間に編集)でタッチスクリーン質問票の一部として流動性知能テスト(FIT)を完了し、次に2つのフォローアップ評価(2012年から2013年と2015年から2016年の間に実施)で完了しました。

FIT分析は、「その場で考える」個人の能力のインタイムスナップショットを提供します。

参加者はまた、ベースライン時と2回のフォローアップ評価を通じて、食事とアルコールの消費に関する質問に回答しました。

食品頻度アンケートでは、参加者に、新鮮な果物、ドライフルーツ、生野菜とサラダ、調理済み野菜、油性魚、赤身の魚、加工肉、鶏肉、牛肉、子羊、豚肉、チーズ、パン、シリアル、紅茶、コーヒー、ビールとサイダー、赤ワイン、白ワインとシャンペーンとリキュールの摂取量について尋ねました。

この研究から得られた最も重要な4つの発見は次のとおりです。

  • チーズは、人生の後半でさえ、加齢に伴う認知問題に対して最も保護的な食品であることがはるかに示されました。
  • アルコール、特に赤ワインの毎日の消費は、認知機能の改善に関連していました。
  • 子羊の毎週の摂取は、他の赤身の肉ではなく、長期的な認知能力を改善することが示されました。
  • そして塩分の過剰摂取は悪いことですが、アルツハイマー病のリスクがすでにある個人だけが、長期にわたる認知問題を回避するために摂取量を監視する必要があるかもしれません。

ウィレット氏は話します。

「私たちの結果が、責任を持ってチーズを食べ、赤ワインを毎日飲むことが、現在のCOVID-19のパンデミックに対処するのに役立つだけでなく、減速することは決してないように思われます。ますます複雑化する世界にも対処できることを示唆していることを嬉しく思います。」

「 これが裕福な人々が食べたり飲んだりすることによるものかどうかを考慮に入れましたが、食事を簡単に変更することが脳に大きな助けになるかどうかを判断するには、ランダム化臨床試験が必要です。」

Klinedinst氏は補足します。

「あなたが持っている遺伝的要因によっては、アルツハイマー病の影響からより保護されているように見える人もいれば、より大きなリスクにさらされているように見える人もいます。」

「おそらく、私たちが探している特効薬は、私たちの食事の仕方を改善することです。それが何を伴うのかを知ることは、アルツハイマー病の理解を深め、この病気を逆の軌道に乗せることに貢献します。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » ワインやチーズや羊肉は、後年の認知能力を改善する