不老長寿化合物レスベラトロールの抗炎症作用に関する受容体を発見

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

不老長寿化合物レスベラトロールの抗炎症作用に関する受容体を発見

ミュンヘン工科大学のライプニッツ食品システム生物学研究所とウィーン大学の生理学化学研究所による共同研究チームにより、レスベラトロールの抗炎症作用に、苦味受容体TAS2R50がこの効果に関与していることが判明しました。

Bitter food ingredients not only influence the taste of a food, but often also exert other physiological effects. For example, resveratrol not only tastes bitter, but also reduces biomarkers of inflammation as shown in various clinical trials including, e.g., patients with metabolic syndrome and related disorders. No research group had yet investigated whether bitter receptors also play a role in this.

参照元:https://www.leibniz-lsb.de/en/press-public-relations/translate-to-englisch-pressemitteilungen/pm-20210302-pressemitteilung-resveratrol/
– Leibniz-Institut für Lebensmittel-Systembiologie an der Technischen Universität München. March 02, 2021 –

レスベラトロールは、主に赤ブドウとイタドリに含まれる植物性化合物です。

その合成変異体は、2016年からEUで食品成分として承認されています。

少なくとも細胞ベースの試験システムでは、この物質は抗炎症作用を持っています。

ミュンヘン工科大学のライプニッツ食品システム生物学研究所とウィーン大学の生理学化学研究所による最近の共同研究により、苦味受容体TAS2R50がこの効果に関与していることが示されました。

Veronika Somoza氏が率いる科学者のチームは、その結果をJournal of Agricultural and FoodChemistryに発表しました。

苦い食品成分は、食品の味に影響を与えるだけでなく、他の生理学的効果も発揮することがよくあります。

たとえば、レスベラトロールは苦味があるだけでなく、メタボリックシンドロームや関連障害のある患者などのさまざまな臨床試験で示されているように、炎症のバイオマーカーを減らします。

苦い受容体もこれに関与しているかどうかを調査した研究グループはまだありません。

この質問を調査するために、ヴェロニカ・ソモザが率いるチームは、歯茎生検に由来するヒト細胞株で実験を行いました。

この細胞株の細胞は、苦い物質、苦い受容体、および炎症マーカーの放出の間の相互作用を調査するための適切なテストシステムです。

チームが初めて示したように、これらの細胞は活性な苦味受容体遺伝子を持っており、免疫能もあります。

つまり、細胞が歯肉の炎症を引き起こす細菌からの表面抗原で処理されると、それらは定量可能な量の炎症マーカーであるインターロイキン-6を放出します。

レスベラトロールは炎症マーカーを減らします

現在の研究では、レスベラトロールは放出される炎症マーカーの量を約80パーセント減少させました。

苦味マスキング物質ホモエリオジクチオールの追加投与は、この抗炎症効果を約17パーセント減少させました。

ソモザ、ウィーンの生理学化学研究所の副所長、フライジンクのライプニッツ研究所の所長ヴェロニカ氏は説明します。

「ホモエリオジクチオールは、特定の苦味受容体を介して食品成分の苦味を軽減することが示されている天然物質であるため、これは注目に値します。これらの受容体には、テストシステムの細胞によっても発現される苦味受容体TAS2R50が含まれます。」

研究者によって実行された追加のノックダウン実験、およびコンピューター支援の構造機能分析は、この発見を裏付けています。

ヴェロニカ氏は続けます。

「もちろん、まだやるべきことはたくさんあります。それでも、この研究結果は、苦味のある食品成分、苦い受容体、免疫応答の間の分子相互作用を解明するのに役立つ新しい洞察をすでに提供しています。将来的には、苦い物質と苦い受容体が歯周炎などの炎症性歯肉疾患に関して役割を果たすことができるかどうかを知ることもまた刺激的です。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 不老長寿化合物レスベラトロールの抗炎症作用に関する受容体を発見

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)