様々なテーマの問題への取り組みにつながる「ダ・ヴィンチ構想」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

様々なテーマの問題への取り組みにつながる「ダ・ヴィンチ構想」

ケンブリッジ大学とエジンバラ大学の教育研究者たちは、学校のカリキュラムを大幅に変更して、教科をそれぞれ独立して教えるのではなく、芸術や文化などの分野にも力を入れるべきだと主張しています。

In a newly-published study, education researchers from the Universities of Cambridge and Edinburgh argue that there is a compelling case for a drastic shake-up of the school curriculum, so that subjects are no longer taught independently of one another. Instead, they argue that the arts and sciences should ‘teach together’ around real-world problems, and in a manner rooted in pupils’ lived experiences.

参照元:https://www.cam.ac.uk/research/news/teaching-pupils-to-think-like-da-vinci-will-help-them-to-take-on-climate-change
– ケンブリッジ大学 University of Cambridge. 23 Apr 2021 –

気候変動や食料安全保障のような共通のテーマを異なる科目で教えるという、教育の根本的な改革が研究者によって提案されています。

研究者は、これにより子供たちは将来の危機に備えることができると主張しています

ケンブリッジ大学とエジンバラ大学の教育研究者たちは、このたび発表した研究で、学校のカリキュラムを大幅に変更して、教科をそれぞれ独立して教えるのではなく、芸術や文化などの分野にも力を入れるべきだと主張しています。

その代わりに、文系と理系の科目は、実社会の問題に即して、生徒たちの生活体験に根ざした形で「一緒に教える」べきだと主張しています。

このモデルは、レオナルド・ダ・ヴィンチのように分野の垣根を越えてより深い知識を追求したルネサンス期の多能工にヒントを得ています。

同様の「分野横断的」なアプローチは、フィンランドなどの定評ある教育システムですでに採用されています。

このアイデアは、「Teach the Future」という若者向けのキャンペーンが、気候変動を教えるために教科の壁を取り払おうと呼びかけていることにも通じるものがあります。

学術誌「Curriculum Perspectives」に掲載された論文では、最近行われた2つのプロジェクトで、教科の垣根を取り払った教え方をしたところ、生徒たちが恩恵を受けたという証拠が紹介されています。

1つは、南アフリカの恵まれない環境にいるティーンエイジャーを招いて「数学アートワーク」を作成したもので、このプロジェクトにより、生徒たちは主要な数学の原理に慣れ親しむことができただけでなく、自分たちの生活における数学の関連性についても理解を深めることができたという証拠があります。

2つ目のケーススタディでは、アバディーンの小学生が、校庭で食物を育てることを学んだ後、食糧安全保障と環境保護の問題についてより深い理解を示しました。

ケンブリッジ大学のパム・バーナード教授(芸術・創造・教育学)は話します。

「ダ・ヴィンチが生み出した素晴らしいデザインを見れば、彼が知識を深め、問題を解決するために異なる分野を組み合わせていたことは明らかです。明日の大人たちは、特に気候、持続可能性、地球上の生命の不安定さといった実存的な危機に直面するため、これまでとは異なる方法で問題を解決しなければならないからです。」

エジンバラ大学教育・スポーツ学部のローラ・コルッチ・グレイ博士は話します。

「これらの問題の本質は、知識に対する根本的に異なるアプローチを必要としています。私たちが提案しているのは、子どもたちがただ「与えられる」ものとしてのカリキュラムの考え方から、子どもたちの人生を決定づけるような変化に対応するための「作られる」カリキュラムへの移行です。」

この論文は、「STEAM」教育と呼ばれる新しい分野に貢献しています。

これは、経済の関連分野における決定的なスキルギャップに対応するために、STEM科目(科学、技術、工学、数学)の履修を奨励する国の試みに、芸術の「A」を再導入しようとするものです。

教育関係者の中には、STEMを重視するあまり、他の科目が軽視されているのではないか、芸術分野も社会が必要としている問題解決能力を提供する強力なツールである、と主張する人もいます。

バーナード氏は話します。

「これを教育に反映させるためには、教科を別々に教えるという直線的な考え方から、両者が切り離せない状況へと大きくシフトする必要があります。」

研究者たちが提案する代替モデルでは、カリキュラムで設定された一般的な学習目標をどのように達成するかについて、学校に大きな自由を与えることを提案しています。

教師や指導者チームは、環境の持続可能性など、統一された教科横断的なテーマに生徒を引き込む方法について、集団で決定し、実践を共有することになります。

また、スペースやリソースを想像力豊かに活用したり、学校と地域社会との連携を密にして、学習を教室外での生徒の生活体験に結びつけることも必要になるだろうと付け加えています。

学際的なアプローチが生徒たちの主要なスキルの習得を促進するという証拠も出てきています。

この研究で引用されている数学アートワークプロジェクトでは、南アフリカの生徒たちが、数学と身の回りの世界との関連性を示すアートを作成するよう求められました。

113点の応募作品を分析した結果、生徒たちは、測定、比率と割合、幾何学などの原理を作品に応用していました。

しかし、研究者たちは、参加者が従来の授業ではほとんど見られなかったレベルで数学の意味を深く理解していることも発見しました。

特に16歳の男子生徒の作品は、「The Stressed Vitruvian Man」というタイトルで、ダ・ヴィンチの「The Vitruvian Man」をモチーフにしています。

ダ・ヴィンチと同様、この作品は人体のプロポーションを研究したものであるが、同時に、数学の原理だけで社会を作ることの可能性と危険性についてもコメントしています。

同様に、アバディーンの小学生は、学校内の小さな土地に責任を持つ機会を与えられたことで、食料生産や天然資源管理などの問題について理解を深めました。

研究者たちは、植物の生存が、理科の授業で習った抽象的な概念ではなく、生徒たちにとって身近なものになったことを発見しました。

また、スペースが限られている中で、いかにして十分な食料を生産するかなど、理科の授業ではあまり取り上げられない、倫理的な課題も紹介されました。

研究者たちはまとめます。

「学際的に教育を再構築しようとすると、子どもたちの達成度の測定方法を変えなければなりません。それには、子どもたちが何を知っているかだけではなく、どのように考えを内包しているか、何を表現しているかを測定するテストシステムが必要です。」

バーナード氏は話します。

「違和感を覚える人もいるかもしれませんが、教育が将来の若者に備えるためには、このような急進的な考え方が必要なのです。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 様々なテーマの問題への取り組みにつながる「ダ・ヴィンチ構想」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)