芸術と科学では、どちらがより創造的か

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

芸術と科学では、どちらがより創造的か

創造を要する作業として即座に頭に浮かぶのが、芸術なのか科学なのか、南オーストラリア大学の研究で2277人に調査した結果が公表されました。技術が先なのか創造が先なのかの論争は跡を絶ちませんが、昨今の技術革新が後押ししてか、どうやら芸術ではなく技術についても創造性を要する分野であるという認識が学生層の間にはあるかもしれません。

Conducted in partnership with visiting PhD researcher Kim van Broekhoven from Maastricht University in the Netherlands, the research explores the nature of creativity in determining if specific differences exist between creativity in the sciences and creativity in the arts.The researchers found that creativity in science, technology, engineering and mathematics (STEM) is very similar to creativity in the arts, indicating that a holistic approach to teaching creativity in schools and universities, would benefit all.

参照元:https://www.unisa.edu.au/Media-Centre/Releases/2020/which-is-more-creative-the-arts-or-the-sciences/

創造性と革新の国際的な専門家であるUniSAのDavidCropley教授は、オーストラリアの学校や大学に創造性を教えることに重点を置くよう求めています。

南オーストラリア大学の研究によると、創造性はすべての分野にわたるコアコンピタンスであり、将来の仕事の成功を確実にするために重要です。

この研究は、オランダのマーストリヒト大学の客員博士研究者であるキム・ファン・ブローホーフェンと共同で実施されました。

科学における創造性と、芸術における創造性の間に、特定の違いが存在するかどうかを判断する際の創造性の性質を調査したものです。

研究者たちは、科学、技術、工学、数学(STEM)の創造性が、芸術の創造性と非常に似ていることを発見し、学校や大学で創造性を教えるための全体的なアプローチがすべての人に利益をもたらすことを示しています。

UniSAのDavidCropley教授は、この研究は、教育システムが学生の創造力をどのように評価し、育成するかについての貴重な洞察を提供すると述べています。

「教育システムの大きな変化は、創造性を教えるためのかなり断片的で無計画なアプローチから、はるかに全体的で統合されたアプローチに移行することです。」

「次世代に備えるためには、市場のギャップ、つまりコンピューター、人工知能、自動化では達成できない人間のスキルを理解する必要があります。これが創造性に適した場所です。」

「この研究まで、STEMの創造性が何かの創造性と同じであるのか、それともSTEMの創造性に独自の何かがあるのか​​はわかりませんでした。」

「STEMの創造性が異なる場合、つまり、特別な態度や能力が必要でした。結局のところ、創造性は本質的に一般的です。それは本質的に、同じような態度、気質、スキル、知識を含む多面的な能力であり、すべてある状況から別の状況に移すことができます。」

「つまり、芸術、数学、工学のいずれの分野であっても、新しいアイデアへの開放性、発散的な考え方、柔軟性の感覚を共有することになります。これは教師にとって素晴らしいニュースです。」

「教師は、STEMであろうと芸術ベースであろうと、すべての生徒の利益のために、カリキュラム全体で高められたレベルの創造性を自信を持って受け入れ、統合することができます。」

この研究では、17〜37歳の2277人のドイツの学部生(2147人が科学、技術、工学、数学(STEM)コースに在籍、130人が芸術コースに在籍)を調査し、自己表現の思考と認識の点で創造性がどのように異なるかを調査しました。

2020年、世界経済フォーラムは、創造性が将来の仕事において人工知能と同じくらい重要であると特定しました。

DavidCropley教授は現在、ジーロンググラマースクール(VIC)、トリニティカレッジ(SA)、グレナンガインターナショナルハイスクール(SA)と協力して、学校に創造性をさらに組み込んでいます。

ジーロンググラマースクールのクリエイティブ教育センターの創造性とイノベーションのコーディネーターであるティムパットストン博士は、デジタル世界における創造性の重要性を過小評価することはできないと述べています

「21世紀の学生は、学校を卒業するときに、継続教育やキャリアで利用できる驚くほど多様な可能性を受け入れる必要があります。」

「また、すべての学生が独自の道を切り開く一方で、創造性を受け入れる強固で共通の基盤が不可欠です。南オーストラリア大学と協力して、私たちは学生が成功するだけでなく繁栄することを確実にするためのコアコンピテンシーとして創造性を真に受け入れることができました。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 学習 » 芸術と科学では、どちらがより創造的か