「柔軟で弾力性のある対応が可能」生物系を模倣した多様なサプライチェーン

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「柔軟で弾力性のある対応が可能」生物系を模倣した多様なサプライチェーン

生物系を模倣した多様なサプライチェーン(資源調達から販売までの一連の流れ)は、不測の事態にも柔軟で弾力性のある対応が可能のようです。

“This is why ecological theory is so important — if we have diverse supply chains that mimic ecological systems, they can more readily adapt to unforeseeable shocks,” Ruddell said.

参照元:https://news.nau.edu/nature-supply-chain-shocks/#.YOgBmvkzZPZ
– 北アリゾナ大学 Northern Arizona University. JUL 7, 2021 –

Nature誌に掲載された新しい論文では、自然の生態系が米国のサプライチェーンと並行している様子や、米国の都市がサプライチェーンを強化するためにこれらのツールをどのように利用できるかが説明されています。

この論文「Supply chain diversity buffers cities against food shocks」は、FEWSIONプロジェクトのディレクターであり、北アリゾナ大学Informatics, Computing, and Cyber Systems学部のBenjamin Ruddell氏と、SICCSの助教授であるRichard Rushforth氏が、ペンシルバニア州立大学のFEWSIONプロジェクト研究者と共同で執筆したものです。

FEWSIONは、NSFが資金提供しているコラボレーションで、包括的なデータマッピングを用いて、食料、水、エネルギーの国内サプライチェーンを郡レベルまで監視しています。

今回の研究では、サプライチェーン内の多様性の重要性に着目し、サプライチェーンショックによる破壊的な混乱を軽減することを目的としています。

サプライチェーンは、自然の生態系における食物網のようなもので、生物多様性があるからこそ、混乱の中でも適応できるのです。

この例えは、特に「ブラックスワン」と呼ばれる予測不可能で防御が困難な事象を考える上で、非常に有益であることがわかりました。

そして、このような事象に対しては、予防ではなく適応が主な防御手段となります。

Ruddell氏は話します。

「生態系を模した多様なサプライチェーンがあれば、予測できないショックにも容易に適応できるからです。この自然からヒントを得たデザインを利用して、より弾力性のあるサプライチェーンを作ることができるのです。」

本研究では、米国の都市の食料フローデータの履歴を調べ、都市の食料サプライチェーンの多様性がショックに対する都市の食料供給の回復力を説明するかどうかを問いました。

その結果、都市のサプライチェーンの多様性が、米国の都市で歴史的に観測された食料供給ショックの強度、期間、頻度の90%以上を説明することがわかりました。

このモデルは、ショックの原因にかかわらず機能しました。Ruddell氏は、これは非常に重要かつ実用的なことだと述べています。

Ruddell氏は続けます。

「都市のサプライチェーンの回復力を高める政策のための、シンプルで効果的な数学的根拠が得られました。今後、この発見が他の種類のサプライチェーンにどの程度当てはまるかが明らかになるでしょう。この発見が他の種類のサプライチェーンにも当てはまるかどうかは、今後数年で明らかになるでしょう。家計や国、電力、その他のサプライチェーンにも当てはまりますか?電気?電気や通信にも当てはまるでしょうか?」

この実用的な解決策は、地域社会が回復力のあるサプライチェーンとより良いサプライチェーン政策を開発することにつながります。

今日の経済状況では特に重要です。

米国ではこの1年半の間に、世界的なCOVID-19サプライチェーンの危機、コロニアル・パイプラインとJBS食肉加工のランサムウェア攻撃、スエズ運河の封鎖、フロリダ州の水道のハッキング、ERCOTの電力と水の供給停止など、重要なサプライチェーンに対する深刻な脅威が全国的に発生しています。

また、いくつかの主要港がしばしば有害な暴風雨の直撃を受けるため、米国がハリケーンシーズンに向かう中、重要な意味を持っています。

さらに、国際的な出来事により、数十年の間にサプライチェーンが弱体化しました。

サプライチェーンのグローバル化により、アジアの製造業者への依存度が高まり、ジャストインタイムの製造・流通により在庫が減少し、世界的な価格競争により1つまたは2つの巨大な製造業者に生産が集中しています。

バイデン政権は、サプライチェーン・レジリエンスを重要な課題と認識し、国家的な目標を設定しています。

Ruddell氏は、これは正しい方向への一歩だと述べていますが、災害に備えるためには、地域社会が積極的にサプライチェーンを強化することも可能です。

Ruddell氏は話します。

「今回の発見は、データサイエンス、ネットワーク理論、生態学的に着想された(あるいは自然に基づく)レジリエンス思考の知的統合にとっても有望であり、この実用的なブレークスルーをもたらした基礎研究へのさらなる投資を主張しています。この手法は、重要なサプライチェーンのセキュリティに関する連邦政府の新しい規制を支えるものであり、私たちの経済をより安全で回復力のあるものにするために利用することができます。この方法は、重要なサプライチェーンのセキュリティに関する連邦政府の新しい規制の基盤となり、私たちの経済をより安全で弾力性のあるものにします。確かな科学に基づくレジリエンスは、予測不可能な21世紀のための優れた政策です。」

ご興味のある方は、FEWSIONプロジェクトのウェブサイトをご覧いただき、米国の都市のサプライチェーンの多様性と回復力をマッピングしたFEW-Viewツールをご利用ください。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「柔軟で弾力性のある対応が可能」生物系を模倣した多様なサプライチェーン

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)