大麻が独創的で実現不可能なアイデアを創出するという実験結果

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

大麻が独創的で実現不可能なアイデアを創出するという実験結果

  • 執筆当時2021年1月28日当時、大麻は日本国において「大麻取締法」において規制されています。
  • 本記事に記載されている論文の実験は、大麻の使用が一部合法である地域において行われています。
  • 本記事は、大麻の使用・栽培・所持・譲渡・輸出入について推奨・制止の意図はありません。

ワシントン州立大学のワーニック助教授率いる国際的研究チームが、大麻が起業家に与える影響について調査しました。大麻を使用する起業家は、大麻を使用しない起業家と比較して、より独創的でありながら実現可能性の低いビジネスアイデアを生み出しました。

“Originality and feasibility are both crucial in entrepreneurship—one without the other limits potential value creation,” said Benjamin Warnick, lead author of the study and assistant professor in the Department of Management, Information Systems and Entrepreneurship at the WSU Carson College of Business.

参照元:https://news.wsu.edu/2021/01/26/cannabis-use-helps-hurts-entrepreneurial-creativity/
– ワシントン州立大学 Washington State University. January 26, 2021 –

概要:

  • 大麻が、新しいビジネスアイデアを創出する起業家にどのような影響を及ぼすか調査
  • 実験では254人の起業家が参加
  • 起業家たちは、バーチャルリアリティテクノロジー新ビジネスの、可能な限り多くのアイデアを創出
  • 次に、起業家は、彼らのビジネス経験の範囲、起業家精神への情熱、大麻の使用パターンの質問に回答
  • 大麻使用者は、過去1か月間に平均20回近く薬物を使用したと報告
  • さらに、専門家のパネルが、各起業家が最高と特定したアイデアの独創性と実現可能性を評価
  • 研究チームは、起業家たちを大麻使用者と非使用者に分類
  • 新しいビジネスアイデアを探求することに比較的強い情熱を持っていると報告した起業家はそうでないユーザーと比較してビジネスアイデアの独創性が高まり実現可能性が低下する事を発見
  • 大麻を使用し、複数の事業を設立した経験のある起業家には、この傾向は見られなかった
  • 慢性的な大麻使用の認知効果は、衝動性の増加や自由な発想の傾向を含め、最大1か月継続する

ワシントン州立大学の研究者によるJournalof Business Venturingの研究によると、起業家が新しいビジネスのアイデアを思いついたとき、大麻の使用は彼らの創造性を助け、妨げる可能性があります。

調査によると、大麻を使用する起業家は、大麻を使用しない起業家と比較して、無重力で重力のないバーチャルリアリティトレーニングなど、より独創的でありながら実現可能性の低い新しいビジネスアイデアを生み出しました。

研究の筆頭著者であり、WSUカーソンビジネスカレッジの経営情報システムおよび起業家精神学部の助教授であるベンジャミンワーニック氏は話します。

「オリジナリティと実現可能性はどちらも起業家精神において非常に重要です。一方が潜在的な価値創造を制限することはありません。」

ワーニック氏らは、新しいビジネスアイデアを探求することに比較的強い情熱を持っていると報告した起業家にのみ、非ユーザーと比較して大麻ユーザーのビジネスアイデアの独創性が高まり実現可能性が低下することを発見しました。

大麻を使用し、複数の事業を設立した経験のある起業家には、この効果は見られませんでした。

この研究では、ワーニック氏は、カーソンビジネスカレッジの起業家精神の助教授であるアレクサンダーキア氏、心理学の助教授であるキャリーカトラー氏、最近のWSU心理学博士号であるエミリーラフランス氏を含むWSU研究者のチームを率いました。

調査に参加した254人の起業家は、新しいベンチャーアイデアのタスクを完了し、バーチャルリアリティテクノロジーに基づいて、新しいビジネスのために可能な限り多くのアイデアを生み出しました。

起業家はまた、彼らのビジネス経験の範囲、起業家精神への情熱、大麻の使用パターンについての質問に答えました。

次に、専門家のパネルが、各起業家が最高と特定したアイデアの独創性と実現可能性を評価しました。

彼らの研究の目的のために、研究者たちは起業家を大麻使用者と非使用者に分けました。

大麻使用者は、過去1か月間に平均20回近く薬物を使用したと報告しました。

WSUの科学者の仕事は、最終的には、起業家やビジネスコミュニティが、大麻の使用がベンチャー創出プロセスに有益か不利益かを判断するのに役立つ可能性があります。

ワーニック氏は話します。

「これは、あらゆる種類の薬物使用が新しいビジネスのアイデアにどのように影響するかを調べた最初の研究です。しかし、この分野ではまだ探求すべきことがたくさんあります。」

ワーニック氏は、慢性的な大麻使用の認知効果は、衝動性の増加や自由な発想の傾向を含め、最大1か月続くことが示されていると述べました。

現在の研究の結果は、大麻使用者が実験時に高いと報告したかどうかを示しましたが、著者は、ランダム化された実験を通じて、高いことが起業家の創造性にどのように影響するかを検討するための将来の研究を求めています。

研究の結果は、マリファナの使用の効果がベンチャーアイデアプロセスの初期のブレインストーミング段階でいくつかの利点をもたらす可能性があることを示唆していますが、研究者は、新しい会社を成功させるために現実に創造性を根付かせることの重要性を強調しました。

キアー氏は話します。

「私たちの結果は、大麻を使用する起業家が、彼らのアイデアの実現可能性を開発するために非ユーザーの洞察から利益を得るかもしれないことを示唆しています。これは、新しいアイデアを思いつくことに非常に興奮する傾向がある、または新しいビジネスを立ち上げた経験があまりない大麻ユーザーに特に当てはまる可能性があります。」

大麻の合法化が全国的に続いており、麻薬の汚名が薄れるにつれて、研究者たちは彼らの研究が起業家の間での大麻使用の影響のより明確な絵を描くのに役立つことを望んでいます。

ワーニック氏は話します。

「明らかに、さらに調査するに値する大麻の使用には賛否両論があります。大麻の合法化の波が全国的に続いているので、私たちは起業家精神だけでなく他のビジネス分野でも大麻の実際の効果に光を当てる必要があります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 大麻が独創的で実現不可能なアイデアを創出するという実験結果