2年は普及しない?「カテゴリーイノベーション戦略」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

2年は普及しない?「カテゴリーイノベーション戦略」

ソフトウェア業界は他者競合に差をつけるために、新しいラベルを開発することがあります。
新しいラベルにとってのラベルキングになることが、会社にとって有益であると研究者は述べます。

Companies in the software industry, where novel ideas are prized, use linguistic tactics to develop new labels for their innovations to stay ahead of competitors.

参照元:https://www.ucdavis.edu/news/labeling-language-key-success-software-company-innovations-research-suggests
– カリフォルニア大学デービス校 University of California Davis. March 10, 2022 –

ソフトウェア会社のイノベーションを成功させる鍵はラベリングにあり
カテゴリーイノベーション」という戦略

斬新なアイデアが珍重されるソフトウェア業界の企業は、競合他社に差をつけるために言語的な戦術を駆使し、イノベーションのための新しいラベルを開発しています。

カリフォルニア大学デービス校の研究によると、「新しく、異なる」ことを示す言葉を使うことは、成功のための重要な手段であることが示唆されています。

1990年から2002年までの調査期間中、「プラットフォーム」や「サプライチェーンマネジメント」といった、現在では確立された市場カテゴリーに属する言葉やフレーズが、カテゴリーのイノベーションに含まれていました。

この研究の著者であるカリフォルニア大学デービス校経営大学院のElizabeth George Pontikes氏は話します。

Pontikes氏:カテゴリー・イノベーションを行った企業とIPOの可能性の間には関連があり、カテゴリー・イノベーションが成功する企業戦略の一部であることを示唆している。

この論文は、2022年1月にStrategic Management Journalに掲載されたものです。

Pontikes氏は、12年間に4,000社以上のソフトウェア企業がイノベーションに関するニュースリリースで使用した400以上のラベルを調査しました。

また、ソフトウェア業界の12人の経営者とベンチャーキャピタリストにインタビューを行いました。

この研究で定義されたカテゴリー・イノベーションとは、企業が自分たちのいる市場を表現するために新しいカテゴリー・ラベルを主張することです。

企業は、ライバルとの差別化を図るため、あるいは市場のリーダー、さらには「カテゴリーキング」になるために、このような行動をとることがあります。

この研究のためにインタビューに応じたある経営者は、たとえば「タグ・マネジメント」ラベルについて、「超革新的ではなかったが、ラベルをつけたのだから…我々が考えていた戦略的な方法だった」と述べています。

この調査によると、分析したラベルの75%は、新しいラベルができた当初、最初の2年間は1社か2社しか使用していませんでした。

この時期は、従来、イノベーションが市場を形成しているかどうかさえ判断するのが難しい時期でした。

これらのラベルは、イノベーションの2年目まで普及しないことが、この調査で明らかになりました。

企業は、あまり知られていない用語を借用して転用したり、他の企業がそのラベルを主張していることに気づかずに、カテゴリーイノベーションを行うことがあると、Pontikes氏は述べています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 2年は普及しない?「カテゴリーイノベーション戦略」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)