学校を特定するスキーム「子供の成長を妨げる鉛レベル」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

学校を特定するスキーム「子供の成長を妨げる鉛レベル」

鉛は成長と発達を妨げる可能性があるため、子どもは特に影響を受けやすいといえます。
鉛レベルが問題となりそうな学校を特定する新しい方法が、研究されています。

In a new study in ACS’ Environmental Science & Technology Letters, researchers used real-world data to determine an approach for identifying schools likely to have problematic lead levels.

参照元:https://www.acs.org/content/acs/en/pressroom/newsreleases/2021/december/identifying-schools-with-high-lead-levels-in-drinking-water.html
– アメリカ化学会 American Chemical Society. December 15, 2021 –

鉛の摂取は誰にとっても健康上の問題を引き起こす可能性がありますが、鉛は成長と発達を妨げる可能性があるため、子どもは特に影響を受けやすいといえます。

水道局は間もなく学校の水道水中の鉛濃度を測定することが義務付けられますが、この測定値をどう解釈すべきかは明らかではありません。

ACSのEnvironmental Science & Technology Lettersに掲載された新しい研究で、研究者は実際のデータを使って、鉛レベルが問題となりそうな学校を特定する方法を決定しました。

特定の状況下では、パイプや蛇口などの配管システムの部品が、運んでいる水に鉛を放出する可能性があります。

そのため、米国環境保護庁は最近、学校における鉛の検査に関する規則を改定する計画を立てました。

この改正により、水道局は学校から採取した5つのサンプルをもとに、鉛の含有量を検査することが義務づけられます。

しかし、建物の水中に現れる鉛の量は変動する可能性があるため、この方法では問題のあるレベルの学校を正確に検出できないのではないかと懸念する研究者もいます。

ケルシー・ピーパーの研究チームは、この問題を詳しく調べ、たった5つのサンプルでリスクのある学校を特定できるかどうかを確かめたいと考えました。

研究者たちは、マサチューセッツ州の1,094校から採取された47,727個の鉛の測定値を分析しました。

その結果、噴水や蛇口などの器具の12%から、鉛の濃度が15ppb(州が器具の停止を要求する閾値)以上であることが判明しました。

このような問題のある器具は、一様に分布しているわけではありません。

90%が34%の学校に設置されていました。

さらに研究チームは、1棟あたり平均44個のサンプルを使って、学校を鉛濃度の低い学校と高い学校に分類しました。

そして、たった5つの測定値で同じ分類をする2つの方法を試し、その結果を全データセットから得られた結果と比較して検証しました。

1つ目は、5つのサンプルのうち5ppb以上のものがいくつあるかを数えただけで、2つ目は、統計分析を使って5つのサンプルをまとめて点数化したものです。

この2つのアプローチを組み合わせることで、鉛濃度の上昇リスクが低い学校と上昇リスクの高い学校を最も正確に特定できることがわかりました。

この方法では、1ppbという低い閾値に基づいて学校を分類することはできませんでした。

この制限にもかかわらず、研究者らは、この2つの方法で分析すれば、5つのサンプルを使って鉛汚染の改善活動の優先順位を決めることができることを確認できたとしています。

著者らは、米国環境保護庁とノースイースタン大学からの資金提供を謝辞として述べています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 技術 » 学校を特定するスキーム「子供の成長を妨げる鉛レベル」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)