パンデミック下の仕事の悪影響から従業員を守る方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

パンデミック下の仕事の悪影響から従業員を守る方法

「サイコロジカル・キャピタル」(サイキャップ、自己効力感、楽観主義、希望、回復力などで特徴づけられるポジティブな心の状態)が、パンデミック下での仕事の悪影響から従業員を守る事につながるようです。

Just like the COVID-19 vaccine protects against contracting the contagious virus, the collective elements of self-efficacy, optimism, hope and resiliency helps inoculate employees from the negative effects of working through a pandemic

参照元:https://wvutoday.wvu.edu/stories/2021/08/24/psychological-capital-may-be-the-antidote-for-working-in-a-pandemic-wvu-study-suggests
– ウェストバージニア大学 West Virginia University.  August 24, 2021 –

ウェストバージニア大学の研究によると、COVID-19ワクチンが伝染性ウイルスの感染を防ぐように、自己効力感、楽観主義、希望、回復力の要素を集約することで、パンデミックの中で仕事をする際の悪影響から従業員を守ることができるとのことです。

経営学の教授であるJeffery Houghton氏は、2020年初頭にCOVID-19によって世界が劇的に変化する前に、大学生が適応的行動(運動、瞑想、SNSなど)と不適応的行動(暴飲暴食、薬物乱用、ネガティブな思考など)によってどのようにストレスに対処するかを研究していました。

そこで彼は、パンデミックの中で働く人々に焦点を移すことを思いつきました。

同じ屋根の下で寝食を共にし、中には家庭教師や子育てをしている人もいる中で、人々はどのように仕事をこなしているのでしょうか?

博士は、博士課程の学生であるリチャード・オキサラートとルーク・ラングリナイスの2人とソールズベリー大学の研究者と協力して、「サイコロジカル・キャピタル」(サイキャップ、心理学の世界では自己効力感、楽観主義、希望、回復力などで特徴づけられるポジティブな心の状態)が従業員にどのような影響を与えるかを調べました。

International Journal of Workplace Health Management」に掲載されたこの結果は、まったくの驚きではありません。

サイキャップの特性に遅れをとっている人は、不適応な行動に走り、高いストレス認識を示していたのです。

Houghton氏は話します。

「適応的に対処していれば、ストレスは少なくて済みます。サイキャップが低ければ、不適応な対処をする可能性が高く、それはさらに大きなストレスにつながります。」

「私たちは、自宅で仕事をしている場合に、これらの力学がどのように変化するかを調べました。私たちは、自宅で仕事をすることで、不適応な対処がストレスに与える影響が大きくなると考えました。」

そして、彼らの研究によると、その通りになりました。

適応的な対処法に頼っていた労働者の方が良い結果を出しましたが、Houghton氏は彼らのストレスレベルはもっと低かっただろうと予想しています。

Houghton氏は話します。

「サイキャップと適応的な対処法の間には、依然として強い正の関係があります。しかし、家で仕事をしている人にとっては、それがストレスに影響を与えていないようです。これは興味深いことであり、家庭内にさらなるストレス要因があるからかもしれません。」

「結局のところ、サイキャップは、適応的な対処を増やすのではなく、不適応的な対処を減らすことで効果を発揮する傾向があります。」

Houghton氏のチームは、多くの人がまだリモートで働いていた2020年5月の第1週に、378人のフルタイム従業員を対象に調査を行いました。

参加者の平均年齢は35歳で、調査対象者の52%が女性でした。

同時期に発表された米国心理学会の世論調査では、有職者の70%が「仕事が人生の重要なストレス源である」と回答しており、これまでのAPAの調査に比べて大幅に高い割合となっています。

上昇気流の可能性

どこで働いているかにかかわらず、Houghton氏のチームは、多くの人が仕事を人生のストレス要因のひとつと考えていることを明らかにしました。

このような状況を変えるためには、サイキャップトレーニングが有効であるとHoughton氏は言います。

自己効力感、楽観性、希望、回復力という4つの要素は、一つのまとまりとして捉えることができるそうです。

Houghton氏は話します。

「しかし、本当に一つの概念としてまとまっているのでしょうか?研究結果によると、4つの要素をパッケージとして捉えれば、より良い結果が得られることがわかっています。」

「実用的な観点から見ると、比較的安定している性格のようなものとは異なり、サイキャップは可鍛性があると考えられていることが魅力的です。サイキャップは可鍛性があると考えられています。」

Houghton氏は、サイキャップは比較的新しい概念だが、組織には、従業員の幸福と健康を維持するためのトレーニングの提供を検討するよう勧めています。

Houghton氏は話します。

「この認知リソースのレベルを向上させるためのワークショップは、実際に彼らの対処スタイルをより適応的なものにすることができます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » パンデミック下の仕事の悪影響から従業員を守る方法

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)