動くとお腹が減る、は間違い?「激しい運動は脂肪分摂食欲求を抑える可能性」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

動くとお腹が減る、は間違い?「激しい運動は脂肪分摂食欲求を抑える可能性」

動くとお腹が減る!というのは、脳的にはまちがいかもしれません。

In a study that offers hope for human dieters, rats on a 30-day diet who exercised intensely resisted cues for favored, high-fat food pellets.

参照元:https://news.wsu.edu/press-release/2022/04/21/intense-exercise-while-dieting-may-reduce-cravings-for-fatty-food/
– ワシントン州立大学 Washington State University. April 21, 2022 –

ダイエット中の激しい運動は、脂肪分の多い食事への欲求を抑える可能性があります。

人間のダイエッターに希望を与える研究として、30日間のダイエットで激しい運動をしたラットは、好物の高脂肪食のペレットを食べる合図に抵抗した。

この実験は、「渇望の潜伏」として知られる現象に対する抵抗力を調べるために計画されました。

つまり、所望の物質が拒否される時間が長くなるほど、それを求めるシグナルを無視することが難しくなります。

その結果、ラットがペレットを欲しがる度合いを反映し、ペレットに関連する合図に対してどれだけ頑張れるかが、運動によって調節されることが示唆されました。

ワシントン州立大学の生理学と神経科学の研究者であるトラヴィス・ブラウン氏は、さらなる研究が必要ではあるが、この研究は、運動が特定の食品に対する抑制を補うことができることを示しているかもしれない、と語りました。

ダイエットを続ける上で本当に重要なのは、ある程度の脳力、つまり、『いや、それは食べたいかもしれないけど、我慢しよう』と思える力です」と、Obesity誌に発表されたこの研究の筆頭著者であるブラウン氏は述べています。

ブラウン氏:運動は、減量のために肉体的に有益であるだけでなく、不健康な食べ物への欲求をコントロールできるようになるために、精神的にも有益である可能性があります。

実験では、WSUとワイオミング大学のブラウン氏らが、28匹のラットに、レバーを押すとライトが点灯して音が鳴ってから高脂肪のペレットを出すというトレーニングを行いました。

訓練期間終了後、ラットが光と音の合図を得るためだけに何回レバーを押すかをテストした。

次に研究チームは、ラットを2つのグループに分け、一方には高強度のトレッドミル走行を、もう一方には普段の活動以外の運動をさせないようにしました。

どちらのグループも、30日間、高脂肪ペレットを食べられないようにしました。

しかし、今度はレバーを押すときに、光と音の合図を与えるだけにしました。

その結果、運動をしなかったラットは、運動をしたラットに比べてレバーを押す回数が有意に多く、運動によってペレットへの渇望が弱まったことが示されました。

研究チームは今後、この種の渇望に対するさまざまな運動レベルの効果や、運動が不健康な食品への欲求を抑制するために脳内でどのように作用するかを調査する予定であるという。

ブラウン氏は、この研究は斬新であると同時に、「渇望の潜伏」という言葉を最初に定義したチームを率いたWestern Washington大学のJeff Grimmの研究を基礎とし、それを覆す他の方法についても研究してきたと述べています。

ブラウン氏はまた、ミネソタ大学のマリリン・キャロル=サンティの研究でも、運動がコカインに対する渇望を鈍らせることが示されていることを評価しています。

食べ物が麻薬と同じように中毒性を持つかどうかについては、まだ未解決の研究課題です。

すべての食べ物に中毒性があるわけではないようです。

ブラウンが指摘するように、”ブロッコリーをむさぼるように食べる人はいません”。

しかし、人はファストフードの広告など、脂肪や糖分の多い食品を食べるように促す合図に反応するようで、こうした合図はダイエットが長引くほど抵抗しづらくなるのかもしれません。

このようなシグナルを無視する能力も、運動が健康を増進させるもう一つの方法かもしれない、とブラウン氏は述べています。

ブラウン氏:運動は、心臓病、肥満、糖尿病に有効であり、これらの不適応な食品を回避する能力にも有効かもしれません。私たちは、常に魔法の薬を探しているようなものですが、運動は、これらの効果をもたらすものとして、私たちの目の前にあるのです。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 動くとお腹が減る、は間違い?「激しい運動は脂肪分摂食欲求を抑える可能性」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)