「心臓病リスクが低下する」植物性食品を多く食べる

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

「心臓病リスクが低下する」植物性食品を多く食べる

若年成人と閉経後の女性が健康的な植物性食品を多く食べると、心臓発作が少なくなり、心血管疾患になる可能性が低くなるようです。有益な食品(果物、野菜、豆、ナッツ、全粒粉など)を取り、有害な食品摂取を控えるのが肝要です。

Eating more nutritious, plant-based foods is heart-healthy at any age

参照元:https://newsroom.heart.org/news/eating-more-plant-foods-may-lower-heart-disease-risk-in-young-adults-older-women?preview=51c3
– 米国心臓協会 American Heart Association. August 04, 2021 –

栄養価の高い植物性食品を多く摂ることは、年齢にかかわらず心臓の健康に良いことが、米国心臓協会のオープンアクセスジャーナルであるJournal of the American Heart Associationに掲載された2つの研究で明らかになりました。

2つの研究では、健康的な植物性食品の摂取量を異なる尺度で分析し、若年成人と閉経後の女性が健康的な植物性食品を多く食べると、心臓発作が少なくなり、心血管疾患になる可能性が低くなることを発見しました。

米国心臓協会の食生活とライフスタイルに関する推奨事項では、様々な野菜や果物、全粒穀物、低脂肪乳製品、皮を剥いた鶏肉や魚、ナッツ類や豆類、非熱帯性植物油を重視した全体的に健康的な食生活パターンを提案しています。

また、飽和脂肪、トランス脂肪、ナトリウム、赤身の肉、甘いもの、甘い飲み物の摂取を控えるようにしています。

「植物中心の食事と若年から中年にかけての心血管疾患の発症リスク」と題された研究では、植物中心の食事を長期的に摂取することと、若年期から植物中心の食事にシフトすることが、中年期の心血管疾患のリスク低下につながるかどうかを評価しています。

今回の若年層を対象とした研究の筆頭著者であり、ミネアポリスにあるミネソタ大学公衆衛生学部の疫学・地域保健部門の博士研究員であるYuni Choi博士は話します。

「これまでの研究では、単一の栄養素や単一の食品に焦点が当てられていましたが、植物中心の食生活と心血管疾患の長期的なリスクに関するデータはほとんどありません。」

Choi氏らは、CARDIA(Coronary Artery Risk Development in Young Adults)研究に登録した4,946人の成人を対象に、食事と心臓病の発生を調べました。

参加者は、この研究に登録した時点(1985年~1986年)で18歳~30歳であり、その時点で心血管疾患がありませんでした。

参加者には、2,509人の黒人成人と2,437人の白人成人(全体の54.9%が女性)が含まれ、教育レベル(高校以上に相当するものと高校以下のもの)によっても分析されました。

参加者は、1987-88年から2015-16年にかけて、臨床検査、身体測定、病歴、ライフスタイル要因の評価など、8回のフォローアップ検査を受けました。

無作為化比較試験とは異なり、参加者は特定のものを食べるように指示されておらず、食事の指標のスコアも知らされていなかったため、研究者たちは偏りのない長期の習慣的な食事データを収集することができました。

詳細な食歴聴取の後、研究の0年目、7年目、20年目に、46の食品群から構成されるA Priori Diet Quality Score(APDQS)に基づいて、参加者の食生活の質を採点しました。

食品群は、心血管疾患との関連が知られていることに基づいて、有益な食品(果物、野菜、豆、ナッツ、全粒粉など)、有害な食品(フライドポテト、高脂肪の赤身肉、塩分の多いスナック、菓子類、ソフトドリンクなど)、中立的な食品(ジャガイモ、精白された穀物、赤身の肉、貝類など)に分類されました。

高得点を得た参加者は、さまざまな有益な食品を食べていたのに対し、低得点の人は有害な食品を多く食べていました。

全体的に、スコアが高いほど、栄養価の高い、植物中心の食事をしていることになります。

本研究のシニア・オーサーであるDavid E. Jacobs Jr.博士(ミネアポリスにあるミネソタ大学公衆衛生学部の疫学・地域保健部門のメイヨー教授)は話します。

「既存の食生活の質に関するスコアが少数の食品群に基づいているのに対し、APDQSは46の食品群を用いて食生活の全体的な質を明確に表現しており、一般の人々が一般的に摂取している食生活全体を表しています。」

「APDQSは非常に包括的なスコアであり、『アメリカ人のための食事ガイドライン』(米国農務省食品栄養局)や『DASH(Dietary Approaches to Stop Hypertension)ダイエット』、『地中海食』などのダイエット法と多くの共通点があります。」

研究者の発見

  • 32年間の追跡調査で、参加者のうち289人が心血管疾患(心臓発作、脳卒中、心不全、心臓に関連する胸の痛み、体のどこかの動脈の詰まりなど)を発症しました。
  • いくつかの要因(年齢、性別、人種、平均カロリー消費量、教育、親の心臓病歴、喫煙、平均運動量など)を考慮した結果、長期的な食事の質のスコアが上位20%に入った人は、心血管疾患を発症する可能性が52%低くなりました。
  • さらに、年齢が25歳から50歳までの7年目から20年目にかけて、食生活の質を最も改善した人(有益な植物性食品を多く食べ、悪い評価を受ける動物性食品を減らした人)は、その間に食生活の質が最も低下した人と比較して、その後の心血管疾患の発症率が61%低くなりました。
  • なお、参加者の中にはベジタリアンがほとんどいなかったため、肉、乳製品、卵などの動物性食品を一切摂らない厳格なベジタリアン食の効果を評価することはできませんでした。

Choi氏は話します。

「栄養価の高い植物中心の食事は、心血管の健康に有益である。植物を中心とした食事は、必ずしもベジタリアンである必要はありません。植物を中心とした食事は、必ずしもベジタリアンではありません。動物性食品は、ノンフライの鶏肉、ノンフライの魚、卵、低脂肪乳製品など、ときどき適度に取り入れることができると考えています。」

本研究は観察研究であるため、食事と心臓病の因果関係を証明することはできません。

その他の共著者は、Nicole Larson(博士)、Lyn M. Steffen(博士)、Pamela J. Schreiner(博士)、Daniel D. Gallaher(博士)、Daniel A. Duprez(博士)、James M. Shikany(博士)、Jamal S. Rana(博士)です。

本研究は、米国国立衛生研究所の心臓・肺・血液研究所、ミネソタ大学のHealthy Food Healthy Lives Institute、およびミネソタ大学のMnDrive Global Food Ventures Professional Development Programから資金提供を受けています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 「心臓病リスクが低下する」植物性食品を多く食べる

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)