雇用の創出ではなく雇用の置換が進む「ロボットなどの作業の自動化」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

雇用の創出ではなく雇用の置換が進む「ロボットなどの作業の自動化」

ロボットなどの導入による作業の自動化は、労働者の高齢化が進んだ地域により顕著にその影響がみられるようです。
1990年以降、ロボットなどによる自動化は、雇用が創出されるよりも置き換えられ始めたようです。

Robots are more widely adopted where populations become notably older, filling the gaps in an aging industrial work force.

参照元:https://news.mit.edu/2021/aging-workers-automation-0915
– マサチューセッツ工科大学 Massachusetts Institute of Technology. September 15, 2021 –

ロボットをはじめとする職場の自動化は、技術の本質的な進歩によって普及するものであり、技術革新は自然に経済に浸透していくものだと思うかもしれません。

しかし、マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授が共同執筆した研究は、それとは異なることを示しています。

人口が著しく高齢化した地域では、ロボットがより広く普及し、高齢化した産業界の労働力の不足を補っているのです。

MITの経済学者であり、研究結果の詳細をまとめた論文の共著者であるDaron Acemoglu氏は話します。

「人口動態の変化、つまり高齢化は、ロボットやその他の自動化技術の導入につながる最も重要な要因の1つです。」

今回の研究では、ロボットの導入に関しては、高齢化だけで国ごとのばらつきの35%を占めていることがわかりました。

米国内でも、同じパターンが見られます。

つまり、人口の高齢化が急速に進んでいる都市部では、産業界がロボットへの投資を増やしているのです。

Acemoglu氏は補足します。

「これが因果関係であり、高齢化の影響を最も受け、仕事を自動化する機会を持つ産業によって引き起こされていることを裏付ける多くの証拠を提供しています。」

この論文「Demographics and Automation」は、The Review of Economic Studies誌のオンライン版に掲載されており、近日中に発行される同誌の印刷版にも掲載される予定です。

著者は、MITの研究所教授であるAcemogluと、ボストン大学の経済学助教授であるPascual Restrepo PhD ’16です。

「驚くべきフロンティア」だが、人手不足が原因

今回の研究は、Acemoglu氏とRestrepo氏が自動化、ロボット、労働力について発表してきた一連の論文の中で、最新のものです。

彼らはこれまでにも、米国におけるロボットによる雇用の置き換えを定量化したり、ロボットの使用が企業レベルで及ぼす影響を調べたり、1980年代後半が自動化によって雇用が創出されるよりも置き換えられ始めた重要な時期であると指摘したりしてきました。

この研究では、主に1990年代初頭から2010年代半ばまでの人口統計学的データ、技術的データ、産業レベルのデータを何層にも分けて分析しています。

まず、AcemogluとRestrepoは、60カ国において、労働力の高齢化(21歳から55歳までの労働者に占める56歳以上の労働者の割合)とロボットの導入に強い関係があることを発見しました。

高齢化だけで、ロボット使用量の国ごとのばらつきの35%を占めるだけでなく、ロボットの輸入量のばらつきの20%も占めていることがわかりました。

また、特定の国に関連したデータも目立ちます。

韓国は、高齢化が最も進んでいる国であると同時に、ロボットの導入が最も進んでいる国でもあります。

また、ドイツは比較的高齢化が進んでおり、アメリカとのロボット導入の差の80%を占めています。

Acemoglu氏は話します。

「今回の調査結果から、ロボットへの投資の多くは、ロボットが次の “素晴らしいフロンティア “だからではなく、国によっては労働力、特にブルーカラーの仕事に必要な中高年の労働力が不足しているからだと考えられます。」

129カ国のさまざまな産業レベルのデータを調査した結果、Acemoglu氏とRestrepo氏は、ロボットに当てはまることは、ロボット以外の自動化にも当てはまると結論づけました。

Acemoglu氏は話します。

「数値制御機械や自動工作機械など、他の自動化技術についても同じことが言えます。しかし同時に、非自動化機械、例えば非自動化工作機械やコンピュータのようなものを見ても、同じような関係は見つかりません。」

今回の研究は、より大規模な傾向にも光を当てているようです。

今回の研究では、労働力不足に対応するために自動化を導入するのと、コスト削減や労働者の代替戦略として自動化を導入するのとでは、違いがあることを示唆しています。

ドイツでは、労働者の不在を補うためにロボットが職場に入ってきたのに対し、米国では、比較的多くのロボットが導入されたことで、やや若い労働者が置き換えられています。

Acemoglu氏は話します。

「ロボット投資の先進国であり、世界で最も急速に高齢化が進んでいる韓国、日本、ドイツでは、労働市場の結果が米国ほど悪化していないのは、このためではないでしょうか。」

アメリカの場合

人口動態とロボットの使用状況をグローバルに調査した後、Acemoglu氏とRestrepo氏は同じ手法を用いて、1990年から2015年までの米国の約700の「通勤圏」(基本的には都市圏)における自動化を、地域経済の産業構成や労働者の動向などの要因をコントロールしながら調査しました。

全般的に、世界的な傾向は米国内でも同じでした。

つまり、1990年以降、高齢の労働者がロボットを導入する傾向が強まったのです。

具体的には、人口の高齢化が10%ポイント進むと、産業用ロボットの設置やメンテナンスを専門に行う「ロボットインテグレーター」の存在が6.45%ポイント増加することがわかりました。

本調査のデータソースは、国際経済活動に関する国連のComtradeデータを含む複数の国連機関による人口および経済統計、International Federation of Roboticsによる技術および産業データ、複数の政府機関による米国の人口および経済統計などです。

さらに、Acemoglu氏とRestrepo氏は特許データも調査し、高齢化と自動化に関する特許の間に「強い関連性」があることを発見しました。

Acemoglu氏は、”これは理にかなっている”と述べます。

Acemoglu氏とRestrepo氏は、人工知能が労働力に与える影響を調べたり、職場の自動化と経済的不平等の関係について研究を続けています。

本研究は、Google、Microsoft、National Science Foundation、Sloan Foundation、Smith Richardson Foundation、Toulouse Network on Information Technologyからの支援を受けて実施されました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 雇用の創出ではなく雇用の置換が進む「ロボットなどの作業の自動化」