時間泥棒:先延ばしの犯人は期間の決め方だった?「先延ばしを防ぐ二つの方法」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

時間泥棒:先延ばしの犯人は期間の決め方だった?「先延ばしを防ぐ二つの方法」

先延ばしにしてまうのは理由があるそうです。
また、先延ばしを防ぐ方法は2つあります。「期間を設定しない事」か「期間をものすごく短くする事」です。

They say procrastination is the thief of time — actually deadlines are.

参照元:https://www.otago.ac.nz/news/news/otago834751.html
– オタゴ大学 University of Otago. 12 November 2021 –

「先延ばしは時間泥棒」と言われますが、実は「締め切り」がそうなのです。

オタゴ大学の新しい研究によると、誰かに何かを手伝ってもらいたいときは、まったく期限を設定しないほうがいいそうです。

しかし、もし期限を設定するのであれば、それは短いものにしましょう。

オタゴ大学ビジネススクール、経済学部のStephen Knowles教授と共著者たちは、Economic Inquiry誌に掲載された研究のために、締め切りの長さがタスクの完了に及ぼす影響を検証しました。

参加者は、チャリティのためのオンライン調査に参加してもらいました。

参加者には、1週間、1ヶ月、または回答期限なしのいずれかが与えられました。

ノールズ教授によると、この研究は、オタゴ大学経済学部のムラト・ゲンチ博士、オタゴ大学予防・社会医学科のトゥルーディ・サリバン博士、マッコーリー経営大学院のマロシュ・サーヴァトカ教授のチームが、慈善団体がより多くの資金を集められるようにすることに興味を持ったことから始まったそうです。

しかし、今回の結果は、誰かが他人に助けを求めるあらゆる状況に当てはまります。

職場で同僚に助けを求めたり、パートナーに何かをしてもらったりすることが考えられます、とノールズ教授は言います。

調査によると、アンケートの回答は、1ヶ月の期限で最も低く、期限を指定しない場合に最も高くなりました。

締め切りなしと1週間の締め切りでは、早い段階で多くの回答が得られましたが、長い締め切りでは、先延ばしにして忘れてしまってもよいと思われたようです。

ノールズ教授は、締切日を短く設定すると、長く設定するよりも返事をもらえる可能性が高くなることに驚きはありませんでした。

しかし、期限を指定しなかった場合に最も多くの回答が得られたことは興味深いと述べています。

ノールズ教授は続けます。

「これは、短い期限や全くない期限よりも、長い期限を指定したほうが、助けを求められたときに人々が感じる緊急性を取り除くことができるという証拠だと解釈しています。」

「そのため、人々はタスクを引き受けるのを先延ばしにし、不注意や忘れてしまうため、先延ばしにすると回答率が下がります。」

また、期限を明示しないことで、参加者が暗黙のうちに期限があると思い込んでいる可能性もあるという。

ノールズ教授は、今回の研究が、人々が先延ばしにする量を減らすのに役立つことを期待しています。

ノールズ教授はまとめます。

「多くの人が先延ばしにします。誰かを助けたいと思っていても、なかなか実行に移せないのです。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 時間泥棒:先延ばしの犯人は期間の決め方だった?「先延ばしを防ぐ二つの方法」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)