大規模検証で判明「血管保護効果のあるココアフラバノール」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

大規模検証で判明「血管保護効果のあるココアフラバノール」

心血管疾リスクを避けるために、研究者はココアフラバノールサプリメントの大規模検証を行いました。
結果、カカオフラバノールには血管保護効果がある可能性がある事がわかりました。

The first large-scale trial to test the long-term effects of a cocoa flavanol supplement to prevent cardiovascular disease offers promising signals that cocoa flavanols could have protective cardiovascular effects.

参照元:https://www.brighamandwomens.org/about-bwh/newsroom/press-releases-detail?id=4127
– ブリガム・アンド・ウィメンズ・ホスピタル

心血管疾患予防のためのカカオフラバノールサプリメントの長期効果を検証した初の大規模試験は、カカオフラバノールに心血管保護効果がある可能性を示唆するものです。

American Journal of Clinical Nutrition誌に掲載された論文では、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院予防医学部門のHoward Sesso氏, ScD, MPHとJoAnn Manson氏, MD, DrPHが率いるチームが、心血管疾患とがんの予防についてカカオフラバノールのサプリメントとマルチビタミンを試験した無作為プラセボ対照試験、COcoa Supplement and Multivitamin Outcomes Study(COSMOS)の主要結果を解き明かしています。

どちらのサプリメントも主要評価項目である心血管イベントを有意に減少させませんでしたが、カカオフラバノールサプリメントを摂取するよう無作為に割り付けられた人々は、事前に指定された副次評価項目である心血管死亡率を27%低くすることができました。

Sesso氏は話します。

Sesso氏:COSMOSの主要および副次的な心血管系エンドポイントに関するエビデンスを総合的に見ると、カカオフラバノールサプリメントが心血管系疾患による死亡を含む重要な心血管系イベントを減少させる可能性があることがわかります。これらの知見は、心血管の健康に対するココアフラバノールの効果をより良く理解するための更なる調査に値するものです。

Manson氏は続けます。

Manson氏:これまでの研究で、ココア、お茶、ブドウ、ベリー類など、いくつかの植物性食品に含まれる化合物であるフラバノールの健康効果が示唆されています。COSMOSは、チョコレートの試験ではなく、むしろ、人が食事に過剰なカロリー、脂肪、砂糖を加えることなく、チョコレートから現実的に摂取できないレベルのカカオフラバノールを含むカカオ抽出サプリメントの厳格な試験なのです。

より小規模で短期間の試験で、ココアフラバノールの血圧や血管拡張に対する心血管系への効果が確認されています。

COSMOSは、カカオフラバノールサプリメントが臨床的な心血管系イベントの長期的な減少につながるかどうかを検討する最初の機会を提供しました。

また、癌のリスクの減少も検討されました。

さらに、この試験は一般的なマルチビタミンの癌と心血管系疾患の予防効果を検討するものでした。

カカオフラバノール介入における主要な心血管イベントは、心臓発作、脳卒中、冠動脈再灌流、心血管死亡、頸動脈疾患、末梢動脈手術、不安定狭心症を含む総心血管イベントの複合でした。

21,000人以上の参加者が、500mgのカカオフラバノール含有カプセル(Mars Edge社提供)、マルチビタミン錠(GSK Consumer Healthcare社提供)、どちらでもない、または両方を毎日摂取する群に無作為に割り付けられました。

この研究では、カカオフラバノールによって総心血管イベントが10%減少することがわかりましたが、これは統計的に有意ではありませんでした。

しかし、いくつかの二次解析により、ココアフラバノールの心血管系イベントに対する潜在的な有益性をより広く支持する結果が得られました。

まず、ココアフラバノールのサプリメントを摂取した人は、心血管系疾患による死亡を27%有意に減少させました。

第二に、研究チームが試験薬のアドヒアランスを考慮に入れた場合(試験薬を定期的に服用している人を対象とする)、総心血管イベントの15%減少および心血管疾患による死亡の39%減少という、より強力な減少を認めたことです。

第三に、試験の焦点ではないものの、主要な心血管イベント(心臓発作、脳卒中、心血管疾患による死亡)の複合エンドポイントも有意に減少したことです。

著者らは、カカオフラバノールと心血管系イベントに関する有望な結果は、慎重な解釈を必要とし、さらなる研究の必要性を強調している、と報告書に記しています。

毎日のマルチビタミンは、総心血管イベントおよび個々の心血管系イベントに有意な影響を与えませんでした。

カカオフラバノールとマルチビタミンのいずれにも、安全性に関する懸念はありませんでした。

COSMOSは約3.6年後に終了しましたが、これはサプリメントが癌リスクに影響を及ぼしたかどうかを検出するには短すぎたと思われます。

毎日のマルチビタミンは、いくつかの栄養バイオマーカーのレベルを改善しましたが、マルチビタミン解析の主要アウトカムである全浸潤癌には有意な効果を示しませんでした。

ココアフラバノールも総侵襲性がんに対して有意な効果を示しませんでした。

著者らは、COSMOS参加者の追跡調査を継続することで、がんおよび死亡に対する長期的な影響を明らかにすることができるだろうと述べています。

研究者と共同研究者は、COSMOSを活用して、認知機能の低下、転倒、眼疾患、およびサプリメントの影響を受ける可能性のあるその他の老化関連アウトカムについても研究しています。

Manson氏:今回の研究は、ココアフラバノールによる心血管系の保護に関する興味深いシグナルを示唆していますが、これらのサプリメントの摂取による健康への恩恵については、今後の試験で確認する必要があります。

Sesso氏:消費者へのメッセージは、フラバノールを豊富に含む健康的でバランスのとれた食事をすることと、COSMOSで他の重要な健康結果をさらに評価するので期待していてください。

Sesso氏とManson氏は、Mars Incorporatedの栄養研究と製品に特化した部門であるMars Edgeから、インフラ支援とCOSMOS試験用錠剤とパッケージの寄贈、Pfizer Consumer Healthcare(現GSK Consumer Healthcare)からは、試験実施中のCOSMOS試験用錠剤とパッケージの寄贈を、研究者主導型グラントとして受けたと報告しています。

さらにSesso博士は、Pure EncapsulationsおよびPfizer Inc.から研究者主導の助成金を、Council for Responsible Nutrition、BASF、NIHおよびAmerican Society of Nutritionから研究実施中に講演のための謝礼および/または出張を受け取ったことを報告しました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 大規模検証で判明「血管保護効果のあるココアフラバノール」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)