肥満の人々の心の健康を改善の鍵は「感情に焦点を当てる」こと

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

肥満の人々の心の健康を改善の鍵は「感情に焦点を当てる」こと

食事の計画がなく、食べられない食品ないダイエットが成功している鍵は、感情に焦点を当てることのようです。

People living with obesity who attended a non-judgemental and personalized lifestyle modification program improved their cardiovascular and mental health during just 10 weeks, according to a new study.

参照元:https://www.escardio.org/The-ESC/Press-Office/Press-releases/Focus-on-emotions-is-key-to-improving-heart-health-in-people-living-with-obesity
– 欧州心臓病学会 European Society of Cardiology. 17 Jun 2021 –

欧州心臓病学会(ESC)のオンライン科学会議であるEuroHeartCare ACNAP Congress 2021で発表された研究結果によると、肥満を抱える人々が、偏見のない個人的な生活習慣改善プログラムに参加することで、わずか10週間で心血管と精神面の健康が改善されたことが明らかになりました。

本研究の著者であるAisling Harris氏は、アイルランドのゴールウェイにあるCroi Heart and Stroke Centreの心臓・体重管理栄養士です。

Harris氏は話します。

「私たちは、行動を変え、人々の食事との関係を改善することに重点を置いています。多くの参加者は、厳しいルールのあるダイエットを試したことがあり、食べられない食品への不安を抱えています。私たちのプログラムでは、ダイエットや食事の計画はありませんし、食べられない食品もありません。一人ひとりが自分の目標を設定し、それを毎週確認します。私たちのアプローチは偏見がなく、信頼関係を築くことができます。」

「肥満は複数の理由で発症します。体重のことで誰かを責めると、医療やアドバイスを受けられなくなります。感情的な食事になったり、気後れして運動ができなくなったりします。感情的になって食べてしまったり、自意識過剰になって運動ができなくなったりすることもあります。それぞれの人の引き金を見極めることで、仕事や介護、外部からのストレスなどに応じた対処法を考えることができます。人によっては、このようなグループに参加することが、その週に得た唯一の社会的接触であったり、何年ぶりかの社会的接触であったりします。人々は経験を共有し、仲間をサポートします。」

血圧、血中脂質、2型糖尿病の発症リスクを低減し、心疾患の可能性を下げるためには、減量が推奨されています。

本研究では、ゴールウェイ大学病院の肥満治療専門サービスから紹介された肥満を抱える人々の身体的および精神的健康に、コミュニティベースの、生活習慣の改善プログラムが与える影響を分析しました。

研究者らは、2013年から2019年にかけての1,122人の参加者のデータを検討しました。

10週間のCroí CLANN(Changing Lifestyle with Activity and Nutrition)プログラムは、看護師、栄養士、理学療法士による評価と、体重、血圧、コレステロール、血糖値、フィットネス、不安や抑うつのレベルのベースライン測定から始まりました。

そして、それぞれの患者と協力して、個人的な目標と管理計画が合意されました。

参加者は、毎週2.5時間のセッションを8週間にわたって受講しました。

最初の30分は、一対一の目標設定に費やされました。

次に、理学療法士による1時間の運動クラスが行われました。その後、健康的な食事、分量、食品ラベルの読み方、感情的な空腹感と肉体的な空腹感の違い、ストレス管理法(例:瞑想)、身体活動、座りがちな行動、心血管危険因子、変化の起こし方と維持の仕方などをテーマに、1時間の健康促進トークが行われました。

参加者は、アクティビティトラッカーを使用し、食事日記をつけて、感情的な食事のきっかけを見つけました。

最終週には、看護師、栄養士、理学療法士と一緒にプログラム終了時の評価を行い、成果を確認しました。

その後、患者は病院に戻されました。

ベースライン時の平均BMIは47.0kg/m2で、参加者の56.4%はBMIが45kg/m2を超えていました。

また、26.7%が2型糖尿病、31.4%がうつ病の既往がありました。

参加者の4分の3以上(78%)がプログラムを完了しました。

心理社会的健康は、21点のHospital Anxiety and Depression Scale(HADS)を用いて評価され、0~7が正常、8~10が軽度、11~15が中等度、16~21が重度です。

プログラム期間中に、不安スコアは1.5ポイント、抑うつスコアは2.2ポイント減少しました。

プログラム開始時に不安スコアが11を超えていた人の割合は30.8%でしたが、19.9%に減少し、うつ病についても21.8%でしたが、9.5%に減少しました。

体重の平均減少量は全体で2.0kgで、27.2%の参加者が当初の体重の3%以上を減少させました。

推奨される身体活動レベルを達成した割合は31%増加しました。

総コレステロール、低比重リポタンパク質(LDL)コレステロール、および血圧に有意な減少が見られました。

高血圧の割合は、ベースライン時の37.4%から10週間後には31.1%に減少した。

また、2型糖尿病患者では、推奨血糖値を達成した割合が47.6%から57.4%に増加しました。

Harris氏は話します。

「10人に8人近くがプログラムを終了したことから、プログラムの内容と形式が受け入れられたと考えられます。比較的短い期間で、心理社会的および健康上のすべての成果に改善が見られたことから、これは他のセンターのサービス提供のモデルになり得ると考えられます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 肥満の人々の心の健康を改善の鍵は「感情に焦点を当てる」こと

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)