「害も少なく孤独感も感じない」ネットの使い方

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「害も少なく孤独感も感じない」ネットの使い方

ネットワーク上で積極的に交流をしていれば、一定の場所に留まる事を強要されていたとして孤独感を感じづらいようです。
子供のネットワーク時間を制限する保護者はたくさんいますが、大切なのは時間ではなく質のようです。

If you’re agonizing over the long hours tweens and teens spend scrolling through and posting to Instagram, TikTok, Snapchat and other social media sharing and messaging platforms, new UC Berkeley research has some enlightening news to share.

参照元:https://news.berkeley.edu/2021/09/02/teenagers-arent-as-lonely-in-lockdown-if-interacting-positively-online/
– カリフォルニア大学バークレー校 University of California – Berkeley. SEPTEMBER 2, 2021 –

ティーンエイジャーがInstagramやTikTok、Snapchatなどのソーシャルメディアに投稿したり、スクロールしたりする時間が長いことに頭を悩ませているなら、カリフォルニア大学バークレー校の新しい研究結果から、いくつかの有益な情報が得られます。。

スクリーンタイムに関しては、問題はオンラインに費やす時間数ではなく、オンラインでのやりとりの質であると、2020年春に南米の国で最も厳しいCOVID-19ロックダウンが行われたペルーで、700人以上の青少年を対象にした研究で示唆されています。

全体的に、この研究に参加した10代の若者は、オンラインでサポートを見つけた人–例えば、WhatsAppで友人や親戚とチャットしたり、多人数参加型のオンラインビデオゲームに参加したりした人–は、孤独感が少ないと報告しました。。

カリフォルニア大学バークレー校人間開発研究所の発達科学者であるLucía Magis-Weinberg博士は話します。

「今回の調査結果は、オンラインで過ごす時間の長さではなく、スクリーンでどのように時間を過ごすかが、孤独と幸福の最も良い予測因子であるという我々の仮説を裏付けるものです。」

「このことを踏まえて、教師や親は、画面を見る時間を制限するよりも、青少年の前向きなオンライン体験を促進することに力を注いだほうがいいかもしれません。」

先週、Journal of Research on Adolescence誌に掲載されたCOVID-19が世界の青少年に与える影響に関する特集記事の中で、今回の調査結果は、パンデミックによる距離の取り方とソーシャルメディアの過剰使用が相まって、孤独の蔓延を招くという一般的な仮説に疑問を投げかけています。

Magis-Weinberg博士は話します。

「これまで、スクリーンタイムが孤独やうつの原因になるという否定的な意見がありました。しかし、今回の調査結果では、オンラインでの交流は、積極的に利用すれば、孤独感の軽減につながることがわかりました。このことは、10代の若者がオンラインで友人とつながる以外の選択肢がない場合に特に当てはまります。」

この研究は、ペルーがCOVID-19による厳重なロックダウンに入り、数千万人の住民が自宅に閉じ込められた2020年4月に開始されました。

承認された用事のために外出できるのは一度に一人の家族だけで、若者はほとんど屋内に隔離されていました。

研究者たちは6週間にわたり、11歳から17歳までの数千人の学生を対象に調査を行い、社会的に孤立した状況下でのネット上での行動や人間関係を把握し、これらの要因が彼らの気分や帰属意識とどのように関連するかを評価しました。

学生たちは、「ソーシャルメディアの人々に大切にされていると感じる」、「ソーシャルメディアの人々がアドバイスをくれる」、「ソーシャルメディアの人々が自分の居場所がないように感じさせる」、「ソーシャルメディアの人々が自分をひどく扱う」などの記述にどの程度同意するかを、1(全くない)から5(頻繁にある)までの尺度で評価しました。

また、どの電子機器を使用しているか、ソーシャルメディアの好み、孤独感のレベル、全般的な幸福感について、別々のアンケートに回答してもらいました。

ほとんどの学生は、教育目的ではないオンライン活動に接続するためのデバイスとして、スマートフォンを好んで使用しており、次いでノートパソコン、ゲーム機の順でした。

女子学生の場合は、ソーシャルメディア、メッセージングアプリ、YouTubeの動画が最も人気のあるオンライン活動でした。男子の場合は、ビデオゲームやビデオ鑑賞が最も人気のあるネット活動でした。

また、精神的な面では、ペルーで最も普及しているメッセージングプラットフォームであるWhatsAppやその他のソーシャルメディアを利用して、問題について話し合ったり、参考になる意見をもらったりすることについては、ネガティブな意見よりもポジティブな意見が多いことがわかりました。

本研究では、調査対象となった学生のうち735名のデータを最終的に使用しました。

Magis-Weinberg博士は話します。

「今回の結果は、インスタグラムを延々とスクロールして他人と自分を比較し、排除されていると感じるのではなく、ソーシャルメディアを利用して友人や家族と積極的につながり、サポートを見つけることが、幸福感にプラスの影響を与えることを示しています。」

本研究は、Magis-Weinberg氏とカリフォルニア大学バークレー校の公衆衛生学教授で小児科医のRonald Dahl氏が中心となり、ペルーとメキシコの65校のネットワークで教育者と協力して、15,000人以上の青少年にデジタルシチズンシップとテクノロジーの健全な利用を促進するための長期的な取り組みの一環として行われました。

さらに、欧米以外の地域を指す「グローバル・サウス」と呼ばれる地域において、ソーシャルメディアの利用がパンデミック中の青少年のメンタルヘルスに与える影響を記録した初めての研究成果です。

Magis-Weinberg博士は話します。

「ラテンアメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアでは、大多数の若者が成長していますが、これらの問題に関する研究のほとんどは、米国とヨーロッパに偏っています。特に、多くの人が電子機器やソーシャルメディアに大きく依存している今、ラテンアメリカで育つ若者の声を捉え、記録することは非常に重要です。」

Magis-Weinberg氏に加え、Dahl、Christopher Gys氏(カリフォルニア大学バークレー校)、Estelle Berger氏(オレゴン大学)、Sarah Domoff氏(セントラルミシガン大学)が共同執筆者として名を連ねています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「害も少なく孤独感も感じない」ネットの使い方