なぜタイピングより手書きの方が、記憶に定着するのか

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

なぜタイピングより手書きの方が、記憶に定着するのか

ノルウェー科学技術大学の研究によると、手書きの方が物事をよく覚えることが判明しました。

様々なコンピュータが生活に溢れ、手書きの機会が失われつつある現在において、研究者たちは最低限の手書きの機会が損なわれないようにガイドラインを設けるよう提唱しています。

New brain research shows that writing by hand helps children learn more and remember better. At the same time, schools are becoming more and more digital, and a European survey shows that Norwegian children spend the most time online of 19 countries in the EU.

参照元:https://norwegianscitechnews.com/2020/10/why-writing-by-hand-makes-kids-smarter/
– ノルウェー科学技術大学 Norwegian University of Science and Technology.  10.01.2020 –

NTNUのAudreyvan der Meer教授は、子供たちが少なくとも最低限の手書きトレーニングを受けられるようにするために、国のガイドラインを整備する必要があると考えています。

いくつかの研究の結果は、子供と大人の両方が手書きで書くとより多くを学び、よりよく覚えていることを示しています。

現在、別の研究で同じことが確認されています。キーボードの使用よりも手書きを選択すると、最高の学習と記憶が得られます。

Van der Meerと彼女の同僚は、これを数回調査しました。最初は2017年、現在は2020年です。

2017年、彼女は20人の学生の脳活動を調べました。彼女は現在、12人の若年成人と12人の子供たちの脳活動を調べた研究を発表しています。

子供たちがそのような研究に参加したのはこれが初めてです。

両方の研究は、脳波活動を追跡および記録するためにEEGを使用して実施されました。参加者は250個以上の電極が取り付けられたフードを着用しました。

脳は、活動しているときに電気インパルスを生成します。電極のセンサーは非常に敏感で、脳で起こる電気的活動を感知します。

手書きは脳に記憶を掛けるためのより多くのフックを与えます

各検査には1人あたり45分かかり、研究者は1秒あたり500データポイントを受け取りました。

その結果、若年成人と子供の両方の脳は、キーボードで入力するときよりも手で書くときの方がはるかに活発であることが示されました。

ペンと紙を使うと、記憶をつなぐための「フック」が脳に増えます。

手書きで書くと、脳の感覚運動部分でより多くの活動が生まれます。

紙にペンを押して見ると、多くの感覚が活性化されます。

あなたが書いた手紙と、書いている間にあなたが作る音を聞きます。

これらの感覚体験は、脳のさまざまな部分の間の接触を生み出し、学習のために脳を開きます。

彼女は、自分自身や他の人の研究が、特に学校で、幼い頃に絵を描いたり書いたりすることに挑戦している子供たちの重要性を強調していると信じています。

今日のデジタルの現実は、タイピング、タッピング、スクリーンタイムが子供や青年の日常生活の大部分を占めるということです。

EUの19か国を対象にした調査によると、ノルウェーの子供と10代の若者がオンラインで最も多くの時間を過ごしています。

スマートフォンは常にコンパニオンであり、PCとタブレットがそれに続きます。

調査によると、9〜16歳のノルウェーの子供たちは、毎日ほぼ4時間オンラインで過ごしており、2010年の2倍になっています。

画面の前で過ごす子供の余暇は、学校がデジタル学習にますます重点を置いていることで増幅されています。

Van der Meerは、デジタル学習には多くの良い面があると考えていますが、手書きのトレーニングを求めています。

Meer氏は話します。

「過去数年間の発展を考えると、1つ以上の世代が手書きの能力を失うリスクがあります。私たちの研究と他の研究は、これがデジタル活動の増加の非常に不幸な結果になることを示しています。」

彼女は、子供たちが少なくとも最低限の手書きの訓練を受けることを確実にするために、国のガイドラインが整備されるべきであると信じています。

Meer氏は話します。

「ノルウェーの一部の学校は完全にデジタル化されており、手書きのトレーニングを完全にスキップしています。フィンランドの学校はノルウェーよりもさらにデジタル化されています。手書きのトレーニングを提供している学校はほとんどありません。」

学校での手書きやキーボードの使用についての議論の中で、一部の教師は、キーボードが子供たちの欲求不満を少なくすると信じています。

彼らは、子供たちはより長いテキストをより早く書くことができ、キーボードの習熟度が高いため、書く意欲が高まると指摘しています。

Meer氏は説明します。

「手で書くことを学ぶことは少し遅いプロセスですが、子供たちが手で書くことを学ぶことの疲れる段階を通過することは重要です。複雑な手の動きと文字の形はいくつかの点で有益です。キーボードを使用する場合、各文字に同じ動きを使用します。」

「手で書くには、細かい運動能力と感覚を制御する必要があります。脳をできるだけ頻繁に学習状態にすることが重要です。キーボードを使用してエッセイを書きますが、私は講義中に手でメモを取ります。」

「脳は何千年にもわたって進化してきました。行動を起こし、適切な行動をとることができるように進化しました。脳が可能な限り最良の方法で発達するためには、脳を最高の状態で使用する必要があります。」

「本物の生活を送るために、私たちはすべての感覚を使い、外に出て、あらゆる種類の天気を体験し、他の人と出会う必要があります。脳に挑戦しなければ、脳はその潜在能力を最大限に発揮できません。それは学校に影響を与える可能性があります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » なぜタイピングより手書きの方が、記憶に定着するのか

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)