食事が家族の健康と幸福に与える影響

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

食事が家族の健康と幸福に与える影響

イリノイ大学の研究チームが、食事が家族の健康と幸福に与える影響を調査しました。
イリノイ州で500以上の家族の、食料安全保障、食料計画と調理、食事時間に関する質問の回答データを調査した結果、家族には家族の食事時間を優先する事が重要だと強調しています。

“Family mealtimes are probably one of the most fundamental and frequent tasks that families engage in. If we are going to improve the health of children and families, effectively addressing family mealtimes will require some attention,” he notes. “But in thinking about this issue we need to avoid overly simplistic answers and consider more holistic approaches to solutions.”

参照元:https://aces.illinois.edu/news/ensuring-healthy-family-mealtimes-important-and-complicated
– イリノイ大学農学 University of Illinois. February 4, 2021 –

食事は家族生活の中心的な側面であり、子供と大人の両方の健康と幸福に影響を与えます。

健康的な食事時間の利点は簡単ですが、すべての家族がそれらの利点を理解するのを助けることは非常に複雑です、イリノイ大学からの新しい研究は示しています。

研究の筆頭著者でUofIで家族研究と人間開発学部の助教授であるアレンバートン氏は話します。

「この研究は、食糧へのアクセスの改善や食事時間の準備と組織化のスキルの改善に専念するなど、いくつかの解決策が単独で行われた場合に効果が低下する可能性がある方法を強調しています。」

「家族の食事時間は、おそらく家族が行う最も基本的で頻繁なタスクの1つです。子供や家族の健康を改善する場合、家族の食事時間に効果的に対処するには注意が必要です。しかし、この問題について考える際には、過度に単純化された答えを避け、解決策へのより包括的なアプローチを検討する必要があります。」

バートン氏によると、家族の食事時間に関する以前の研究は、社会学的要因(コミュニティの食料アクセスや食料安全保障など)または心理的要因(食事時間の活動に関する個人の行動など)のいずれかに焦点を当てる傾向がありましたが、此度の研究では、両方の側面が家族で密接に関連していることが示されています。

バートン氏と共著者のブレンダ・コスター氏、エリノール・フジモト氏、バーバラ・フィーゼ氏は、イリノイ州全体で小学生の子供を持つ500以上の家族を研究しました。

家族は、食料安全保障、食料計画と調理、食事時間の構成に関する多くの質問に答えました。

研究者はパターンについてデータを分析し、3つの異なるグループまたは家族のプロファイルを特定しました。

サンプルの55%を占める最初のプロファイルは、食料安全保障と高いレベルの世帯組織を持っていることを特徴としていました。

このグループの家族は、3つのプロファイルの中で最も低いレベルの食料不安と家庭の混乱、および最も高いレベルの食糧準備の有効性を報告した、とバートン氏は言います。

2番目のプロファイルはスペクトルの反対側にあり、サンプルの27%が含まれていました。

バートン氏は話します。

「このグループは、彼らが食糧不安であると報告するだけでなく、食事の準備と計画に対する信頼度が最も低く、家の日常の構造と日常生活が最も難しいと報告しています。」

サンプルの18%を占める3番目のプロファイルグループは、他の2つのグループの間の範囲の食料安全保障レベルを持っていましたが、彼らは、食料安全保障グループの家族と同様の食事計画の有効性と家庭の混乱のレベルを報告しました。

バートン氏は話します。

「食糧不安が他の家族のリスクパターンと同時発生しているということは、健康的な家族の食事時間を促進するための努力が複数の側面に対処する必要があることを意味します。」

「私たちは家族が健康的な食事にアクセスできるようにする必要があります。しかし、家族内の個人が食事の準備と計画を行う能力があると感じられるようにする必要もあります。また、自宅の日常の組織にはある程度の安定性と日常性があります。」

研究者たちはまた、食品加工戦略と食事時の行動におけるグループ間の特定の違いを特定しました。

特に、2番目のプロファイルの家族(食料安全保障が非常に低く、毎日のタスクを整理するのが難しい家族)は、毎週の食事が少なく、食事中のテクノロジーの使用が多く、外出先での食事の準備戦略の使用が多いと報告しました。

他のグループ。これらすべての行動は、健康的でない食物消費と結果と相関している、とバートン氏は述べます。

この研究では明らかな違いが見つかりましたが、3つのグループの間にもいくつかの類似点がありました。

家族全員が、食料品店、ディスカウントストア、大型ボックスストアなど、さまざまな店で食料品を購入する可能性が等しくありました。

研究者たちはまた、選択的摂食障害への対処方法や簡単なメニューのアイデアを求めることなど、家庭の食事に関する家族の間で最も一般的な課題に一般的な合意があることを発見しました。

コスター氏は話します。

「この研究の結果は、家族が健康的な食事と定期的な家族の食事を提供する際に直面する課題に対処するために使用できる実用的なリソースを開発するのに役立つ上で重要です。」

この調査はまた、政策立案者が食料へのアクセスに関する構造的な問題に取り組むための情報や、家庭内の変化についての提案も提供します。

バートン氏は話します。

「リスクは多面的であることを理解する必要があるので、神秘的な答えや解決策を避ける必要があります。食糧不安に対処する必要があります。また、個人が食事の準備や日常生活、予測可能性、組織化への自信を高めるのを支援する必要があります。」

家族にとって、バートンは家族の食事時間を優先することの重要性を強調しています。

バートン氏は話します。

「些細なことに思えるかもしれない家族生活のこれらのありふれた側面は本当に形成的です。この分野で改善したい1つの側面について考えてください。それは、より健康的な食事、食事中の画面の使用量の減少、さまざまなフードバンクについての学習、または単に週の間に一緒に食事を増やし、それを実行するための戦略を立てます。イリノイ大学の研究者や教育者によって作成されたものを含め、あなたとあなたの家族を助けるために利用できるいくつかの途方もないリソースがあります。」

食糧不安に直面している家族のために、イリノイエクステンションはFind Food ILと呼ばれるリソースを作成しました。

これは、食糧にアクセスするためのローカライズされた情報を提供します。

お子様連れのご家族向けに、ファミリーレジリエンシーセンターでは、レジリエンスを構築するための家族の日常生活やその他の戦略のほか、食事時の課題に関する一連の動画や健康的な食事のレシピのコレクションを提供しています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 食事が家族の健康と幸福に与える影響