幸福度が低下するSNSの使用方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

幸福度が低下するSNSの使用方法

ブリティッシュコロンビア大学が、人々がFacebook、Twitter、Instagramの三つの主要なSNSのサービスをどのように使用しているか、その使用が幸福度にどのように影響しているか調査しました。

研究者は調査の結果、SNSの素晴らしい点を評価しながらも、特定の使用方法をすると幸福度が大きく下がることを発見しました。

Derrick Wirtz, an associate professor of teaching in psychology at the Irving K. Barber Faculty of Arts and Social Sciences, took a close look at how people use three major social platforms—Facebook, Twitter and Instagram—and how that use can impact a person’s overall well-being.

参照元:https://news.ok.ubc.ca/2020/11/02/ubco-study-says-its-not-if-but-how-people-use-social-media-that-impacts-their-well-being
– ブリティッシュコロンビア大学 UT Southwestern Medical Center. November 2, 2020 –

UBC Okanaganの新しい調査によると、全体的な幸福にとって最も重要なのは、人がソーシャルメディアをどのように使用するかです。

アーヴィング・K・バーバー芸術社会科学部の心理学の准教授であるデリック・ウィルツ氏は、人々が3つの主要なソーシャルプラットフォーム(Facebook、Twitter、Instagram)をどのように使用しているか、そしてその使用が人の全体的な幸福にどのように影響を与えるかを詳しく調べました。

ウィルツ氏は話します。

「ソーシャルネットワークサイトは、世界中の多くの人々の日常生活に欠かせない要素です。毎日、何十億もの人々がソーシャルメディアとやり取りしています。それでも、ソーシャルネットワークサイトの普及は、この使用が人の幸福にどのように影響するかについての比較的少数の研究とは対照的です。」

COVID-19と自己隔離が標準的な慣行になる前でさえ、ソーシャルメディアは私たちが他者と対話する方法を変えたとウィルツ氏は言います。

対面での接触は、人々がつながる主要な方法として、オンラインのソーシャルインタラクションと一致するか、それを上回ります。

ほとんどの人は他の人と顔を合わせて交流することで幸せになりますが、ウィルツ氏は、さまざまな理由で、否定的な気持ちでソーシャルメディアを使用することをやめる人もいると述べています。

1つの問題は社会的比較です。

ウィルツ氏の調査の参加者は、ソーシャルメディアを使用しているときに他の人と比較すればするほど、満足感が低下すると述べました。

ウィルツ氏は話します。

「他者を選択的にポジティブに描写する画像や更新を見ると、ソーシャルメディアユーザーは他者が実際にネガティブな感情をどれだけ経験しているかを過小評価し、ポジティブな感情とネガティブな感情が混在する自分の人生は、比較すると、それほど良くはありません。」

ウィルツ氏は、他の人の投稿や画像を他の人とやり取りせずに表示することは、通常は社会的接触に続く気分を高める利点がなく、幸福を損ない、自尊心を低下させることなく、比較に役立つと述べています。

ウィルツ氏は説明します。

「他の人の投稿や更新をスクロールする受動的な使用は、上向きの比較のための十分な機会を提供しながら、人から人への相互作用をほとんど必要としません。」

彼の調査の一環として、調査参加者はFacebookの4つの特定の機能について質問されました。

ニュースフィードのチェック、メッセージング、世界のニュースのキャッチアップ、ステータスや写真の更新の投稿です。最も頻繁に使用された機能は、ニュースフィードを受動的にチェックすることでした。

参加者は主に他のユーザーと直接つながることなくFacebookを使用し、主観的な幸福への悪影響はこの使用形態と一致していました。

COVID-19の期間中、Wirtz氏は、人々が社会的孤立感を減らすためにソーシャルメディアに自然に目を向けると述べています。

それでも、彼の調査(パンデミックの前に実施)では、人々は孤独なときにソーシャルメディアをより多く使用しましたが、ソーシャルメディアに費やした時間は、調査の参加者の孤独感を高めるだけでした。

ウィルツ氏は説明します。

「今日、COVID-19のためにソーシャルメディアを通してのみ友人や家族を見たり聞いたりする必要性は、一緒に時間を過ごす機会を逃したことを思い出させるのに役立つかもしれません。」

これら3つのソーシャルメディアサイトのいずれかを使用する人が多ければ多いほど、その後の感情は否定的になります。

ウィルツ氏は説明します。

「調査した3つのソーシャルネットワークサイト(Facebook、Twitter、Instagram)は、非常に収束した結果をもたらしました。最近、これらのサイトをまとめて、または個別に使用した回答者が多ければ多いほど、10日間にわたってランダムなタイミングで調査に回答したときに報告した悪影響が大きくなりました。」

ウィルツ氏の調査には、対面または電話による他者とのオフラインでのやり取りも含まれていました。

オフラインコミュニケーションとオンラインの両方を比較して、彼はオフラインの社会的相互作用がソーシャルメディアを使用することとは正反対の効果を持ち、感情的な幸福を強く高めることを実証することができました。

しかし、すべてが失われるわけではない、とウィルツ氏は言います。

この調査では、人々がソーシャルメディアを積極的に使用する方法も明らかになっています。

これは、COVID-19でこれまで以上に重要なことです。

彼は、人々が受動的にスクロールすることを避け、他のソーシャルメディアユーザーと自分自身を比較することに抵抗することを提案します。

彼はまた、人々はソーシャルメディアサイトを使用して、直接的な相互作用と社会的つながりを可能にする必要があると述べています。

たとえば、オンラインで同期して話したり、可能であれば適切な予防策を講じて他の人と直接会う時間を調整したりします。

ウィルツ氏はまとめます。

「私たち全員がそうすることを覚えていれば、ソーシャルメディアの使用による悪影響を減らすことができます。ソーシャルネットワークサイトは、私たちの幸福と幸福を改善する可能性さえあります。言い換えれば、ソーシャルメディアをどのように使用するかが、私たちの日々の幸福への影響を形作る可能性があることを覚えておく必要があります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 幸福度が低下するSNSの使用方法

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -