なぜソーシャルメディアの投稿をシェアするのか

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

なぜソーシャルメディアの投稿をシェアするのか

最近、ソーシャルメディアの投稿をシェアしましたか?研究者たちはシェアする時の心理を紐解きます。

Generalled by University of Pennsylvania researchers Danielle Cosme and Emily Falk analyzed the behavior of more than 3,000 individuals to explore the psychology behind sharing information online.

参照元:https://www.asc.upenn.edu/news-events/news/what-makes-us-share-posts-social-media
– ペンシルバニア大学 University of Pennsylvania. 24 AUG 2022 –

平均的なインターネットユーザーは、1日に3時間近くもソーシャルメディアを使っています。

ソーシャルメディアが、例えばCOVID-19から安全に身を守る方法といった重要な情報を一般の人々と共有するためにますます重要になっていることは明らかであり、研究者は、人々がオンラインで共有するのに十分なほど魅力的なメディアの断片を作るものを知りたいと考えています。

Journal of Experimental Psychology誌に掲載された新しい研究。ペンシルバニア大学の研究者ダニエル・コスメとエミリー・フォークが、3,000人以上の人々の行動を分析し、オンラインで情報を共有することの背後にある心理を探りました。

その結果、答えはとてもシンプルであることがわかりました。

人々は、自分自身や知り合いにとって意味があると感じた情報を共有するのです。

つまり、インターネット上の情報は、自分自身や社会にとって本質的に価値があると人々が感じるからこそ、拡散されるのです。

アネンバーグ・コミュニケーションスクールのコミュニケーション・ニューロサイエンス・ラボのリサーチディレクターであるCosme氏は、この発見が、社会貢献のための効果的なメッセージ作りの鍵になると述べています。

科学者が気候変動に関する事実を伝えたり、公衆衛生担当者がワクチンに関する神話を払拭したりする際に、人々がソーシャルメディア上の投稿を共有する心理的要素を知ることができるのです。

Cosme氏の研究によると、人は自分に関係があると感じた情報により多くの注意を払うことが分かっています。

同様に、人間は社会的な存在であり、互いにつながることを好みます。

情報を共有することで、脳の報酬中枢が活性化されます。

そして、他者とコミュニケーションをとるとき、相手が何を考えているか、何を聞きたいかを考える。

これは、社会的関連性と呼ばれる性質です。

Cosme氏の研究では、参加者は健康、気候変動、投票、COVID-19に関する記事やソーシャルメディア上の投稿に触れました。

ある参加者はニュース記事の見出しと要約を読み、他の参加者はソーシャルメディアの投稿を見ました。

参加者全員が、それぞれのメッセージを共有する可能性や、自分自身や知り合いにどの程度関連性があるかを評価しました。

その結果、話題の内容やメッセージの媒体に関わらず、自己または社会的な関連性を感じたメッセージを共有すると答える人が最も多いことがわかりました。

さらに、あるメッセージが自分自身や知り合いに関連する理由を明示的に書き出すよう参加者に求めた場合、そのトピックについて考えるだけの場合よりも、さらに共有する可能性が高くなることがわかりました。

Cosme氏:情報の共有は、個人や集団の行動にとって重要な要素です。パンデミックの初期には、何が起きているのか、どうすれば自分たちを守ることができるのか、どうすればお互いを守ることができるのか、といった正確な情報を迅速に広める必要があったのです。

ソーシャルネットワークの中で広まる情報は、個人の行動を変えるだけでなく、規範となるものに対する認識を変えることで集団的な行動を変えるのに大きな影響を与えることができます。

何万ものメッセージのデータを持つ、コミュニケーション神経科学研究所のCosmeと彼女の同僚達は、この発見が、ソーシャルメディアにおける効果的なパブリックメッセージの形成に役立つと信じています。

Cosme氏:私たちは、心理学の理論をどのように現実の行動に反映させ、行動の変化を促すことができるかを理解することに興味があります。

コンテンツの共有を改善する方法の1つは、コンテンツを自己または社会的に関連性があると判断した人を募り、オンラインでメッセージを共有することです。

もうひとつは、メッセージそのものを調整することなく、メッセージをより自己または社会的な関連性があると見られるようにフレーム化することです。

この研究の上席著者であるFalk氏は話します。

Falk氏:私たちは、既存のニュースやソーシャルメディアの投稿と組み合わせることができるメッセージフレームを開発しました。このことは、この研究で機能したのと同じプロンプトを、他の文脈でも簡単にテストできることを意味します。

コミュニケーション神経科学研究室は、ソーシャルメディアの共有に関連する脳活動を調べることで、この研究を続けています。

これらの研究では、研究者は、脳の特定の領域が自己と社会的関連性の認識を形成する方法を理解するために、fMRIスキャナーを使用しています。

研究チームは、この研究結果が、社会変革を起こそうとする人々に、それを効果的に行うためのツールを提供することを期待しています。

Cosme氏:大きな問題には集団行動が必要です。そして、正確な情報を広めることは、個人が協力して行動する力を与えるのです。

Falk氏:この研究は、私たちの幸福に影響を与える話題について、人々が情報を共有する動機となる重要な心理的要素を明らかにしました。共有は、文化的規範を変化させ、より大規模な行動を引き起こすための重要な手段の一つであり、それを可能にするものを理解することは本当に重要なことです。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 思考・瞑想 » なぜソーシャルメディアの投稿をシェアするのか

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)