過敏性腸症候群のメカニズムを解明

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

過敏性腸症候群のメカニズムを解明

ルーヴェン・カトリック大学の研究チームが、過敏性腸症候群について調査しました。特定の食品を摂取数る事で腹痛などを引き起こす過敏性腸症候群ですが、研究チームはそのメカニズムを解き明かしました。

Up to 20% of the world’s population suffers from irritable bowel syndrome (IBS), which causes stomach pain or severe discomfort after eating. This affects their quality of life. Gluten-free and other diets can provide some relief, but why this works is a mystery, since the patients are not allergic to the foods in question, nor do they have known conditions such as coeliac disease.

参照元:https://nieuws.kuleuven.be/en/content/2021/scientists-reveal-mechanism-that-causes-irritable-bowel-syndrome
– ルーヴェン・カトリック大学 KU Leuven. 13 Jan 2021 –

学者は過敏性腸症候群を引き起こすメカニズムを明らかにします

KU Leuvenの研究者は、特定の食品を食べると腹痛を感じる人がいる理由を説明する生物学的メカニズムを特定しました。

この発見は、過敏性腸症候群やその他の食物不耐性のより効率的な治療への道を開きます。

マウスとヒトで実施されたこの研究は、Natureに掲載されました。

世界の人口の最大20%が過敏性腸症候群(IBS)に苦しんでおり、これは食事後に胃の痛みや重度の不快感を引き起こします。

これは彼らの生活の質に影響を及ぼします。

グルテンフリーや他の食事療法はある程度の緩和をもたらすことができますが、患者は問題の食品にアレルギーがなく、セリアック病などの既知の状態も持っていないため、なぜこれが機能するのかは謎です。

ルーヴェン・カトリック大学の胃腸科医であり、新しい研究の筆頭著者であるガイ教授は話します。

「非常に多くの場合、これらの患者は医師によって真剣に受け止められておらず、アレルギー反応の欠如は、これがすべて頭の中にあり、腸の生理機能に問題がないという議論として使用されます。これらの新しい洞察により、私たちは実際の病気に取り組んでいるというさらなる証拠を提供します。」

彼のチームの実験室および臨床研究は、特定の食品をヒスタミンを放出する細胞(肥満細胞と呼ばれる)の活性化、およびその後の痛みと不快感と結び付けるメカニズムを明らかにしています。

ガイ教授と彼の同僚による初期の研究は、免疫系の重要な構成要素であるヒスタミンを遮断することで、IBS患者の状態が改善されることを示しました。

健康な腸では、免疫系は食物に反応しないので、最初のステップは、この耐性が崩壊する原因を見つけることでした。

過敏性腸症候群の人は、食中毒などの胃腸感染症の後に症状が始まったと報告することが多いため、研究者たちは、特定の食品が腸内にあるときに感染すると、その食品に対する免疫系が敏感になる可能性があるという考えから始めました。

彼らはマウスに胃の虫を感染させ、同時に卵白に含まれるタンパク質である卵白アルブミンを与えました。

これは実験でモデル食品抗原として一般的に使用されています。

抗原は、免疫反応を引き起こす分子です。

感染が解消されたら、免疫系が卵白アルブミンに感作されたかどうかを確認するために、マウスに再び卵白アルブミンを投与しました。

結果は肯定的でした。

卵白アルブミンは、それ自体で肥満細胞の活性化、ヒスタミン放出、および腹痛の増加を伴う消化不耐性を引き起こしました。

これは、バグに感染しておらず、卵白アルブミンを投与されたマウスには当てはまりませんでした。

その後、研究者たちは、卵白アルブミンの摂取と肥満細胞の活性化を結びつけた免疫反応の一連の出来事を明らかにすることができました。

重要なことに、この免疫反応は、破壊的な細菌に感染した腸の部分でのみ発生しました。

それは食物アレルギーのより一般的な症状を引き起こしませんでした。

ガイ教授は、これが食品関連の免疫疾患のスペクトルを示していると推測しています。

「スペクトルの一方の端では、IBSのように、食物抗原に対する免疫反応は非常に局所的です。スペクトルのもう一方の端では、呼吸に影響を与える重度のマスト細胞活性化の一般的な状態を含む食物アレルギーです。」

その後、研究者たちは、IBSの人々が同じように反応したかどうかを調べました。

IBSに関連する食物抗原(グルテン、小麦、大豆、牛乳)を12人のIBS患者の腸壁に注入すると、マウスに見られるのと同様の局所的な免疫反応が生じました。

健康なボランティアには反応は見られませんでした。

関与する人の数が比較的少ないということは、この発見をさらに確認する必要があることを意味しますが、抗ヒスタミン薬による過敏性腸症候群(IBS)患者の治療中に改善を示した以前の臨床試験と併せて検討すると重要なようです。

ガイ教授は話します。

「これは、私たちが解明したメカニズムが臨床的に関連していることのさらなる証拠です。」

抗ヒスタミン治療のより大規模な臨床試験が現在進行中です。

ガイ教授は補足します。

「しかし、肥満細胞の活性化につながるメカニズムを知ることは重要であり、これらの患者のための新しい治療法につながるでしょう。肥満細胞は、ヒスタミンだけでなく、はるかに多くの化合物とメディエーターを放出するので、これらの細胞の活性化をブロックできれば、はるかに効率的な治療法が得られると思います。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 過敏性腸症候群のメカニズムを解明

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)