「健康や幸福に影響する」仕事と日常のメリハリ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「健康や幸福に影響する」仕事と日常のメリハリ

仕事がオフの時、そこに業務のメール連絡や電話の音が聞こえたりすると、人はものすごくストレスを感じる旨の研究結果が出ました。

But according to research co-written by a team of researchers at the University of Illinois at Urbana-Champaign who study occupational stress and employee well-being, those who have greater “boundary control” over their work and personal lives were better at creating a stress buffer that helped protect them from falling into a negative-rumination trap.

参照元:https://news.illinois.edu/view/6367/809752

仕事と私生活の境界をよりよく管理している労働者は、彼らが負の反芻の罠に陥るのを防ぐためにストレスバッファーを作成するのに優れていたと、職業性ストレスと従業員の幸福を研究する専門家による新しい研究は述べています。

スマートフォンのアラートからのpingやブザーの形で仕事が時間外に侵入すると、ストレスのスパイクを引き起こし、負の仕事の反芻、悪い影響、不眠症など、労働者に多くの悪影響をもたらす可能性があります。

イリノイ大学アーバナシャンペーン校の研究者チームが共同執筆した、職業性ストレスと従業員の幸福を研究している研究によると、仕事と個人の生活をより「境界制御」できる人は、負の反芻の罠に陥るのを防ぐのに役立つストレスバッファーであることがわかりました。

スマートフォンやタブレットなどの情報通信技術により、従業員はいつでもどこでも仕事ができるようになり、仕事と仕事以外の境界があいまいになります。

しかし、その便利さは、労働者が仕事と非仕事の境界を制御できない限り、労働者のストレスとメンタルヘルスの問題を犠牲にしてもたらされています。

イリノイ州の労働と雇用関係を調査しているYoungAhPark教授は話します。

「ほとんどの人は、スマートフォン、タブレット、またはラップトップコンピューターなしでは仕事をすることができません。これらのテクノロジーは非常に普及していて便利なので、従業員は常にオンであるか、常に利用可能である必要があると考える人もいます。」

「明らかに、このような時間外の家庭や個人の生活領域への侵入は不健康であり、私たちの調査によると常時オンのメンタリティには、仕事のストレスが増えるという大きなマイナス面があります。」

この調査では、Parkと共著者が、K-6年生の500人以上のフルタイムの公立学校の教師を調査し、テクノロジーを介した24時間体制の仕事への侵入を5週間連続で毎週測定しました。YoungAhPark教授は続けます。

「テクノロジーに関連する毎週の仕事への侵入、特に時間外の仕事について尋ねました。仕事関連のメッセージやメールにすぐに返信することが期待されているのか、時間外に仕事関連の問題について連絡を受けているのか。」

研究者は、スマートフォンで仕事の電子メールアラートをオフに保つなどの技術的な境界戦術の教師の採用は、毎週の仕事の侵入に対する認識の低下に関連していることを発見しました。

イリノイ州の労使関係の教授であり、研究の共著者であるYihao Liu氏は説明します。

「この研究は、時間外の職業上の要求への対処が、労働者にとってますます重要な問題になりつつあるという事実に基づいています。境界制御を通じてワークライフバランスを管理することは、あなたとあなたの家族にとって役立つだけでなく、同僚にとってもメリットになる可能性があります。」

「同僚は、次のような前後のメッセージを読んで応答する必要があるからです。仕事と日常生活の間に良い境界を設定することは、より多くの人々とより多くの利害関係者を助けるでしょう。全体として、個人が自分の健康と幸福のためだけでなく、自分の生産性と同僚のために仕事と生活の境界を管理することが重要です。」

さらに、研究者は、教師の境界制御が作業侵入(負の反芻リンク)を和らげること、そしてこの境界制御が2人の「境界キーパー」(研究の監督者として効果的に機能した校長)による重要なメカニズムであることを発見しました。

そして、顧客と考えることができる親は、教師の毎週のストレス体験に影響を与える可能性があります。

言い換えれば、仕事への侵入を伴う毎週の緊張症状は、従業員のワークライフバランスをサポートする監督者によって軽減できるとYoungAhPark教授は説明します。

または逆に、従業員がいつでもアクセス可能で利用可能であることを期待する顧客によって悪化する可能性があります。

YoungAhPark教授は続けます。

「境界管理の感覚に関する本当に重要な点は、利害関係者が従業員の管理に影響を与えることができるということです。私たちの調査によると、学校の校長は、ワークライフバランスのサポートが教師の境界制御の感覚の向上に関連しているという点で前向きな役割を果たすことができます。」

「ワークライフバランスの行動をモデル化し、効果的に協力する支援リーダーがいる場合従業員はワークライフコンフリクトを創造的に解決します。これは、境界制御を通じて教師のストレスを軽減することにつながります。」

この研究ではサンプルに小学校の教師しか含まれていませんでしたが、特にCOVID-19のパンデミックにより、より多くの人が遠隔地で働いているため、仕事の後に明確な境界を描くことに関する調査結果はほとんどの労働者に当てはまるはずです。

YoungAhPark教授は話します。

「私たちの最初の動機は、教師の仕事と非仕事の生活が別々で異なると想定する傾向があるため、教師を勉強することでした。教師は、週末の空き時間の個別のブロックとともに、物理的な建物にスケジュールを設定しました。」

「しかし、この労働人口があっても、テクノロジーを介した時間外の仕事の侵入は、彼らにとって本当にストレスになる可能性があることがわかりました。特に教師にとって、私たちが想定しがちなクラスの従業員は明確な仕事と生活の境界を持っています。」

「これは、通常の営業時間後に電子的に仕事につながれているすべての人にとって今や問題となっています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「健康や幸福に影響する」仕事と日常のメリハリ

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -