癌細胞を死滅させながら、腫瘍に化学療法を均一に送達するイオン液体

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

癌細胞を死滅させながら、腫瘍に化学療法を均一に送達するイオン液体

メイヨークリニックの研究チームは、癌性組織を破壊しながら、腫瘍に化学療法を均一に送達するイオン液体を開発しました。
イオン液体により、癌細胞が死滅し、化学療法薬を肝腫瘍やその他の固形腫瘍に均一に分布させる事ができました。

Dr. Oklu, study author and director of Mayo Clinic’s Minimally Invasive Therapeutics Laboratory, says uniform drug delivery to tumors is often riddled with challenges. It’s an issue he and the research team are aiming to solve, particularly for patients with liver cancer who are awaiting a transplant.

参照元:https://newsnetwork.mayoclinic.org/discussion/ionic-liquid-formulation-uniformly-delivers-chemotherapy-to-tumors-while-destroying-cancerous-tissue/
– メイヨークリニック Mayo Clinic. February 10, 2021 –

概要:

  • メイヨークリニックの研究
  • 癌性組織を破壊しながら、腫瘍に化学療法を均一に送達するイオン液体を開発
  • イオン液体により、癌細胞が死滅し、化学療法薬を肝腫瘍やその他の固形腫瘍に均一に分布させる事ができた
  • 現在、腫瘍への薬物送達を促進するために、より高い薬物用量がしばしば使用されている
  • これらのより高い用量は重大な毒性につながる可能性がある
  • 現在の治療は、
    • 腫瘍を加熱または冷却する
    • 腫瘍の動脈に放射性粒子を注入して癌細胞を破壊し、患者を移植の基準内に保つ
    • マイクロ波焼灼を行って基本的に腫瘍を燃やす
      • 腫瘍が心臓やその他の重要な構造に近い場合できない
      • 放射性物質を注入するための腫瘍の血液供給を見つけるのが困難
  • 実験では、新たに切除されたヒト腫瘍と動物モデルの肝腫瘍を使用した前臨床試験で成功
  • 化学療法が28日間の試験期間中、標的ゾーンに留まった
  • この発見は、腫瘍への薬物送達を長い間悩ませてきた問題を解決する可能性がある

メイヨークリニックの血管および介入放射線科医であるRahmiOklu氏が率いるメイヨークリニックチームは、ハーバード大学のSamir Mitragotri氏と共同で、新しいイオン性液体製剤の開発について報告しています。

これにより、癌細胞が死滅し、化学療法薬を肝腫瘍やその他の固形腫瘍に均一に分布させることができました。

この発見は、腫瘍への薬物送達を長い間悩ませてきた問題を解決し、肝移植を待っている肝臓癌の患者に新しい希望を提供する可能性があります。

メイヨークリニックの低侵襲治療研究所の研究著者兼所長であるOklu博士は、腫瘍への均一な薬物送達はしばしば課題に満ちていると述べています。

それは彼と研究チームが解決しようとしている問題であり、特に移植を待っている肝臓癌の患者にとってはそうです。

Oklu博士は、腫瘍への薬物送達を促進するために、より高い薬物用量がしばしば使用され、これらのより高い用量は重大な毒性につながる可能性があると述べています。

Oklu博士は話します。

「薬が腫瘍に浸透してそこにとどまることができない場合、それはその仕事をすることができません。」

現在の治療には、腫瘍を加熱または冷却するか、腫瘍の動脈に放射性粒子を注入して癌細胞を破壊し、患者を移植の基準内に保つアブレーションが含まれます。

Oklu博士は補足します。

「マイクロ波焼灼を行って基本的に腫瘍を燃やすことができますが、腫瘍が心臓やその他の重要な構造に近い場合、それはしばしば選択肢ではありません。また、放射性物質を注入するための腫瘍の血液供給を見つけるのが難しい場合があります。」

Oklu博士と彼の同僚は、超音波ガイド下針注射によって薬物を腫瘍に送達するための代替方法として、イオン液体(本質的に液体状態の塩)を開発しました。

注入されると、著者らは、イオン液体が化学療法薬を均一に沈着させ、液体が腫瘍を飲み込んだときに癌細胞を殺したと述べています。

研究者らは、このアプローチは、実験室で新たに切除されたヒト腫瘍と動物モデルの肝腫瘍を使用した前臨床試験で成功したと報告しました。

さらに、著者らは、化学療法が28日間の試験期間中、標的ゾーンに留まったことを報告しています。

薬物は腫瘍への直接注射や腕の静脈を介した化学療法の標準的なIV送達からすぐに洗い流されることがよくありますが、著者が「腫瘍の治療と根絶のための局所活性剤」またはLATTEと呼ぶイオン液体も奨励されています。

これは、固形腫瘍の免疫療法を達成する上で役割を果たす可能性があります。

研究者らは、これにより、特に肝細胞癌(肝癌の最も一般的な形態)において、肝移植が治癒する可能性がある現在の課題を解決できると述べています。

ミトラゴトリ博士は、肝腫瘍に化学療法薬を投与するためだと話します。

「イオン液体は非常に用途の広い材料群です。私たちの研究室では、薬物を送達するための体内のさまざまな生物学的障壁を克服する能力があることをすでに実証しました。この研究では、イオン液体の新しい用途を示します。」

著者らは、LATTEはさまざまな方法で機能する可能性があることを示唆しており、将来の研究ではこれらの前臨床所見を拡張する予定です。

将来の取り組みでは、追加の化学療法薬、免疫療法剤の効果、および全生存への影響を調べ、この実験的介入の局所的および全身的な免疫の影響の詳細な分析を伴う可能性があります。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 癌細胞を死滅させながら、腫瘍に化学療法を均一に送達するイオン液体