Web会議でカメラをオフにすると環境に優しい理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

Web会議でカメラをオフにすると環境に優しい理由

パデュー大学率いる研究チームは、ウェブ会議においてカメラをオフにする事を推奨しています。
研究結果によると、1時間のビデオ会議またはストリーミングでは、150〜1,000グラムの二酸化炭素が排出され2〜12リットルの水が必要で。カメラをオフにすると、これらを96%削減できます。

But leaving your camera off during a web call can reduce these footprints by 96%. Streaming content in standard definition rather than in high definition while using apps such as Netflix or Hulu also could bring an 86% reduction, the researchers estimated.

参照元:https://www.purdue.edu/newsroom/releases/2021/Q1/turn-off-that-camera-during-virtual-meetings,-environmental-study-says.html
– パデュー大学 Purdue University. January 14, 2021 –

雑然としたものを隠すだけではありません。

次の仮想会議でカメラをオフにする理由に「地球を救う」を追加してください。

新しい調査によると、2020年に世界の炭素排出量が記録的に減少したにもかかわらず、パンデミックによるリモートワークへの移行や在宅勤務の増加は、インターネットデータの保存方法や世界中での転送方法により、依然として重大な環境影響をもたらしています。

たとえば、わずか1時間のビデオ会議またはストリーミングでは、150〜1,000グラムの二酸化炭素が排出され(車から燃焼したガソリン1ガロンは約8,887グラムが排出されます)、2〜12リットルの水が必要であり、合計で約iPadMiniのサイズ。

ただし、Web通話中にカメラをオフのままにしておくと、これらのフットプリントを96%削減できます。

NetflixやHuluなどのアプリを使用しながら、高解像度ではなく標準解像度でコンテンツをストリーミングすると、86%の削減がもたらされる可能性があると研究者らは推定しています。

パーデュー大学、イェール大学、マサチューセッツ工科大学の研究者によって実施されたこの研究は、カーボンフットプリントに加えて、インターネットインフラストラクチャに関連する水と土地のフットプリントを分析した最初の研究です。

調査結果は、ジャーナルResources、Conservation&Recyclingに公開されています。

気候変動の影響を過小評価することにつながったエネルギー研究にのギャップと仮定を明らかにすることを目的としたパデュー大学のインダストリアルエンジニアリング教授であるRoshanak (Roshi) Nateghi氏は話します。

「あるタイプのフットプリントに焦点を合わせると、環境への影響をより全体的に見ることができる他のフットプリントを見逃してしまいます。」

多くの国が、3月以降インターネットトラフィックが少なくとも20%増加したと報告しています。

この傾向が2021年の終わりまで続く場合、この増加したインターネットの使用だけで、放出された炭素を隔離するために約71,600平方マイル(インディアナの土地面積の2倍)の森林が必要になることが研究でわかりました。

データの処理と送信に必要な追加の水も、30万を超えるオリンピックサイズのプールを埋めるのに十分であり、結果として得られる土地のフットプリントはロサンゼルスのサイズとほぼ同じになります。

チームは、YouTube、Zoom、Facebook、Instagram、Twitter、TikTok、その他12のプラットフォーム、オンラインゲーム、その他のWebサーフィンで使用される、各ギガバイトのデータに関連する炭素、水、土地のフットプリントを推定しました。

予想どおり、アプリケーションで使用されるビデオが多いほど、フットプリントは大きくなります。

データ処理は大量の電力を使用し、電力の生産には炭素、水、土地のフットプリントがあるため、データのダウンロードを減らすことで環境へのダメージを減らすことができます。

エールマクミランセンターの客員研究員としてこの研究を主導し、指揮したKavehMadani氏は話します。

「銀行システムはペーパーレス化の環境へのプラスの影響を教えてくれますが、カメラの電源を切ったりストリーミング品質を下げたりすることのメリットは誰にもわかりません。したがって、あなたの同意なしに、これらのプラットフォームは環境フットプリントを増やしています。」

研究を主導、指揮したKavehMadani氏

インターネットの二酸化炭素排出量は、COVID-19の封鎖前にすでに増加しており、世界の温室効果ガス排出量の約3.7%を占めています。

しかし、インターネットの使用が環境に与える影響の研究では、インターネットインフラストラクチャの水と土地のフットプリントはほとんど見過ごされてきたとMadani氏は語りました。

Madani氏はナテギの研究グループと協力して、これらのフットプリントと、インターネットトラフィックの増加による影響を調査し、フットプリントがWebプラットフォームだけでなく、国によっても異なることを発見しました。

チームは、ブラジル、中国、フランス、ドイツ、インド、イラン、日本、メキシコ、パキスタン、ロシア、南アフリカ、英国、米国のデータを収集しました

研究者によると、米国でインターネットデータを処理および送信すると、二酸化炭素排出量は世界の中央値より9%高くなりますが、水と土地の排出量はそれぞれ45%と58%低くなります。

インターネットインフラストラクチャの水と土地のフットプリントを組み込むことは、いくつかの国にとって驚くべき絵を描きました。

世界の再生可能エネルギーのリーダーであるドイツの二酸化炭素排出量は世界の中央値をはるかに下回っていますが、その水と土地の排出量ははるかに高くなっています。

たとえば、国のエネルギー生産地のフットプリントは中央値を204%上回っていると研究者らは計算しました。

パデュー大学の大学院生であるReneeObringer、Benjamin Rachunok、Debora Maia-Silva氏は、MITの博士研究員であるMaryam Arbabzadeh氏と共同で、計算とデータ分析を行いました。

見積もりは、各プラットフォームと国で公開されているデータ、Madani氏の研究グループによって開発されたモデル、および固定回線インターネット使用のギガバイトあたりのエネルギー使用の既知の値に基づいています。

研究者によると、推定値は、サービスプロバイダーやサードパーティによって提供されたデータと同じくらい良いものであるため、大まかなものです。

しかし、チームは、見積もりが依然として傾向を文書化し、インターネットの使用に関連する環境フットプリントのより包括的な理解をもたらすのに役立つと信じています。

Nateghi氏は話します。

「入手可能なデータを考えると、これらは最良の推定値です。これらの報告された急増を考慮して、政策を導くためのより高い透明性が今期待されています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » Web会議でカメラをオフにすると環境に優しい理由

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)