持続的な睡眠問題を持つ人が愛する人を喪失した後に抱えるさらなる問題

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

持続的な睡眠問題を持つ人が愛する人を喪失した後に抱えるさらなる問題

アリゾナ大学の研究チームが、睡眠障害について研究しています。
研究の結果、誰かを失う前に持続的な睡眠の課題を抱えていた人々は、喪失後に複雑な悲しみを発症するリスクが高いことを発見しました。

But O’Connor and her collaborators found that those who had persistent sleep challenges before losing someone were at higher risk for developing complicated grief after a loss. Complicated grief is characterized by a yearning for a lost loved one so intense and persistent that it disrupts a person’s daily functioning. It occurs in 7-10% of bereaved people, O’Connor said.

参照元:https://news.arizona.edu/story/sleep-troubles-may-complicate-grieving-process
– アリゾナ大学 University of Arizona. 3 16, 2021 –

アリゾナ大学の研究者が共同執筆した新しい研究によると、睡眠に問題が続く人は、愛する人の死後、特に悲しみのプロセスが難しい可能性があります。

研究の共著者であるアリゾナ心理学部のアリー・フランシス・オコナー教授は、親しい友人や家族を失ったほとんどの人は、悲嘆の過程の一部として睡眠障害を経験します。

しかし、オコナーと彼女の共同研究者は、誰かを失う前に持続的な睡眠の課題を抱えていた人々は、喪失後に複雑な悲しみを発症するリスクが高いことを発見しました。

複雑な悲しみは、失われた愛する人への憧れが非常に強烈で持続的であるため、人の日常の機能を混乱させることを特徴としています。

オコナー氏によると、遺族の7〜10%で発生しているという。

オコナー氏は話します。

「多くの人にとって、愛する人の死を経験すると、睡眠障害が続くことを私たちは知っています-愛する人を失うことがどれほどストレスであるかを考えると、当然のことです。また、悲嘆障害が長引くと、睡眠障害が続く傾向があることもわかっています。そのため、次のように尋ねました。逆のことが可能だとしたらどうでしょうか。睡眠障害があり、その後、睡眠障害が発生した人は、愛する人は複雑な悲しみを発症する可能性が高いですか?」

オランダのエラスムス大学医療センターとフェニックスVAヘルスケアシステムのオコナー氏と彼女の共同研究者は、中高年の成人のグループを経時的に追跡し、彼らのさまざまな側面を調べた複数年にわたるロッテルダム研究からのデータを調べました。

研究の参加者は、とりわけ、睡眠の質を記録した睡眠日誌をつけるように求められました。

また、アクチグラフと呼ばれる腕時計のモニターを着用するように求められました。

このモニターは、人が眠りにつくまでの時間、夜中に目覚める頻度、ベッドで過ごした時間が目覚めている時間と眠っていない時間を客観的に測定します。

さらに、参加者はインタビューで、ここ数ヶ月または数年で亡くなった人の喪失をまだ悲しんでいるかどうか尋ねられ、悲嘆の症状の追跡評価を完了しました。

研究者らは、最初のインタビューとフォローアップの間に愛する人の喪失を経験した参加者に特に焦点を当てて、研究参加者の最初の反応を約6年後に彼らが言ったことと比較しました。

オコナー氏は話します。

「私たちが見たのは、最初の時点で、客観的および自己申告の両方で睡眠障害があった場合、2番目の時点では、複雑でない悲嘆グループよりも複雑な悲嘆グループに入る可能性が高いということでした。したがって、睡眠不足は悲嘆を伴うだけでなく、喪失後に複雑な悲嘆を発症する危険因子になる可能性があります。」

研究者の調査結果は、Journal of PsychiatricResearchに掲載されています。

オコナー氏によると、睡眠は心身の健康にとって非常に重要であり、それが悲嘆のプロセスに影響を与える理由である可能性があります。

オコナー氏は続けます。

「私たちは、日中に起こる感情的な出来事を処理するために睡眠が重要であることを知っています。睡眠はまた、私たちが身体を休ませて回復するのに役立ちます。悲しみは身体にとって非常にストレスの多い経験です。休息して回復できることは、おそらく翌日、悲しみに対処するためにもう少し身体的に準備するのに役立ちます。」

オコナー氏は、愛する人が亡くなる前の一時的な睡眠障害(病気の家族の世話をしているときのストレスによる不眠など)はそれほど心配していないと言います。

さらに懸念されるのは、持続的な睡眠の問題であり、複雑な悲嘆のリスクにさらされる可能性が高くなります。

オコナ氏ーは、ヘルスケアやその他のサポートの専門家が遺族を治療する際に睡眠歴を考慮することを提案しています。

オコナー氏はまとめます。

「悲しみは非常に破壊的で困難な出来事であるため、医師は、この激しい瞬間に何が起こっているかだけでなく、介入する方法を検討するときに歴史について尋ねることを忘れることが多いと思います。医師と支援専門家が遺族と協力しているとき、彼らは彼らが今抱えている睡眠障害だけでなく、彼らが抱えていた睡眠障害の歴史について尋ねるべきです。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 持続的な睡眠問題を持つ人が愛する人を喪失した後に抱えるさらなる問題