ジャンクフード摂取量と体重が減る「脳を鍛えるアプリ」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ジャンクフード摂取量と体重が減る「脳を鍛えるアプリ」

脳を鍛えるアプリを使うと、ジャンクフードを食べる量が減り、体重が減ることが新しい研究で示唆されました。

“As an example, someone who ate each junk food two to four times a week reduced this to once a week after using the app regularly for a month,” said Professor Natalia Lawrence, of the University of Exeter.

参照元:https://www.exeter.ac.uk/research/news/articles/junkfoodgamehelpspeopleea.html
– エクセター大学 University of Exeter.  1 June 2021 –

「Food Trainer」(FoodTアプリ)は、健康的な食品の画像をタップするように訓練するが、不健康なスナックを見たら止めるようにして、これらの食品と止めることの関連性を作り出します。

Food Trainer

Food Trainer

University of Exeter無料posted withアプリーチ

エクセター大学とヘルシンキ大学による今回の研究では、1日1回、1カ月間ゲームをプレイすることで、ジャンクフードの消費量が8段階評価で平均1ポイント減少することがわかりました(1日に4品目以上、1カ月に1品目または0品目の範囲)。

全体として、アプリをより多く使用した人ほど、食事の摂取量に大きな変化があったと報告されています。

この研究に参加した1,234人のうち、約半数の人が推奨事項を守り、ゲームを10回以上プレイしました。

参加者全体では、平均して0.5kg(1ポンド強)の体重減少が見られ、健康的な食事の摂取量もわずかながら増加しました。

エクセター大学のナタリア・ローレンス教授は話します。

「一例として、ジャンクフードを週に2〜4回食べていた人が、アプリを1カ月間定期的に使用した結果、週に1回に減らすことができました。」

「全体的に見て、この調査結果は非常に心強いものです。アプリは無料で、1日に4分程度しかかからないので、現実的に人々ができることであり、今回の結果はその効果を示唆しています。」

太っている人ほど効果が高いという証拠もあります。このアプリは、魅力的なジャンクフードに近づきたい、食べたいという強い衝動など、人々を太り過ぎに導くメカニズムをターゲットにしているので、このような結果になることが予想されます。」

ヘルシンキ大学のMatthias Aulbach博士は話します。

「おそらく監禁中に身についた不健康な食習慣を持つ人には、FoodTが役立つかもしれません。」

今回の研究では、FoodTの使用データを使用し、アプリは定期的にユーザーの年齢や体重などの情報とともに、特定の食品を食べる頻度についても質問しています。

その結果、アプリを定期的に利用することが、食習慣の大きな変化につながることが示唆されました。

Aulbach博士は話します。

「脳に何か新しいことを教えようとするときは、複数のセッションに分けて学習するのがよいでしょう。」

「また、家庭だけでなく職場や他の場所など、さまざまな状況でトレーニングを行うことで、学習した関連付けが1つの場所だけに関連するものではなくなる可能性があります。」

「今回の結果から、トレーニングを定期的に行い、すぐにやめないことが重要だと思われます。そのためには、飽きがこないように、自分にとって興味深く、関連性のあるトレーニングを続けることが大切です。」

研究者たちは、コントロール(比較)グループがなく、他の要因(例えば、より多くのトレーニングを行った人は、減量に対するモチベーションも別個に高い可能性がある)が結果に関与している可能性があるため、今回の結果は慎重に解釈すべきだと強調しています。

アプリユーザーは、「本当に便利。心理学的に意識を高めてくれる緑と赤の円のストップ/ゴーの関連付けなのか、様々なレベルで機能しているようですが、私の欲求は劇的に減り、夜に無心で食べることもなくなりました。」と、Google Playにレビューを残しています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » ジャンクフード摂取量と体重が減る「脳を鍛えるアプリ」