燃え尽き症候群が及ぼす悪影響

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

燃え尽き症候群が及ぼす悪影響

燃え尽き症候群は誰にでも起こりうるものです。何もやる気が起きない状態なんて形容すると、なんだそれだけかという意見もちらほら聞こえてきそうですが、実際の影響はまだまだそんなものではありませんでした。

Stress and overload in the workplace are increasing worldwide and are often considered a cause of burnout. Stress and overload in the workplace are increasing worldwide and are often considered a cause of burnout. Indeed, a new study shows that work stress and burnout are mutually reinforcing.

参照元:https://www.uni-mainz.de/presse/aktuell/12451_ENG_HTML.php

仕事のストレスと燃え尽き症候群は相互に補強しています。

驚くべきことに、燃え尽き症候群に対する仕事のストレスの影響は、仕事のストレスに対する燃え尽き症候群の影響よりもはるかに小さいです。

職場のストレスと過負荷は世界中で増加しており、燃え尽き症候群の原因と見なされることがよくあります。

確かに、ヨハネスグーテンベルク大学の研究は、仕事のストレスと燃え尽き症候群が相互に補強していることを示しています。

しかし、一般的な信念に反して、燃え尽き症候群は、その逆よりも仕事のストレスにはるかに大きな影響を及ぼします。

ヨハネスグーテンベルク大学マインツ校(JGU)のクリスチャンドーマン教授は説明します。

「これは、燃え尽き症候群が深刻になるほど、時間のプレッシャーにさらされるなど、職場でのストレスが増すことを意味します。」

燃え尽き症候群に苦しむ従業員は、仕事のストレスと燃え尽き症候群の間の悪循環を断ち切るために、適切なサポートをタイムリーに提供されるべきです。

燃え尽き症候群の症状には、倦怠感、皮肉、パフォーマンスの低下などがあります。

クリスチャンドーマン教授は説明します。

「最も重要な燃え尽き症候群は、完全な倦怠感です。夕方、週末、さらには休暇の通常の回復段階では改善できない程度です。」

クリスティーナ・グティエ博士は付け加えます

「さらなる倦怠感から身を守るために、自分の仕事と心理的な距離を築こうとする人もいます。つまり、自分の仕事やそれに関連する人々から自分自身を遠ざけ、より冷笑的になります。」


クリスティーナ・グティエ博士はドーマンの研究グループで博士論文の一部として研究を実施し、2020年にアルフレッドティーブス財団の論文賞を受賞しました。

フンボルト大学ベルリンのクリスチャン・ドーマン教授とマヌエル・フォルクル教授との共同出版のために、クリスティーナ・グティエ教授は、26,319人の参加者からなる燃え尽き症候群と仕事のストレスに関する48の縦断的研究を評価しました。

最初の調査の平均年齢は約42歳で、回答者の44%が男性でした。

1986年から2019年までの縦断的研究は、主にヨーロッパ諸国だけでなく、イスラエル、米国、カナダ、メキシコ、南アフリカ、オーストラリア、中国、台湾を含むさまざまな国からもたらされました。

クリスチャンドーマン教授は指摘します。

「燃え尽き症候群は仕事の状況によって引き起こされる可能性がありますが、常にそうであるとは限りません。燃え尽き症候群が始まると、それは非常にゆっくりと進行し、時間の経過とともにゆっくりと蓄積します。最終的には、仕事がますますストレスを感じるようになります。仕事の量が多すぎ、時間が短すぎ、仕事のストレスが大きすぎます。」

クリスティーナ・グティエ博士は説明します。

「疲れ果てたとき、ストレスに対処する能力は通常低下します。その結果、より小さな仕事でさえ、かなりより精力的であると知覚されることができます。私たちは、仕事のストレスに対する燃え尽き症候群の影響を期待していました。その影響の強さは非常に驚くべきものでした。」

クリスチャンドーマン教授によれば、燃え尽き症候群が仕事のストレスに及ぼす強いブーメラン効果はまだ調査されていないため、この独自のデータに基づいて新しい研究分野が出現しています。

対処する必要のある重要な質問は次のとおりです。

知覚される仕事のストレスに対する燃え尽き症候群の影響をどのように減らすことができ、この悪循環の発生をどのように防ぐことができますか?

ドーマンとグティエは、出発点は経営者の行動から始めることを提案しています。

従業員はいつでも仕事のストレスについてフィードバックを与える機会があり、感謝されるべきです。

大事なことを言い忘れましたが、適切な回復は、下向きのスパイラルを止めるのにも役立つ可能性があります。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 燃え尽き症候群が及ぼす悪影響

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)