子供の顔が物語る「睡眠不足で情緒機能が低下している子供たち」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

子供の顔が物語る「睡眠不足で情緒機能が低下している子供たち」

子供の睡眠不足は、子供の情緒機能に影響を与えるようです。
そして睡眠不足であるという区別は子供の顔によくあらわれるようです。

inadequate sleep in children affects their emotional functioning in ways that may predict longer-term social problems.

参照元:https://www.uh.edu/news-events/stories/2021/october-2021/10192021-alfano-child-facial-expression-sleep.php
– ヒューストン大学 University of Houston. October 19, 2021 –

シェイクスピアが睡眠を「自然の優しい看護師」と呼んだのは、間違いなく何かを掴んでいたからです。

数世紀後、研究者たちは、子どもの睡眠不足が感情的な機能に影響を与え、それが長期的な社会問題を予測する可能性があることを発見しました。

ヒューストン大学の心理学教授であるCandice Alfano氏は、Affective Science誌に掲載された新しい研究で、睡眠制限後の子どもの感情表現の変化が、同時に、あるいは長期的に社会的問題を予測するかどうかを調べました。

Alfano教授は話します。

「子どもの睡眠問題は、社会的能力の低下や仲間との関係に問題があることと日常的に関連していますが、何がこのような関連性をもたらすのかはよくわかっていません。」

Alfano教授は、これまでの研究で得られた知見をもとに、その答えの一端は、疲れたときの子どもの顔の表情にあるのではないかと考えました。

この仮説を検証するために、Alfano研究員らは、7~11歳の子ども37人を対象に、実験室内で、十分に睡眠をとった状態と、部分的に睡眠を制限した2日間の後に、2回の感情評価を行いました。

これらの評価では、子どもたちは、コンピュータ画面上でポジティブな写真(子猫やアイスクリーム)とネガティブな写真(銃で撃たれる、凶暴な犬)を見て、その表情を高解像度カメラで記録しました。

参加者の両親は、その時と約2年後の子どもの社会的機能について報告しました。

Alfano研究員は話します。

「私たちが予想していたとおり、睡眠制限中に楽しい画像に対する肯定的な表情が少なかった子どもは、それ以前の社会的問題を考慮しても、2年後にはより多くの社会的問題を抱えていると報告されました。」

睡眠による表情の変化と社会的問題との間には同時性が認められなかったが、Alfano氏は、これは社会的行動や仲間との関係における発達の違いによるものではないかと考えています。

Alfano今日は話します。

「幼少期の子どもにとっては、微妙な表情よりも、分け合うことや順番を守ることなど、より明確な行動のほうが、友人関係を築く上で重要なのかもしれません。しかし、感情表現は年齢とともに重要になってきます。顔の表情は、自分の気持ちを相手に理解してもらうだけでなく、相手の気持ちを伝染させる効果があることが知られています。」

今回の結果は、幼少期の睡眠の質の低さが、その後の社会性・情動性の問題を予測するという一連の研究を裏付けるものであり、また、睡眠が子どもの精神的健康や幸福の様々な側面にどのように影響するかを探る研究の重要性を示しています。

社会的コミュニケーションの中心である顔の表情は、睡眠不足が影響する感情の一面です。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 子供の顔が物語る「睡眠不足で情緒機能が低下している子供たち」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)